12/08/31

学習会1年

カテゴリー: 未分類 — admin @ 09:08

1学年学習会

 1年生の夏期課外前半が7月で終了しましたが、8月1日から7日まで学習会が行われました。希望者による自主学習で、朝8時から夕方5時まで8時間の勉強時間が確保されています。生徒の質問に対応するため、英数国の3教科の担当も待機していました。各クラス半数程度の生徒が登校して勉強に黙々と励んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようこそ玉名中学校のみなさん

カテゴリー: 未分類 — admin @ 08:08

ようこそ玉名中学校のみなさん

 8月9日に、玉名市立玉名中学校の生徒さん5名と引率の先生1名が文徳高校を訪問くださいました。

 7月15日のオープンキャンパスに部活動のため参加できなかったための訪問でした。教頭挨拶の後、学校紹介DVDを見ていただき、学校の説明を行いました。校舎案内では3年生の真剣な勉強風景に驚きの表情でした。

 オープンキャンパスの華やかさや模擬店はありませんでしたが、文徳高校のことを知って頂けたら幸いです。わざわざおいでいただきありがとうございました。

挨拶

挨拶

教頭挨拶

教頭挨拶

校内見学

校内見学

駅へ

駅へ

12/08/30

サマーミュージックキャンプ

カテゴリー: 未分類 — admin @ 08:08

サマーミュージックキャンプ

 8月7日から9日まで、本校で「第2回熊本SUMMER MUSIC CAMP」が開催されました。パート毎に著名な先生からレッスンを受けるものです。

 各校からの参加者と講師の先生は次のとおりです。

参加者
三和中学校3名・託麻中学校24名・桜木中学校46名・北部中学校64名・錦ヶ丘中学校7名
本渡中学校1名・高須中学校(北九州)1名
学園大附属高校6名・第二高校26名・済々黌高校1名・玉名女子高校7名・東稜高校5名
宇土高校1名

講師の先生
フルート 
横山由布子氏(フルート奏者・TADウィンドシンフォニー団員)
クラリネット 
尾崎めぐみ氏(東京セレーノクラリネットオーケストラ団員・TADウィンドシンフォニー団員)
サキソフォーン
原博巳氏(尚美ミュージカルカレッジ専門学校講師・洗足学園音楽大学講師。東京藝術大学講師)
トランペット
鈴木徹平氏(九州管楽合奏団員・TADウィンドシンフォニー団員)
ホルン
齋藤善彦氏(ホルン奏者・TADウィンドシンフォニー団員)
トロンボーン
山下秀樹氏(九州交響楽団・TADウィンドシンフォニー団員)
ユーフォニューム
外囿祥一郎氏(航空自衛隊航空中央音楽隊員)
チューバ
国木信光(尚美ミュージカルカレッジ専門学校講師・TADウィンドシンフォニー団員)
打楽器
小田もゆる(東京成徳大学非常勤講師)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 

 

 

 

12/08/29

全国高等学校軟式野球選手権 OBの応援

カテゴリー: 未分類 — admin @ 08:08

軟式野球全国大会OB応援

 8月26・27日に、淵徳会の前田関西支部長よりメールをいただきました。軟式野球の全国大会の様子を伝えてきていただいたもので、写真も添えていただいていました。OBからの応援を受けて選手たちも感動したものと思います。ありがとうございます。

8月26日対向上戦での勝利の瞬間

8月26日対向上戦での勝利の瞬間

高砂球場での熊本県人会の激励式

高砂球場での熊本県人会の激励式

高所作業車特別教育

カテゴリー: 未分類 — admin @ 08:08

高所作業車特別教育講座

 8月6・7日に、「高所作業車特別教育講座」が実施されました。6日は学科の講習、7日は実技講習が行われ61名の生徒が受講しました。

 地上では余裕も見られた生徒達でしたが、校舎の3階付近までの高さにアームを伸ばしすと景観を楽しむ余裕はなさそうでした。九州キャタピラー(株)熊本教習センターの方には大変お世話になりました。ありがとうございました。

12/08/28

始業式

カテゴリー: 未分類 — admin @ 08:08

始業式

 8月27日に始業式が行われました。表彰披露から学校長訓話、生活信条唱和と校歌斉唱の後、生徒会と生徒指導部からの連絡が行われました。

 学校長訓話の要旨をご紹介します。

 夏休みにはオリンピックが開催され、目標を設定して4年間努力を続けてきた選手たちの感動的な姿を目にすることができました。試合後に選手たちは「周りの人の支えがあったから…」「チームの絆が…」ということを話していました。夏休みに各種大会に出場した本校生も同じ思いだったと思います。

 7月19日の硬式野球対九学戦は全校応援で臨みました。延長戦の末敗退しましたが、新聞では「死闘とも言える延長戦で負けた後、涙を流しながらグランドを整備してくれた文徳の生徒達の姿が強く印象に残っています」という記事が載っていました。また九学のOBの方から「九学の生徒にデッドボールを当てた時、ピッチャーが帽子を取り、本当に済まなそうな顔をして謝っているのが印象的でした。また、1塁手も本当に済まなそうな顔をして帽子を取って謝っていた姿をみて感動しました。私は九学OBですが、文徳ファンになりました」という電話もありました。一人一人の言動が学校の評価につながります。2学期は自分の目標達成に加え、自分の言動が周囲に影響を与えるということも念頭に過ごしてほしいと思います。

