学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

図書館だより のブログ

文徳高等学校トップページ » 部活動ブログトップ » 図書館だより のブログ

水曜日担当イケメン(自称)図書委員長3F5中川匠おすすめ本 vol.4

2015年7月8日

こんにちは、水曜日担当イケメン(自称)図書委員長3F5中川匠です

やっぱりというかなんというか今年も七夕は雨でしたね、皆さん。

ハハッ☆(甲高い)

やっと冷房がつきましたね……いやぁ長かった、本当。

そんなことも書きつつ、今回も本の紹介です。

宮部みゆき「ここはボツコニアン」

0101

12歳になった少年少女ピノとピピは、『出来損ない』____没ネタで作られた世界《ボツコニアン》の成り立ちを変え、本物の世界にする為に案内役の花のようなもの「世界のトリセツ」を伴って旅に出る。

メタな発言やマニアックなネタ、作者が作中に干渉してくるなんてことががぼろぼろ出てくるギャグ系ファンタジーです。

宮部みゆきさんといえばミステリー・時代小説・SFと幅広く活躍中ですので、この小説をみつけたときは作者名を見て目を疑いました。

作者曰くゲーム好きが高じて本作を執筆したとか。

所々マニアックなところを除けば読みやすい本だと思うので、ぜひ一度読んでみて下さい。


7月はアリエルです♪

2015年7月8日

皆さんこんにちは

図書室入り口の壁面が変わっていることに気付いていただけたでしょうか??

image2

最初に思いついたのは七夕

でも

7月→七夕→7日に終わるから没

ということで、次に思いついたのが海水浴と夏祭り

7月→夏→海→アリエル→王子様→お城で花火

というわけで王子様の居るお城で上がる花火を見ることなくまったりと魚と遊ぶアリエルがテーマです(笑)

0043

さて

図書室にまたまた新刊が入荷してます!

0081

今回も時代物長編が入っているので歴女の皆さん必見ですよーーーー(*^^)v

第二章 煉獄戦姫 降臨。

2015年7月7日

ううむ・・・・。

いくら斬っても斬っても。数は増すばかり、正直終わりが見えない・・・・。

Sランクじゃあなかったらとっくに死んでたな。そういう面じゃあ支部長も冴えてんなー。

脳内で愚痴をぼやきつつ、剣で舞う俺。

的確に核を打ち抜くべく滑らかに舞う俺。

だが数がすさまじい。

すでに300は下らないほど切り倒したであろう。

が、留まることを知らずに増加の一途をたどっている。

ただ、いくら俺でもちょいと骨が折れるな。

今までのタイプのやつなら何万体も相手が出来る自信がある

だが、今回のやつらは新型、つまるところアルゴリズムが一定ではなく掴みずらいのだ。

ちょっと辛いな…。援軍がほしいところだ。

おおぅ・・・。またすっごい数来たな…。

いい加減あきらめるかな?  この仕事も死に場所を求めてやってたわけだし。

が、残念ながら神様は俺を当分死なせる気は更々無かったらしい。

突如横合いから、炎が吹き荒れる。

通常効き目のないはずの炎が敵を焼いて一掃していく。

一目見て分かった。特殊な炎。煉獄炎だということを。

「手こずってんじゃないわよっ。」

そう言い現れた少女は、女神のような容貌していた。

次話に続く・・・・

今日は七夕です♪

2015年7月6日

皆さんこんにちは

今日は七夕ですね(*^_^*)

図書室にある七夕飾りもたわわになりました!!

002-2

『志望校に合格できますように』『漢検合格』『優勝』『世界征服』

色々な皆さんの願いを見ているととても面白かったです

さて

そんな皆さんの願い事がたーっぷり詰まった図書室にはぞくぞく新刊が入荷しています(*^^)v

小論文対策にお勧めできる新書から、雨の日ゆっくりするのに最適な本まで各種ありますよ~☆

005

まだまだ続きそうな梅雨の日の休日は

ぜひ読書をして過ごしてみませんか?

月曜担当の眼鏡王子(自称)こと1T1吉良お勧めの本vol.3

2015年7月6日

今週もやってまいりました! じゃんじゃんやってまいりますよー!

今日の一冊、カモン!!

《鑑識・米沢の事件簿2 知りすぎていた女》

0041


マンションの一室で発見された男女2名の死体。

男のほうが警察官であったことから、現役の警察官によるストーカー殺人が疑われ、

警察は世間から猛烈な非難を浴びる。

現場に駆け付けた鑑識官・米沢守は、その現場で焦げた髪の毛らしきものを採取する。

その髪の毛は、事件に隠された意外な真相を物語っていた・・・・。

みなさん、映画で話題になりました米沢守の事件簿、僕は楽しく見させていただきました。

ですが、別の2作目があることを、ご存じだったでしょうか。

あらすじを少し紹介いたしましたが、気になりだした方もいるんじゃないでしょうか。

今回もかなり面白いのでぜひ読んでみて下さい!

それでは、このへんで♪

今週は『こころのサプリ』特集です

2015年7月6日

皆さんこんにちは

いよいよ7月に突入しましたね!!

