学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

文徳ing

文徳高等学校トップページ » 文徳ing » 入学式

入学式

2018年4月9日

4月9日に第58回文徳高等学校入学式を挙行しました。
開式の後、国歌斉唱、入学許可、学校長式辞、理事長祝辞、来賓祝辞、来賓紹介、祝詞祝電披露、新入生宣誓の順で式は進行しました。学校長式辞では、荒木学校長より新入生に対して「近道をせず、遠回りしても良いから何事にも挑戦すること。」「規律ある行動を執ること。」「善き友をつくること。」という三つの心構えについて話しをされました。また保護者に対しては「子供とのフェイストゥフェイスを合言葉に、良さを伸ばす教育をしていきましょう。」とお願いされました。

理事長祝辞では、中山理事長より、橋本左内が15歳の時に書いた「啓発録」にある「稚心を去る。気を振るう。志を立つ。学に勉む。交友を択ぶ。」の5箇条を紹介され、高校生としての自覚と社会に目を向けた行動をしてほしいとお話されました。

来賓祝辞では、文徳会会長の小佐井様より、「成功することより挑戦すること」の大切さについてお話しされ、「文徳の発展と、この国の発展に貢献する人間になりましょう。」と、新入生への激励の言葉を頂きました。
新入生宣誓では伊津野くん(1SS 腹栄中)が、「人の喜びや苦しみを自分の事のように感じられる人間になるために、友や家族に感謝しながら生活していきます。」と誓いの言葉を述べてくれました。
閉式後には、和田様より保護者代表挨拶として「子どもが思い描く到達点に達するための幾重の苦難を乗り越えられるよう、ご指導お願いいたします。」と述べられました。その後、校歌紹介・職員紹介が行われ、新入生と保護者には教室へ移動していただきました。各教室での学級開きが行われた後は、教科書販売や体操服・定期券の受け取りがあり、文徳寮・文六寮では入寮式が行われました。

式の様子

学校長式辞

理事長祝辞

来賓祝辞

新入生宣誓

職員紹介

前のページへ戻る