 済々黌の山下選手のことが新聞に載っていました。「自分は特進クラスで勉強していますが、下宿生なので夜遅くまでの練習の後、練習着を洗ってから勉強しています。勉強も野球も根本は同じです。分からない所はその日のうちになくしておく。打撃の課題が出てきたら納得するまでスイングをするということ等を毎日心がけています」というコメントでした。2年生の大竹選手は「僕は東大で野球をしたい。だから今、勉強も野球も頑張っています」と言っているということを知り合いの先生から聞きました。このような同年代の人達がいるということを頭において生活してほしいと思います。部活動だけやっていてもだめです。勉強も頑張ってください。また勉強だけでもだめです。体力もつけておいてください。 

 イチロー選手は「できなくてしょうがないは、終わってからの事。途中でそれを思ったら絶対に達成できません」と言っています。また生後間もなく両足を切断したため義足でオリンピックの400Mに出場した選手がいます。その人も「敗者とは最後にゴールする人ではなく、最初から諦める人である」と言っています。諦めないで計画を立てて挑戦してほしいと思います。

 甲子園で敗れた濟々黌高校の応援団は、相手チームの健闘を祈るエールを贈って終了しました。自分のことだけでなく、周りのことも意識することが大切です。そのようなことを訓練するのが学校です。目標を持って頑張れる2学期にしましょう。

表彰披露

表彰披露

校長訓話

校長訓話

生活信条唱和

生活信条唱和

12/08/27

ガス溶接特別教育

カテゴリー: 未分類 — admin @ 09:08

ガス溶接特別教育

 7月30・31日に、「ガス溶接特別教育」が行われました。30日は学科、31日は実技講習が行われ23名の生徒が挑戦しました。

 初めてガス溶接を体験する生徒は、飛び散る火花に少々驚いていたようです。九州キャタピラー(株)熊本教習センターの方には大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12/08/24

空手インターハイベスト16

カテゴリー: 未分類 — admin @ 09:08

空手道インターハイベスト16

 7月31日に、新潟市東総合スポーツセンターで行われた「全国高校総合体育大会『2012北信越かがやき総体』」空手個人組手で、才松くん(3F3大野中)が2回戦で北海道恵庭南高校の石原くんを3‐1、3回戦で宮城県東北工大高校の鈴木くんを0-0の後の再試合でくだしました。4回戦で青森北高校の東出くんと0-0でしたが再試合で惜敗し、ベスト16という成績を残しました。この結果で、才松くんは空手道競技全日本日本高校代表選手に認定されました。

 

 

 

 

  

  

  

  

12/08/23

学年保護者会1・2年

カテゴリー: 未分類 — admin @ 08:08

学年保護者会1・2年

7月28日に、1・2年の進学クラスの学年保護者会が行われました。

1年生は、全体会で学年主任から「現在の学習状況の問題点と対策」が述べられた後、北九州予備校の玉木晃太郎氏から「センター試験と保護者の心構えについて」講話をいただきました。主な内容は、資格取得や就職に注目する事、自分に合ったカリキュラムを探すことが進路選択のポイント。それぞれの学部学科で学ぶ内容。センター試験の概要。成績を伸ばすポイントは、姿勢を正しくする・生活リズムを整える・予習→授業→復習→復習→復習・質問することなどを、具体例を上げて説明していただきました。また、家庭円満を心がける。期待をかけすぎない。他人と比べない。子供の進路を生きがいや名誉にしない。子供の立場に立ってヤル気を引き起こすことが受験生の保護者として大切であること。素直で、常にプラス思考で臨み、継続できる生徒が伸びるという話もしていただきました。全体会終了後は、各クラスの懇談会でクラスの状況の報告や今後の展望や課題について話し合われました。

2学年は、クラス毎に英数国の担当者との情報交換会の後、全体会が開かれました。壺渓塾の長井秀和氏を講師にお迎えして「近年の受験動向ならびに大学の選び方について」と題して、国公立大学の受験情報を話していただきました。主な内容は、子供に自分で調べさせて自分で選ばせることで結果を他人のせいにしなくなる。国公立大は地元で資格の取れる理系志向が高い。法学部と経済学部が近年減少傾向であり、教育学部や医療系・工業系・農水産学部が増加傾向。文部科学省からの科学研究助成金も大学選びのポイント。そして受験や大学進学にかかる費用の参考シュミレーションなど、多岐にわたる説明をしていただきました。その後再びクラスに戻り、懇談会が開かれました。

1学年主任挨拶

1学年主任挨拶

1年講演会

1年講演会

2年教科担当者との情報交換

2年教科担当者との情報交換

1年講演会

1年講演会

1年講演会

1年講演会

1年学級懇談会

1年学級懇談会

1年学級懇談会

1年学級懇談会

2年学級懇談会

2年学級懇談会

1年学級懇談会

1年学級懇談会

2年学級懇談会

2年学級懇談会

12/08/22

軟式野球南部九州大会優勝

カテゴリー: 未分類 — admin @ 12:08

軟式野球南部九州大会優勝

 7月28・29日に、藤崎台県営野球場で開催された「第57回全国高校軟式野球選手権南部九州大会」で、本校は鹿児島高校に6‐0、鹿児島工業高校には0-3でリードされていましたが、9回に4‐3と逆転して23年ぶり2度目の優勝を果たしまし、8月25日から兵庫県で行われる全国選手権に出場します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  

次ページへ »

Copyright(c)2009 Buntoku high school, All rights reserved.