2018年1月30日

修学旅行3日目(スキー研修2/2日目)

スキー研修2日目。昨日と同じく6時に起床した生徒は、朝食を食べた後すぐにスキーウェアに着替えてスキー場へ。

昨日滑った時の感覚に加えて、スキー講話で学んだ知識を混じえて実践させようと、生徒は張り切って出て行きました。

昨日よりも雪が多く降っており、積雪も厚い上に視界も狭くスキーには少々難しいコンディションではありましたが、生徒は上級者コースに挑戦し、時折豪快に転倒しながらも笑顔でスキーを楽しんでいました。

朝の景色

昼食を挟んだら午後も研修は続き、この頃には自分の滑走ペースやスタイルを掴んできたようで、滑り方にも個性が出てきているようにも見えました。

15時には全員広場に戻ってきて閉校式を行いました。

閉校式の様子

美しい景色をバックに行いました。

団長の松村教頭は、これまでは「美しい」と感じていた雪景色が、これからは「滑りたい」に変わるので、またスキーを楽しんで欲しいと話をされました。

スキースクール校長の佐藤校長先生からは、スキーで何度も転びながらも諦めずに起き上がることは、人生の様々な壁を乗り越えることと同じことであり、今後の人生の糧にしてほしいと講評していただきました。

そして講習終了証授与を生徒を代表して成田さん(1F4 宇土鶴城中)が受け取り、「美しい景色の中で、大切な仲間と楽しくスキーができたこの思い出は一生忘れません。このような経験をさせてくださったことに心から感謝します。」と謝辞を述べました。

終了証授与の様子

謝辞の様子

スキー研修の後は土産購入の時間が設けられ、売店で新潟土産を購入しました。

沢山あって決めるのが困難

夕食も楽しい時間です

大人気のスイーツ

夕食の後の19時からは希望者を対象にナイタースキーを実施しました。ライトアップされた美しいゲレンデを気持ち良さそうに滑り降りていました。

そして20時30分からは松明滑走がありました。明かりが消されたゲレンデを30名の生徒が松明を持ってゆっくりと降りてくる姿は幻想的でした。鑑賞していた生徒もスキー研修の締めくくりが心に残る感動的なものとなったようでした。

 

» 前のページへ戻る

Copyright(c)2018 Buntoku HighSchool, All rights reserved.