11/05/31

犯罪防止講話

カテゴリー: 未分類 — admin @ 09:05

犯罪防止講話

 5月18日に、中学生、高校1年生を対象に「インターネット犯罪防止講話」が行われました。講師の熊本県警本部生活安全部生活環境課の久保傳幸氏は、「ネット社会で騙されないようにする」「ネット社会で悪人にならないようにする」ために「相手を思いやること」「自分の身は自分で守ること」「メディアリテラシーを身につける」ことが大切だとお話されました。講演後、泉さん(1S1熊大附属中)が「正しい常識、情報モラルを身に付けて生活していきたい」と謝辞を述べました。

  

  

  

  

11/05/30

職業適性検査・クレペリン検査

カテゴリー: 未分類 — admin @ 10:05

職業適性・クレペリン検査

 5月16日に、職業適性・クレペリン検査が実施されました。就職希望の3年生67名が受験しました。

 単純な計算や図形認識問題などの出題ですが、時間制限がある中での検査中は鉛筆の音だけが響き、生徒の集中ぶりがうかがわれました。就職試験までの残された時間をフルに活用して夢を実現してほしいと思います。

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

11/05/27

高校総体選手推戴式

カテゴリー: 未分類 — admin @ 08:05

高校総体選手推戴式

 5月25日に高校総体・夏の甲子園予選・ライフル九州大会に出場する部活動の選手推戴式が行われました。

 学校長・生徒会長の本郷くん(3F3宇土鶴城中)の激励の言葉、男子ソフトボール部主将の松藤くん(3T3井芹中)の選手宣誓、校歌斉唱、応援団リーダーの川口くん(3T3苓北中)他によるエールで推戴式は終了しました。

 高校総体が、高校生活最後の試合になる生徒も大勢います。今までの練習の成果を100%出して試合に臨んでもらいたいと思います。

学校長激励

学校長激励

選手団

選手団

生徒会長激励

生徒会長激励

選手宣誓

選手宣誓

エール

エール

11/05/26

文徳会総会

カテゴリー: 未分類 — admin @ 10:05

文徳会総会

 5月21日に、崇城大学体育館で文徳会総会が行われました。保護者850名近くの方に出席頂きました。

 古澤副会長の開会で総会は始まりました。その後、森本会長、学校長挨拶と続き、関係職員の紹介が行われました。高橋さん(3S2)が議長に推薦されて議事に入りました。議事は、平成22年度の事業報告・収支決算報告・監査報告、新役員・理事の紹介及び承認・新役員代表挨拶、平成23年度事業計画案・予算案審議と続き、旧役員代表挨拶・感謝状贈呈で総会は終了しました。

 総会後、1学年は修学旅行の説明後、2・3学年はそのまま各クラスで学級懇談会が開かれました。懇談会では、現在のクラスの状況や今後の進路に関する情報などが提供され、有意義な時間となったようです。

 役員に選出された方々を中心に、今年度のPTA活動が始まります。生徒達が有意義な高校生活を過ごすことができるように、ご家庭のご協力をお願いします。

新役員紹介
 会長   土山さん(3T1)
 副会長 澤田さん(3F3) 園田さん(6J3SS) 木崎さん(2F1) 小島さん(2T3)
 書記  士野さん(3T1)
 会計  本田さん(2F3)
 3学年長 原田さん(3F2)
 2学年長 深水さん(2S2)
 1学年長 堀川さん(1F5)
 監事   荒木さん(3S1) 内田さん(1F5)

2年受付

2年受付

1年受付

1年受付

3年受付

3年受付

役員承認

役員承認

文徳会会長挨拶

文徳会会長挨拶

学校長挨拶

学校長挨拶

会場

会場

1年担任紹介

1年担任紹介

議長

議長

新役員紹介

新役員紹介

感謝状贈呈

感謝状贈呈

1年修学旅行説明

1年修学旅行説明

学級懇談

学級懇談

学級懇談

学級懇談

学級懇談

学級懇談

学級懇談

学級懇談

 学級懇談

 学級懇談

11/05/25

はがき随筆準賞

カテゴリー: 未分類 — admin @ 08:05

はがき随筆準賞

 毎日新聞の「2011年はがき随筆冬季」で、内永くん(2F1天明中)が準賞に選ばれました。熊本県で季間賞1編、準賞3編、佳作4編でした。作品をご紹介します。
 私は小さいころから、父が鏡の前でネクタイをピシッと決め、出勤の支度をしているのを見ながら、洗顔や歯磨きをしてきた。父のその姿を見るのが「毎朝の日課」だった。