皆さんが楽しみにしている夏休みまであと少し(*^_^*)

実は、私も同じく夏季休業を楽しみにしている1人です♪

さて、今週は『こころのサプリ』という特集です

003

PHP文庫さんから出ているシリーズがドドーンと25冊入荷したのですが、中を読んでみたら今の皆さんにぴったりの1冊が必ず見つかる!!と感じました

思春期真っ只中のみなさんですからいろいろな悩みがあると思います

受験・恋愛・部活・家庭・先生・友達…

数え上げたらきりがないですよね!

私も10数年前まではそんな悩みたくさん抱えていました

誰にも話せなくて自分は一人ぼっちでさみしくて悲しくて憂鬱で

その時の自分にこの本のシリーズがあったら心の重荷が少しは減ったんじゃないかな?と思ったので皆さんにもぜひお勧めしたいと思います

25冊あるので

かならずあなたにぴったりの1冊が見つかるはずです!

ぜひ図書館にお越しくださいませ(*^^)v

図書室七夕祭り開催中です☆

2015年7月4日

皆さんこんにちは

図書室ではただ今七夕祭りを開催しております(*^^)v

0141

道山先生・イケメン図書委員長・眼鏡王子・2T1の優しさ代表の総勢4名で寮の近くの竹を取ってきてくれました

早速、飾り付けをしてみましたが…

まだまださみしいと思いませんか??

013

そうです!

願い事が少ない~(:_;)

進路や恋愛など…いろーーーーーんな願い皆さん持ってますよね?

今が神頼みのチャンスですよ!!!!!

図書室カウンターに短冊とペンを用意していますので、1人でも友達とでもいいので遊びに来てくださいね(^_^)/

ちなみに

もちろん図書室なので本を借りて行ってもいいんですよ~♪

第三回 ≪作家目線から見たおすすめ紹介コーナー≫

2015年7月3日

じゃんじゃじゃ~ん♪

始まりました~このコーナー。

早くも三回目

さっそく本題に入っちゃいましょーかね♪

ううむ。季節はもう夏ですねww

『暑いったらありゃしないよ!』という方は是非クーラーをガンガン効かせた部屋で読書しましょう

とはいえ難しい本はちょっと―。そんな方必見ですな。

夏といえばひと夏のアバンチュール(アバンチュールとは冒険のこと。だがおもに女遊びの意味として使われるww)という言い回しがあるように冒険です!

冒険小説といえばJ・S・ヴェルヌの作品でしょう

ボクともつながりのある海底二万海里など。←僕の名前が入っちゃってますw

ということで今回は

ヴェルヌ特集

012

ヴェルヌといえばやはり海底二万里。あの有名な東京ディズニーシーにも海底二万マイルとしてアトラクションがあるくらい有名な作品です。

他にも神秘島探検、ガリバー旅行記 それに海底二万里の三つをヴェルヌ三部作といいます

センターオブジアース2という映画ではこの本が主人公を神秘の島まで導くカギにもなっているので、こちらもチェック!

まぁ厳密にいうとガリバー旅行記はヴェルヌ作品ではないんですけど><

この夏、是非ヴェルヌ作品を読んでみて下さい。

以上速読の貴公子藤川でしたww

新刊入荷しました

2015年7月2日

皆さんこんにちは

最近図書室のPCで希望大学や企業、専門学校を検索している人を多く見かけます。

141

来年の3月には3年生たちはこの校舎から羽ばたいて行くんだなぁと思うとちょっぴりさみしい気がしますね…

しんみりしても仕方ないので(笑)

なぜPCのことに触れたかというと

最近検索した結果をコピーしたいという声をよく聞くのですが、図書室PCで検索した内容はPC横にある大きなリコーのコピー機で印刷できます

ちなみに1枚10円です。

やりかたは向かって左のPCデスクの上に置いてあるので手順を見ながら使ってみてください♪

7月2日

新刊入荷しました(*^_^*)

今回は長編ものですよー!

009

吉原裏同心シリーズ22巻ドドーンと入っています(*^_^*)

読みだしたら止まらない時代物小説♪

そして

こりらも人気の作家さん荻原砂胡さんの『天使たちの課外活動』です。

008

こちら

クラッシュ・ブレイズシリーズの続編で金銀黒天使がメインキャラとして描かれています。

前回出てきたちょっぴり性格の悪い?ワガママ?な女の子が活躍していて、さらっと読めるシリーズなので

時間が無い方にもおすすめですよ♪

水曜日担当イケメン(自称)図書委員長3F5中川匠おすすめ本 vol.3

2015年7月1日

こんにちは、水曜日担当イケメン(自称)図書委員長3F5中川匠です

まだまだ雨が続きますね、もうじき七夕ですが今年は晴れるだろうか。無いな

そんなことも考えつつ、今回も本の紹介です。

小野不由美『営繕かるかや怪異譚』

010

この小説は古い町屋にまつわる六篇の怪異話。

それぞれの話に生者に仇なす怨霊・怪異が登場する。

死霊が与える恐怖の闇、しかしその陰にあるのは生者が人に為す心の闇であった。

それらの問題を解決させるのは『営繕かるかや』の尾端という青年。

営繕とは、建物を修理すること。

ホラーもので解決といえば寺生まれのTさんや神職の人などが術やらなんやらで退治したり祓ったり放置したりが定番ですが、

この小説ではそのようなことはせず、工夫を凝らしてその家の住人と怪異が共存できるように家に手入れをしています。

短編集なので一つの物語は短く、本を読むのが苦手な人でもすらすら読めると思います。

ぜひ一度読んでみて下さい。