2018年7月31日

KAPA HAKA

   English classが始まる前に、テ・アワムツカレッジの生徒たちがニュージーランド先住民マオリの伝統芸能「カパ・ハカ」で歓迎してくれました。独特の歌と呼びかけと踊りを組み合わせた迫力あるパフォーマンスに自分たちの文化に対する自信と愛情を強く感じました。また、心から歓迎してくれている気持ちが真っすぐ伝わってきました。こちらでは高校もカレッジというそうですから、文徳からの研修生たちと同年代です。本校生徒たちも彼らに手を引かれて参加。恥ずかしそうでしたが、全員が舞台に立ち一緒に踊ってくれました。「恥ずかしがらず一生懸命やってみる」これもこの研修のテーマです。最後にテ・アワムツの男子生徒が前に立ち、ラグビーのオールブラックスが試合前に行うことでよく知られている「ハカ」を披露してくれました。なんだか気合を入れられた感じです。

 歓迎の儀式を終えた後、スターディセンターに移動し、English classのスタートです。今日のポーリン先生の授業は「Survival skills」挨拶・自己紹介・相互理解・丁寧なお願い・マナー・お金についてなどなど、今後の生活に必要な基礎英会話です。11時に午前中の授業が終わり、30分間のmourning break休憩です。テ・アワムツの生徒たちも校舎から出てそれぞれお菓子を食べながらおしゃべりしています。中には階段下のスペースでお菓子を食べながらノートを出して勉強している生徒もいました。日本の学校にはない習慣です。言い換えれば「もぐもぐタイム」でしょうか。11時30分から13時まで授業を再開し、その後昼食です。昼食はバスで市街に移動して公園のベンチでホストファミリーが持たせてくれたお弁当を食べました。食後はみんなであるお店に入り、授業で習ったことの実習が行われました。

(研修生感想文)7月30日

・今日からホームステイがはじまった。ホストファミリーがとても優しくて安心した。これから10日間でホストファミリーともっと話したい。(4J)SA君

・私は、初めての海外で緊張していましたが、ホームステイ先の人達がとても優しくてホッとしました。ホームステイ先に一人なので少しさみしいです!小さい子がいてみんな寝る時間がはやいので、それにあわせようと思います!(4J)RIさん

明日はワイカトへの見学となります。

» 前のページへ戻る

Copyright(c)2018 Buntoku HighSchool, All rights reserved.