2018年1月29日

修学旅行2日目(スキー研修1/2日目)

修学旅行2日目はスキー研修の初日です。

6時に起床し、朝食をお腹いっぱいに食べた後、スキーウェアに着替えた生徒は早速ゲレンデへ。

窓の外は一面の銀世界

眼前に広がる広大な銀世界に生徒は胸をときめかせているようでした。

先ずは開校式を行いました。ゲレンデを背に生徒が並び、生徒の前には2日間お世話になるインストラクターの皆様に並んでいただきました。

開校式の様子

インストラクターの皆様

松村教頭より団長挨拶として「感謝」がテーマの旅行において、教えていただけることに感謝すること。また2日間で得た貴重な経験と技術は、人生にとってもいつか感謝する日が来るというお話をされました。

松村教頭

次にスキースクール校長の佐藤校長先生よりご挨拶をいただき、不安はあっても2日間の練習できっと滑れるようになるので諦めないこと。そして安全第一を守ることの大切さをお話しいただきました。

スキースクールの佐藤校長先生

最後に生徒を代表して辻くん(F2 飽田中)が「熊本では見ることのできない環境の中で、スキーに挑戦できる貴重な機会を与えていただき感謝しています。2日間で技術をマスターできるように精一杯頑張りますのでよろしくお願いいたします。」と抱負を述べました。

辻くん

 

曇り空、静かに降る雪、時折覗く太陽が、ゲレンデを美しい銀世界へと照らす最高のコンディション。389名の生徒の健康状態も良好で、絶好の条件の中で研修はスタートしました。

生徒10名程の1つの班に1名のインストラクターがつき、基礎から徹底して指導していただきました。最初はゲレンデのなだらかな場所で歩き方の練習や滑走の基礎を学びます。

真剣に説明を聞く生徒

研修の様子

最初はなかなか思うように動けず初めての経験に苦戦していましたが、生徒は覚えが早く、午前が終了する頃にはリフトに乗る生徒も出てきました。

要領をつかみ始めた生徒

早速リフトへ

昼食にはカレーライス、牛丼、うどんの3種類が用意され、午後の英気を養いました。

午後に研修を再開すると、いつの間にかスピードを出して滑走できるまでになっていました。ターンも狙った方向に向かうようになり、生徒はスキーの楽しさを体全体で感じているようでした。

随分と慣れてきました

笑顔の余裕も

リフトを降りると絶景が

生徒が作った雪だるま

 

しかし楽しい時間は過ぎるのも早く、あっという間に1日目の研修終了の時間となりました。

ホテルに戻って着替えると、入浴、食事をすませ、スキー講和へと続きました。

動いた後は栄養補給を

一人わんこ蕎麦(女の子です)

スキー講和はスキースクール校長の佐藤校長より、スキー発祥の歴史からスキー上達のコツを具体的に且つ分かりやすくお話しいただきました。

代表謝辞を重光くん(1F3 文徳中)が述べ、この学びを明日の研修に活かしますと感謝と抱負を述べました。

講話の様子

分かりやすくお話ししていただきました

代表謝辞

講和の後は阪急交通社の方々よりサプライズの演出があり、修学旅行期間中に誕生日を迎える7名の生徒と1人の職員のお祝いがありました。バースデーソングが流れると、ご当地キャラクターのぐりぐりくんが登場し、ケーキも運ばれてきました。

突然のお祝いに生徒も驚いていましたが、会場は和やかな雰囲気に包まれました。

サプライズの様子

最高のコンディションに恵まれ、沢山の生徒の笑顔で溢れたスキー研修初日。2日間のスキー研修が充実したものになるよう、今夜も身体をゆっくり休めて欲しいです。

» 前のページへ戻る

Copyright(c)2018 Buntoku HighSchool, All rights reserved.