09/09/30

崇城大学体験講座

カテゴリー: 未分類 — admin @ 08:09

崇城大学体験講座

 8月26日(水)に総合科学科の2年生を対象に、崇城大学体験講座が実施されました。

 崇城大学の各教室で、「画像編集」「先取り未来の夢〝電気自動車〟」「楽しいオルゴール作り教室」「情報社会とソフトウェア」「加工と計測」「機械工学とロボット」「金属引張試験」の7講座を開講していただきました。

 受講した生徒達は、初めて目にする実験や説明に目を輝かせていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

09/09/29

ソフトテニス新人八代大会

カテゴリー: 未分類 — admin @ 08:09

県下ソフトテニス新人八代大会個人3位

八代市コミニティー広場テニスコートで行われたソフトテニスの「県下高校新人大会」において、濱村くん(2T4天水中)・時松くん(2T2小国中)組が第3位となりました。

 新チームになって初めての大会であり、2人の今後の活躍が期待できます。

濱村君 

濱村君 

右が時松君

右が時松君

09/09/28

東大視察研修

カテゴリー: 未分類 — admin @ 07:09

東京大学視察研修事業

8月18日(火)に熊本県の「スーパー高校生育成事業」の一環で、「東京大学視察研修事業」が行われました。熊本県から本校の3名(6年コース2年1名・東大医進コース2年2名)を含め55名が参加しました。2年前から東京大学と熊本県が交流提携を結んだことから始まった事業です。

 当日の8:00に阿蘇くまもと空港を出発して10:40に東京大学に到着。本郷キャンパス見学と昼食後、講義が行われる浅野キャンパス武田先端知ビルへと向かいました。

 13:30からの開講式では、保立東京大学大学院工学系研究科長、寺井東京大学大学院工学系研究科総合研究機構長、樺島熊本県知事からの挨拶の後、東京大学大学院工学系研究科総合研究機構の加藤准教授の「科学のお仕事」、東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センターの江藤助教の「iPS細胞を使った新しい展開」、東京大学大学院工学系研究科総合研究機構の柴田助教と溝口助教による「ナノテクノロジーと電子顕微鏡」と題する3つの講演が行われました。レベルの高い内容を生徒に質問を投げかけて分かりやすく説明していただき、あっと言う間に時間が過ぎました。iPSの講演では「トカゲは尻尾を切れば再生できるのに、人間はできない。その理由は現段階では説明できない」という先生の話に、生徒たちから「なぜトカゲの尻尾を切れば再生されるのか、なぜ手など他の部分が再生されることはないのか」などの多数の質問があり、先生たちは丁寧にそれらの質問に答えてくださいました。

 15:30からは参加した高校生の代表3名によるスピーチが行われた後、東京大学大学院工学系研究科総合研究機構の杉山准教授から東大武田先端知ビルスーパークリーンルームと超電圧電子顕微鏡についての説明とクリーンルームと電子顕微鏡見学と続きました。

 17:40からは交流会を兼ねた会食となり、講演いただいた先生方とバーベキューを食べながらの交流を行いました。中には夕食もそこそこに東大の先生と講演の内容について話し込む生徒の姿も見受けられました。

 強行軍ながらも有意義な1日が終わり、新宿のホテルに着いたのは20:00でした。

 翌日の午前中に東京都内の化学技術施設を見学して、17:25には阿蘇くまもと空港に到着しました。

 

 

09/09/25

書道展準特選

カテゴリー: 未分類 — admin @ 08:09

書道展準特選

 書道の「第58回日本の七夕展」において、嘉永さん(1F1文徳中)・永田さん(1F1玉名中)・中野さん(1F1清水中)の3名が準特選を受賞しました。

 「日本の七夕展」は、日本の書道展と熊本県書道協会が主催して行われている書道展であり、入賞した3名は受賞を喜んでいました。

準特選の3名

準特選の3名

09/09/24

淵徳会飾り馬卸し

カテゴリー: 未分類 — admin @ 10:09
淵徳会飾り馬卸し

 文徳高校の同窓会組織である淵徳会が、9月21日の「藤崎宮秋の例大祭」に41番目で参加します。それに伴い、19日には、飾り馬卸しが行われました。

 緒方淵徳会会長・学校長・松谷文徳会会長挨拶の後、一行は中山学長が待つ崇城大学へと移動していきました。小さな子供を連れた微笑ましい姿も見受けられました。

 

 

 

 

 

淵徳会会長挨拶 

学校長挨拶

学校長挨拶

文徳会会長挨拶

文徳会会長挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

09/09/18

東大医進コース

カテゴリー: 未分類 — admin @ 08:09

1年東大医進コースボランティア体験記

担任 TM

 7月25日、大雨の中、私は東大医進コース1年の13名とボランティア活動のため再春荘病院へ行った。再春荘の中には、重症心身障がいの方が長期入院している病棟がある。それが通称「つくし病棟」だ。重症心身障がい者とは、「肢体不自由」「知的障害」がともに重度である方である。今回は、一年に一度実施される「療育キャンプ」、内容は「夏祭り」のお手伝いだ。

