学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

文徳ing

文徳高等学校トップページ » 文徳ing

1学年進路講演会を実施しました

2019年9月3日

8月31日(土)に一学年進路講演会を実施しました。慶應義塾大学医学部病理学教室助教、人吉医療センター病理診断センター長の佐藤敏美先生(S47工大高校機械科卒)をお招きし、「高校、大学そして社会における私の学び方」という演題でお話をいただきました。

 高校入学後、劣等感にさいなまれ、悩み抜いた二年半のご経験。その時徹底的に自分を見つめ、自分の存在を証明するために、熊本大学への進学を決意。浪人時代には予備校に頼らず、独学で教科書を読み込み、やっとの思いで合格した熊大理学部を退学、医学部に再入学。研修医として2年間勤務されたあと、慶応大学医学部に入り、そこで信頼できる教授に出会えた、と話されました。

 徹底的に自分を見つめ、悩み抜いたからこそ、自分を変えるために行動することができた。悩むことに耐え切ったからこそ、周囲の環境のせいにせず、自分に克つことができる。好きな自分は必ず存在する。本当の努力もしないで、一度のつまずきが一生を支配すると考えてはならない。若いということは、希望を持てるということだ。日々の地道な積み重ねが、自信を生む。できるまで、苦しんで学習すること。苦しみが記憶を助けてくれる。分かる・分からないをきちんと区別し、できない自分を認めなければならない。ここに来た意味を見出さなければ、ここに来た意味がない。

 佐藤先生の、血のにじむような努力のご経験から生まれたメッセージは、どれも生徒たちの胸に響き、しみこんでいきました。最後に中原さん(1JS3西合志南中)が「深く考え、好きな自分を見つけ出し、その自分を信じていきたい。」と謝辞を述べました。今回の講演をきっかけに、一年生たちが目標に向かって地道に努力していくことを期待します。

就職試験合格祈願式を実施しました

2019年8月31日

8月30日の放課後に就職希望者を対象とした合格祈願式を実施しました。

式は激励の言葉、決意表明、必勝祈願の順で進行しました。

激励の言葉では荒木学校長より「試験では”学力”やる気”を問われるので、自分の言葉で伝えてきてください。ただし相手に伝わるのは言葉だけではありません。気持ちは身体から溢れ出るものです。緊張するのは皆同じです。試験までの残りの期間はもう一度見直し、自分の日程で準備を進めてください。」とエールを送られました。

続いて山崎くん(3T1 花陵中)による生徒決意表明では「100年に一度の大変革と言われる時代に私たちは社会に出ます。労働力不足やモラルの低下が嘆かれる世の中ですが、勤勉で、集団行動を大切にしてきた高校生への期待は高まっています。多くの人と関わり、日本の未来を支える人材を目指します。文徳で学んだことを誇りに、全力で闘い抜きます。校長先生を始め、諸先生方や保護者の支えを受け、一緒に戦う友と力を合わせて就職前線を勝ち抜いてきます。」と力強く抱負を語ってくれました。

最後に本田学年主任より「高校生活の中で何かに本気で打ち込んだ経験と、就職試験は似ています。徹底した準備も必要ですし、結果は最後まで分からないものです。ですがそのような経験を沢山してきたあなた方なら大丈夫です。目標を達成する人は、すごい人でも偉い人でもなく、最後まで諦めずに願い続けた人です。必ず全員で合格を果たしましょう。」とエールを送り、全員で一丁締めをして必勝祈願をしました。

式後は緒方教諭より話があり、残りの期間は弱音を吐く時間もなく、命がけで準備をすること。今日は本物の覚悟をする日であることを生徒に熱く語りかけました。

学校長激励の言葉

決意表明

必勝祈願

緒方教諭の話

突然の指名にも、堂々と見本を示してくれました

 

