学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

ソフトテニス部 のブログ

文徳高等学校トップページ » 部活動ブログトップ » ソフトテニス部 のブログ

文徳ソフトテニス部送別会

2016年2月11日

2月11日に3年生送別会が行われました。短い間ではあったのですが、たくさんの先輩方や保護者の方にお世話になりました。先輩方からエールなど自分たちが果たせなかった目標を託されたと思います。その先輩達の想いを胸に総体まであと4ヶ月…。長いようで短いと思います。去年の屈辱を忘れず、目標である”インターハイ出場”を胸に明日からまた気を引き締めて頑張って欲しいなと思いました。
皆さんのおかげで、最後の最後まで楽しむことが出来ました!先輩方は夢に向かって頑張ってください!保護者様は送迎や応援ありがとうございました。
来年もこのような会になるといいですね。
〜マネージャーより〜

八代協会長杯ソフトテニス大会 Aチーム優勝!!

2016年1月16日

1月9日に八代協会長杯ソフトテニス大会(団体)が行われました。文徳からは2チームと合同で2チームのエントリーでした。
結果としては、
Aチームが優勝という形で終わることが出来ました。Bチームは惜しくもベスト8で鹿児島工業に負けてしまいました。合同で出た3人も自分たちの実力を発揮できたのではないかと思いました。
これから全国に向けて自分たちで強化していかねばならないことが沢山あると思います。一人一人が自覚を持ち、学校生活から気を引き締めて頑張っていって欲しいです。
今回も寒い中応援ありがとうございました。
〜マネージャーより〜

H28ソフトテニス部OB会・初打ち会

2016年1月4日

毎年恒例、1月3日、OB会初打ち会が行われました。今年も数多くのOBが集まってくれました。OBと現役がペアとなりゲームをしていくお祭り行事とはいえ、ほとんどがソフトテニスにつながっているOBが参加してくれるので、レベルが高いです。勝敗に拘らず、見せ場をつくってくれたりするので、最後まで盛り上がりました。来年も是非よろしくお願いします。保護者会の方々も朝から食事の準備など大変お世話になりました。

全国選抜大会出場決定!(九州3位)

2015年12月5日

12月5日に九州大会(団体)が行われました。

結果は3位という形で終わることができ、無事目標であった全国選抜大会に出場することが出来ました。
途中沢山危ないゲームがありました。やはり相手も代表なので、そう簡単にはいかず、簡単には決まらずにどんなボールでも拾われたり、軽くボレーを決められてしまったり、打ち込まれたりとやはり強さを見せつけられました。しかし、その試合からはたくさんの事をそれぞれが自分たちで見て感じ学ぶ事が出来たと思います。まだまだ課題は沢山ありますが、次の全国へ向けてこの冬をみんなで励まし合い乗り越えてまた次の大会でも一致団結し、最後に笑顔で万歳三唱をできるように頑張っていきたいと思います。
今日も1日応援やサポートありがとうございました!
明日の個人戦もよろしくお願いします。
〜マネージャーより〜

学校対抗”優勝”

2015年11月9日

11月7日、8日に学校対抗が行われました。総体の屈辱を忘れずに夏からずっとこの日のために毎日練習を頑張ってきました。

結果は”優勝”(2年ぶり、15度目)という形で終わることが出来ました。
しかし、ひとつひとつのゲームにまだまだ減らしていけるミスや勝ったゲームでももっと楽に勝つことができたゲームなどたくさん課題が見つかったのではないかなと思いました。九州大会まで一か月です。私たちの目標である選抜出場を決めて、これまで支えてくださった保護者の方や指導者の方、OBへの感謝を込めて頑張りましょう!
明日からも気を抜かずに練習での一本一本を丁寧に緊張感を持って練習です。
2日間応援やサポートありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします!
~マネージャーより~

八代大会(団体)優勝!