 雨のため、病院内にある体育館のようなホールに、他のボランティアに付き添われ、約50名ほどの患者さんが車椅子で集合した。こわばった表情で、言葉を発することもなく夏祭りに参加する患者さんたち。私は内心、夏祭りをする意味があるのだろうかと疑問を感じた。ところが、夏祭りらしく笛や太鼓の音が鳴り出すと、患者さんたちの顔が明るく輝き、言葉にならない声を発したり、あるいは動きにくい手を懸命に動かして、喜びや楽しさを表現し始めたのだ。それを微笑ましそうに見つめる家族や職員の方々の姿に胸が熱くなった。この患者さんたちは、私が担任している生徒たちと同じように可能性を秘めているのだと知った。

 生徒たちは、そんな患者さんたちとどう接すればいいのか分からず戸惑っていた。しかし時間がたち、夏祭りイベントを手伝い始めると、身体の動かない患者さんに、釣竿をともに持ち、おもちゃの金魚を釣り上げ、「釣れましたよ」と明るく声を掛け始めた。

 最後は参加者全員で盆踊り。音楽に合わせて、患者さんたちが身体を揺すったり、笑顔を見せたり、声をあげたり…、本当に楽しそうだった。その頃には、重症心身障がい者という無意識のうちに心の奥底にあった壁が消えていた。

 生徒たちも楽しそうに手伝っていた。もちろん、ボランティア初心者に出来る範囲の仕事を与えて下さった再春荘病院のスタッフの皆さんの配慮のお陰だ。ボランティア終了後、生徒は「夏祭りの準備も大変だったみたいだから、それもお手伝い出来れば良かったね」などと話していた。命の尊さや可能性、そして患者さんと比較してというのは、私たちのおごりかも知れないが、夢を持ち、実現に向けて自由に行動できる有難さなど多くを再認識した一日だった。「今日は、楽しかった」という生徒の一言に、私たち大人の想像以上に、生徒たちの心の中ではバリアフリーが進んでいるのかも知れないと思った。ボランティアを受け入れて下さり、細かくご配慮いただいた再春荘病院の皆さまと患者の皆さまに心から感謝している。

 

 

 

 

09/09/17

国体出場決定

カテゴリー: 未分類 — admin @ 10:09

国体出場決定(ライフル射撃)

 9月26日から開催される「トキめき新潟国体」の代表権を争う「第29回九州ブロック大会秋季大会」で本校から3名が代表権を獲得しました。

 ライフル射撃は長崎県小江原射撃場で行われ、少年女子ビームライフル立射40発で2位の早川さん(2F3西山中)、少年男子10㍍エアライフル立射で2位の荒木君(3T4北部中)、少年女子ビームライフル立射で5位の片山さん(2F5鹿南中)の3名が新潟国体に出場します。

荒木君

荒木君

早川さん

早川さん

片山さん

片山さん

練習風景

練習風景

09/09/16

千唐流空手道全日本大会優勝

カテゴリー: 未分類 — admin @ 08:09

千唐流空手道全日本大会優勝

 8月2日に益城町総合体育館で行われた「第12回国際千唐流全日本空手道選手権大会」一般の部でマーク先生が優勝。ジュニア個人組手の部で飯塚くん(2T4泗水中)が優勝、本田くん(2T2)が準優勝でした。

マーク先生

マーク先生

空手道部の演武

空手道部の演武

09/09/15

西日本選抜女子相撲優勝

カテゴリー: 未分類 — admin @ 08:09

西日本選抜女子相撲優勝

 7月26日に、大阪堺市の大浜相撲場で行われた「西日本選抜学生社会人女子相撲大会」の中量級において、岩本さん(2F4阿蘇北中)が優勝しました。

 岩本さんは昨年女子相撲の世界大会にも出場しており、世界制覇の期待が高まります。

勉強中の岩本さん

勉強中の岩本さん

09/09/14

熊本県ソフトテニス1年生大会3連覇

カテゴリー: 未分類 — admin @ 08:09

熊本県ソフトテニス1年生大会3連覇

 8月18・19日に、八代市コミニティー広場テニスコートで県下から149組が参加して「第16回熊本県1年生ソフトテニス大会」が行われました。本校のソフトテニス部の1年生は4名であり、2ペアが出場しました。

 和斉くん(1T4東部中)・星子くん(1F3山鹿中)組は5回戦で敗退しましたが、福田くん(1T1玉名中)・菖蒲くん(1T1大矢野中)組は6回戦で天草工業を破り、続く準決勝・決勝で熊本工業を破って優勝しました。

菖蒲君

菖蒲君

福田君

福田君

次ページへ »

Copyright(c)2009 Buntoku high school, All rights reserved.