 それと同じことを今、高校生となった自分がしている。毎朝父と同じように鏡の前でピシッと決めている。小さいころは、こんなに早くネクタイを締める日が来るとは思いもしなかった。父は「これをすると、やる気に満ちあふれてくる」と教えてくれた。私もそう感じている。
 高一になった今、ネクタイをピシッと決めると、心もピシッと決まる。

 

 

11/05/24

進路ガイダンスKM

カテゴリー: 未分類 — admin @ 09:05

進路ガイダンス

 5月16日に、1年理工科の生徒を対象に進路ガイダンスが開催されました。5月11日に引き続いての専攻選択のためのガイダンスです。今回は建築系として「すまい工房」から、機械系として「ユニバーサル造船」の方においでいただきました。建築系の謝辞は坂口くん(1ST飽田中)、機械系の謝辞は堤くん(1T3市西原中)が述べてくれました。

 「すまい工房」からはライフスタイルプロデューサーマネージャーの奥田氏においでいただきました。本校(当時は工大高)を卒業後、崇城大学(当時は熊本工業大学)に進まれて就職なさったということです。講話の要旨をご紹介します。

 私が住宅業界を選んだきっかけは、瓦工事店、左官工事店などでの学生アルバイトの経験です。職人によって家ができる過程、「形に残る仕事」の素晴らしさを感じたからです。就職活動で重視したことは、熊本で働きたかったので、地場の企業であること、信頼できる仕事をしている企業であること、人の役に立つ仕事ができることの3つでした。新産住拓に入社後は、現場管理、積算業務、新産グループ・ホームアドバイザーなどの仕事を行ってきました。新産住拓は、故郷熊本でそだった木を生かした地産地消をモットーとしており、人と環境にやさしい住まいづくりである木造に特化した住宅会社グループで、年間240棟ほどを作っています。

 新産住拓の企業姿勢として、健康住宅として「自然素材」を活かした「人にやさしい」住まいづくりが挙げられます。そのために、時間はかかりますが天然乾燥で木本来の良さを引き出すと言う事を行っています。そして、我が家が一番楽しい場所であり一番くつろげる場所であり一番落ち着く場所であると感じるような住まいづくりを提案しています。住宅を建てるまでには、ライフスタイルを提案して、風あたり・日当たり・地盤の強さ・法的規制の有無などの敷地調査・環境調査・法令調査を行います。住まいづくりのお手伝いをするにあたっては各専門スタッフで役割を分担します。営業職は会社の考えを伝え共感してもらい、コンセプトの提案、資産計算立案、土地探し、法令調査、敷地調査、環境調査、見積もりを担当します。設計は客の住みやすい間取りをデザインし提案し、実務プラン立案、CAD図作成などを担当します。ンテリアコーディネータはインテリア・家具の提案立案を担当します。積算は予算の作成、資材の発注準備を担当します。現場監督は現場の運営管理、予算品質安全日程確認を担当します。このように、家造りはひとりではできません。協力し合いながら一軒の家を建てていくという作業になります。

 このような仕事を行うために求められるのは、人間的素直さ、向上心です。「技術の前に心あり」と言えるでしょう。また、感謝・誠実・思いやり・謙虚・愛・忠誠心・使命感・奉仕といったホスピタリティーも必要です。高校3年間で勉強だけでなく、人間性もしっかりと養ってほしいと思います。

「ユニバーサル造船」からは、有明事業所総務部柏原人事室長においでいただきました。講話の要旨をご紹介します。

ユニバーサル造船は、日立造船とJFEホールディングス株式会社が提携してできた会社です。有明のみで年間700億円の売上げがあります。造船業は、世界的な規模でスケールが大きいのが特徴です。東京タワーと同じくらいの300mにもなる大型タンカーは一隻100億円程度の価格です。日本では世界の25%の船を作っており世界第3位です。飛行機や車に比べ、船は安くたくさんの量を運べるため貿易の99.7%が船で行われています。船ができるまでには、契約→設計→資材を発注→加工開始→海に出す→最終仕上げ→試運転→引き渡しという工程があり、8か月から10か月で工事が終わりますが、申込から3~5年かかります。造船業はいろいろな職種の人が集まって一つの船を造る『造船組立産業』です。そのため流れ作業ではなく、人とコミュニケーションを大切にしながら作業をしていきます。人と人とのつながりを大切にする仕事で基本はチームワークです。

 このような仕事を行っているユニバーサル造船では、造船への意欲や興味、協調性と積極性、柔軟性のある人が求められます。職業選択においては、自分が楽しいと思って働ける仕事を選ばなければなりません。我慢して仕事をしても続きません。どうせやるなら楽しく仕事をしたいものです。仕事を選ぶ猶予期間として高校3年間でいろんな社会勉強をしてください。

