学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

文徳ing

文徳高等学校トップページ » 文徳ing » 合格祈願式

合格祈願式

2018年1月6日

1月6日、センター試験を受験する3年生の合格祈願式を実施しました。

受験生は先ず、荒木校長先生より「緊張して力みすぎてしまうと本来の力が発揮出来ません。肩の力を抜き、リラックスして試験に臨んでください。」と激励の言葉を頂き、これに対して受験生代表の中越くん(3JSS 文徳中)が「『神はくるみを与えるが、それを噛んで割ってはくれない。』というゲーテの言葉を教訓として、3年間勉学に励んできました。そしてこの受験が最も硬く、割れにくいモノかもしれません。先生方に教えて頂いた様々なくるみの割り方と家族の支えがある今、何も恐れてはいません。必ず合格を勝ち取ってきます。」と力強く誓いの言葉を述べました。続いて激励の言葉を早﨑さん(2JSS 熊大附属中)が述べ、「日々努力を重ねて来られた先輩方なら大丈夫です。当日は自信を持って試験に臨んでください。」と先輩にエールを送りました。最後に3学年主任の松本教諭から、受験に臨む際の心構えとして「受験において失敗はない。もしあるならば受験に真っ向勝負しない姿勢にある。」「受験の出来不出来に一喜一憂せず、全体を俯瞰する。」「周囲に感謝する。」の3点について話されました。その後、全員で拳を高く突き上げ「克つぞ!」と合格を祈願し、式を終了しました。

 

学校長激励の言葉

誓いの言葉

激励の言葉

学年主任激励

盛大に合格祈願しました。

記念品の紅白餅

 

前のページへ戻る