1学年交通安全教室を実施しました

2019年8月29日

 828日(水)に、KDS熊本ドライビングスクールから五名の講師(司会:井野健太さん)をお招きして、1年生を対象とした交通安全教室が行われました。交通事故の約半分は、24最以下の人が起こしているという事実から、自転車も例外ではないこと、事故を起こした場合は責任が発生し、損害賠償は自分の周りも不幸にしてしまうことが伝えられました。また、事故発生の主要原因が注意力不足であることから、「ながら運転」や考え事をしながらの運転はしないように注意喚起がありました。飲酒運転ゴーグルを使った歩行体験や事故動画を利用した説明もあり、生徒たちは自分のこととして真剣に聞き入っていました。

講師の井野氏

飲酒運転ゴーグルを着用して疑似体験をする生徒

始業式を実施しました

2019年8月26日

8月26日に2学期始業式を実施しました。

式に先立って夏期休暇中に様々な大会で受賞した運動部・文化部の表彰披露を行いました。特に相撲部は2つの全国大会を制し、優勝旗を2本持ち帰ってきてくれました。そのことを称え、相撲部の出場選手にはステージ上に上がってもらい、皆に紹介されました。主将の草野くん(3T2 宇土鶴城中)は「先生方や生徒の皆さんの応援のおかげで優勝を果たすことができました。ありがとうございました。」と感謝の言葉を述べてくれました。

学校長訓話では、「夏休み中は大会に選手として出場した人、応援に行った人、またはボランティアや手伝いとして参加した人など様々だったと思います。ニュージーランド研修に参加した人は、海外の文化に触れたことで、日本の悪いところや足りない部分を知ることも出来たと思います。一人一人異なる体験をした夏休みでしたが、本日からは皆で一緒に2学期をスタートします。秋は一年の中で最も過ごしやすい季節であり、何事にも全力で取り組むことのできる季節です。これからは”志本主義”の時代です。志を高く持って2学期を過ごしてください。」とお話しされました。

続いて生活信条の唱和では、生徒会長の安武くん(3JS2 泗水中)が挨拶し、「前期も残りわずかとなりました。テストも目前ですので、着々と準備を進めましょう。」と全校生徒に投げかけました。

そのあと校歌斉唱と諸連絡を行った後、各クラスに戻りホームルームや整理考査へと移りました。

明日からは通常授業の開始となります。

改めて学校長より表彰状が送られました

相撲部出場選手紹介の様子

学校長訓話の様子

東京大学特別講座が実施されました

2019年7月30日

7月29日に、今年度も本校で熊本時習館特別事業・東京大学特別授業が実施されました。文徳52名、他校生17名、計69名の受講生を対象に、お二人の東京大学の教授に授業をしていただきました。

東京大学大学院工学系研究科総合研究機構

 教授 寺井 隆幸 先生

題目「2050年のエネルギー研究開発と東大教授の日常」

東京大学大学院工学系研究科附属総合研究機構

 教授 柴田 直哉 先生

題目「最先端電子顕微鏡の挑戦―原子直接観察のその先へ―」

 お二人からは難しい内容ながらも丁寧に教えていただき、質疑応答の際には生徒からの積極的な質問がありました。学問への憧れを胸に抱き、今後の学業に活かしてくれることを期待します。以下に生徒感想文を掲載します。

「私たちの生活と密接にかかわっているエネルギーについて、これから人間の生活を支えていくエネルギーはどのようなものか、どのような仕組みでエネルギーを生産できるのかなど、短い時間ながらも詳しく講義していただいた。これからのエネルギーについて深く考えていきたいと思った。」

「電子顕微鏡というものにも多くの種類があり、とても大きなものもあるということを初めて知った。今授業で習っている化学と物理、生物がこのように役立っていくのだと思うと、より一層学びに対する意欲が出てきた。」

「パワーポイントの作り方や話し方など、とても分かりやすかった。最後の質疑応答の時に寺井先生と柴田先生が一緒になってエネルギーのことを考えているところは、見ていてとても真剣さを感じた。」

寺井先生(左)と柴田先生(右)

授業の様子