日本へ働きに来るベトナムの人々は、出稼ぎ労働で家族のために一生懸命働いています。自分の生活を切りつめても家族のために豊かになろうという目的を持っています。そのため働きぶりは極めて実直です。みなさんも、やりがいや目的をもって仕事に取り組むことができる仕事を選んでください。

ユニバーサル造船

すまい工房

すまい工房謝辞

すまい工房謝辞

ユニバーサル造船

ユニバーサル造船

ユニバーサル造船謝辞

ユニバーサル造船謝辞

11/05/23

県ソフトテニスベスト8

カテゴリー: 未分類 — admin @ 11:05

県高校ソフトテニスベスト8

 5月7・8日に、熊本県民総合運動公園メーンテニスコートで行われた「熊本県高校生ソフトテニス選手権」において、中村凛くん(2T4天水中)・中村隆くん(2T4天水中)組と、福田くん(3T4玉名中)・和斉くん(3T4東部中)組がベスト8に入りました。

 中村隆くんは、「負けるつもりはなかったのですが…。総体では優勝します」と決意を語っていました。

 

 

11/05/20

職業セミナー(電子・電気)

カテゴリー: 未分類 — admin @ 11:05

進路ガイダンス

 5月11日に1年理工科の生徒を対象に「進路ガイダンス」が実施されました。1年理工科の生徒達は、工業の基礎を勉強中です。これから、電子・電気・機械・建築の専攻を選択して専門的な勉強へと移行していきます。それぞれの専攻を勉強することでどのような仕事に就くことになるのか、また社会人となるためにはどのような力をつけておけばよいのかということを、企業の方にお話しいただき認識してもらうのが目的です。今回は電子系と電機系の講話でした。電子系では出口くん(1T1菊池北中)、電気系では上田くん(1T2市西原中)が謝辞を述べてくれました。

 まず電子系として、ソニー・セミコンダクタ九州の佐藤総務部統括部長からは、6名の若手社員へのインタビュービデオを交えて次のような講話を頂きました。要旨をご紹介します。
ソニー・セミコンダクタ九州は九州に4拠点があり、デジカメのイメージセンサーを製造し、世界中で50%以上のシュアを誇っています。このような会社で働く若手社員はどのような事を考えて行動しているかというインタビューで、次のように答えています。
・やるからには楽しく仕事をする。
・つらいときも落ち込まない、なぜなら前に進めないから。
・工夫していることは、社内・社外とのコミュニケーション。
・学生時代とは違い、社会人は苦手な人ともつきあわなければならない。
・意識・自覚を持って仕事をする、自分で考えて行動する、分からないことは分からないと言う。
・学生と社会人の違いは責任感をもっているかどうか。
・大切なことは技術力、常に高める努力、コミュニケーション。
・嬉しかったことは自分の仕事が世に出て行くこと。
・壁にぶつかったとき、一人で解決できないので他人の協力を求める。
・情報の共有化、コミュニケーション、理解してらうための工夫が必要。
・社会人はプロ意識をもち自分で仕事を見つけて目標を達成する。
・仕事の夢はCCDへの貢献。そのために必要なことは探求心、縦と横の人間関係の大切さ。
・困難に遭ったときはすぐ経験豊かな上司に相談する。
・嬉しかったことは新しい商品が世に出たとき。
・自分のやっていることを上司に報告する。
・学生との違いは責任感やプロ意識。
・大事なことはアウトプット、予測してアプローチする。
・困難の乗り越え方は上司や先輩に相談、経験をきく、いろいろなひとの話を聞く。
・学生時代と違って納期が厳しいから結果を出さないといけない、スケジュールを立てる。
・夢は自分の商品が人を喜ばせること。
・嬉しかったことは新しい評価技術は開発でき社会的にも評価されたこと。
・困難にぶつかったときは、何をしたらいいのか考え、逃げない
・学生時代との違いは社会の中で果たすべき役割を考え責任感を持つ

ソニーだけでなく多くの企業が求める人物像として、『会社への貢献と自己成長ができる人』です。会社にはいるだけで給料をもらえるわけではありません。会社に利益をもたらさない人は給料もらえません。年功序列ではなく、成果主義です。現代は、会社に入ると仕事だけでなく仕事以外の勉強をしなければならない時代です。給料がもらえる人ともらえない人の違いは”自己成長”です。

 このような基本的な人物像に加えてソニーでは、専門分野の深い知識や経験がある人、残業にも耐えうる頑丈な身体。学生の間に鍛える、元気で明るく力強い人、目的意識・責任感・労働意欲・前向きな思考・チャレンジ精神・探求心・向上心・有言実行・豊かな感情・人情味・コミュニケーション力・モラルなどの豊かな人間性を持っている人です。すべてがあてはまらなくてもいいですが、どれか一つ人よりアピールできるものをもっておかなければなりません。自分の特長を磨き、それを裏打ちできるようなもの、具体的に言えるものを学生のうちに磨いておいてください。