2015年10月29日

10月24日に学校対抗八代大会(団体)が行われました。本校は、レギュラー4組は別メニューでしたので、その後の3組1団体のエントリーでした。今回は1年生だけでチームを組み先輩がいない中での試合でしたが、結果は”優勝”という形で終われました。しっかりと文徳の名を残すことが出来たのではないかなと思いました。
これからの2週間は学校対抗の練習になります。サポート組はサポートを一生懸命に選手になった人はその人たちの思いも背負い指導者や保護者の方への感謝を忘れずに勝利で恩返ししましょう!!
今回も1日、保護者の皆様、サポートありがとうございました。
~マネージャーより~

全九州高校新人県予選大会

2015年10月12日

10月10.11日に九州大会県予選が行われました。
文徳からは6ペアのエントリーでした。今回の大会では”0から始める”といった意味が込められている白のユニホームで試合を行いました。市予選ではおしくも1位を逃してしまいましたがその悔しさを胸に練習を頑張ってきました。一人ひとりが”負けたくない”という思いで本番をむかえました。最初のランニングから文徳の”わっしょい”という声が聞こえてきて気合十分でした。
結果は
優勝 光井・ディマウロ組
準優勝 楠山・荒木組
第3位 江崎・長野組
第5位 森・上野組
でした。
今回の大会では上位を占めることを目標にし、望みました。ベスト4を独占とはいきませんでしたが、この結果を一人ひとりが胸に学校対抗ではもう一度気合いを入れ直して残りの練習時間を濃いものにそして、悔いが残らないような練習にして頑張って欲しいです。
高校総体の惨敗の後、数多くのOBの方々の後押しや保護者会の方々がサポートしてくださっています。感謝を忘れず”勝利”で恩返しできればと思います。
今回も2日間暑い中応援、サポートありがとうございました。
〜マネージャーより〜

スペシャルアドバイザー浅川陽介先生

2015年9月30日

9月25.26日と2日間にわたって、本校OBで全日本チャンピオン、そして世界ランク1位にまでなられ、現在全日本のコーチである浅川陽介先生が本校への指導のために東京からわざわざ来て頂きました。

まず、1日目はゲームから始まりました。浅川先生が言われた通り練習では、ゲームはお昼からだったり最後にしたりすることが多いけど、試合では朝から試合があるからそこで自分の実力を発揮できなかったら意味がないということも兼ねてゲームを始めました。ゲームを見てもらってやっぱりみんなファーストサーブの確率が極めて低かったので、サーブを中心に教えてもらいました。基本から教えてもらい
最初はみんな手こずっていましたが、練習を重ねて1日でファーストサーブの決定率がそれぞれあがったのではないかなと思いました。教えてもらったことをこれからも続けてもっと確実にみんながファーストサーブを決めれるように頑張って欲しいです。その後はシングルスをしました。練習ではあまりしないのですが、シングルスを見て思ったことはボールをおう1歩が遅かったり、雑なプレーが出てたりしてる人が多かったと思います。そういうひとつひとつのプレーが試合につながっていくと思います。大切に一球一球を決めて欲しいです。そして、もう一つ文徳の課題であるレシーブを細かく教えてもらいました。バックでのとり方、フォアでのとり方ひとつひとつ丁寧に教えてもらいました。ゲームで活かせるように毎日練習を頑張って欲しいです。
2日目はレシーブ練習から入りました。1人1人が一球一球を大切にして、コースなど考えて打てていたと思います。この練習を試合につなげていって欲しいと思いました。その後、後衛はシングルスをしました。1人1人がライバルなので相手のいいところ悪いところを見つけあって試合が出来ていたと思います。まだまだいらないミスなどがあったと思います。毎日の練習でいらないミスをなくしていって欲しいなと思いました。その後は前衛のポジションニングの練習をしました。ストレート展開で相手の後衛がどこから打つかによってポジションニングをしっかり変えること、その時にスピードをあげるという練習を中心にしました。最初はみんなついていけてないことが多かったのですが、1人1人が指導を受けてスピードもはやくなり追いついていることが多かったと思いました。そして、2日間の最後の締めとしてゲームをしました。日頃からゲームをやったりもしているのですが、ファーストサーブの入る確率が上がっていて、レシーブも丁寧になっていたと思います。浅川先生から習ったことがしっかりいかせていたのではないかなと思いました。
この2日間たくさんのことを教えてもらったと思います。浅川先生が言われたこと一言一句無駄にせず、初級録に書き留めて県大会までの残りの時間を大事に練習して欲しいです。
東京からわざわざお越しいただいたことに感謝し、大会で自分たちの実力を発揮して文徳カラーに染めて欲しいです。保護者の皆様、今回も暑い中2日間サポートありがとうございました。
〜マネージャーより〜