 「7:5:3現象」と呼ばれているものがあります。入社3年以外に退社する割合です。中卒で7割、高卒で5割。大卒で3割というものです。3年以内に辞めると次の会社の採用試験で不利になります。再就職できなければ、ニートかフリーターになってしまいます。就職したならば3年間は辛抱してください。3年過ぎれば仕事を覚えて楽しくなります。また、会社を選ぶときには親や先生がこういったからという理由で決めないで、必ず自分で決めてください。会社にはいると辛いことが数多くあります。自分で決めていないと人のせいにしてしまいます。3年間辞めない会社を選んでください。

 次は電機系として、九電工熊本支店松本総務部総務グループ長にお願いしました。講話の要旨をご紹介します。

 九電工のコーポレーションマークは、レッドが人、グリーンが環境、ブルーが技術を表しています。戦前の設立で創立67年になります。配電設備工事、電気設備工事、空調勧設備工事など幅広く生活を支える仕事をしています。

配電設備工事は九電から受注しており電気を送る仕事です。配線工事、地中線工事、間接活線工法などの仕事を行いますが、電気工事士の資格がなければできません。また高いところでの作業のため体力も必要です。電気設備工事は電気配線全般の施設工事を行っています。電気技術・情報通信部門では、空調管設備工事・空調や配水管の工事・環境資源設備工事・下水道施設工事・産業排水処理施設工事などの資格が必要となります。その他に情報通信工事やリニューアル工事、最近ではオリーブの栽培やエコ事業も行っています。

九電工が求める人材像は、バイタリティー溢れ何事にもチャレンジし、プロフェッショナル思考で最後まであきらめない人です。また、論理的思考ができる人、自分が話すことよりも相手の伝えたことを聞きとるミュニケーション能力を持っていることも大切です。

高校生の皆さんは、高校の3年間を最大限に利用することが大切です。学校の先生や先輩などの教えてくれる人がいる恵まれた環境を最大限に利用してください。社会に出れば競争をしなければなりません。電気・管設備の技術者には資格が必要です。資格を持っていれば幅広い仕事の中から選択できます。自分がいきたい会社、一生続けていく仕事を見つけてください。そして、その会社に入るためには何が必要か考えて3年間を過ごしてください。

職業セミナー ソニー

職業セミナー ソニー

職業セミナー 謝辞

職業セミナー 謝辞

職業セミナー 九電工

職業セミナー 九電工

職業セミナー 謝辞

職業セミナー 謝辞

セミナー参加の生徒

セミナー参加の生徒

11/05/19

就職・公務員ガイダンス

カテゴリー: 未分類 — admin @ 09:05

就職・公務員ガイダンス

 5月6日に、就職・公務員ガイダンスが行われました。

 就職ガイダンスには3年生70名が参加し、本校の緒方教諭から、求人企業数が前々年度から半減している事、求人数が前々年805名から345名まで減少している事などを踏まえて、厳しい状況で就職に対する確固たる心構えを持つ事の大切さが伝えられました。また各企業の就職試験の内容についても詳しい説明がなされ、就職試験に向けた今後の予定などの説明がありました。

 公務員ガイダンスには2年生8名と3年生32名が参加しました。講師には壺溪塾の後藤先生をお招きしました。公務員の種類・仕事・組織、公務員試験の日程・倍率・定員、教養・適正・専門試験の内容と対策、作文・面接・体力試験の内容と対策などの多岐にわたる説明をしていただきました。

 就職や公務員の試験は目前に迫ってきています。希望する仕事に就くために、できることは全てやり遂げて試験に臨んでほしいと思います。

 

 

  

  

  

  

  

  

11/05/18

谷口旗剣道3位

カテゴリー: 未分類 — admin @ 10:05

谷口安則旗剣道大会3位

 3月27日に、柳川市民体育館で80チームが参加して行われた「第22回谷口安則旗争奪高等学校剣道大会・第9回高等学校剣道練成大会」において、本校剣道部は3位という成績をおさめました。

メンバーは次の7名です。
谷口くん(3T1西山中) 河野くん(2F3帯山中) 月足くん(2F2白水中) 
後藤くん(3T2白水中) 竹濵くん(3F2長陽中) 梅田くん(2T4長陽中) 入江くん(2T2京陵中) 

  

  

次ページへ »

Copyright(c)2009 Buntoku high school, All rights reserved.