2018年8月8日

ロトルア見学

今日はニュージーランドでも有名な観光地ロトルアへの終日見学でした。
天気はあいにくの雨模様、天気予報が当たってしまいました。しかし、バスの中は明るく歌声が聞こえます。

 まず、テ・プイアというマオリ文化のテーマパークに行きました。迫力あるマオリショーを見た後、パーク内の見学です。テ プイアとはマオリ語で「間歇泉」を意味するそうです。残念ながら、時間の都合で、間歇泉そのものは見ることはできませんでしたが、別府の地獄めぐりみたいに、坊主地獄あり、海地獄あり、岩盤浴ができそうなところもあり、ガイドさんの説明を受けながら、歩いて見学しました。川沿いに温泉が湧いているところで「あのあたりがいい湯加減かも」という生徒もいました。また、パーク内にあるマオリの工芸工房も見学することができました。キーウイハウスでキーウイバードの見学もできましたが、夜行性で神経質な鳥ということで写真撮影はできませんでした。ハウス内は暗く、何か動いているという感じで、肉眼でもはっきりとは確認できませんでした。


 つぎに訪れたのはスカイラインというテーマパークです。多種多様なアウトドアスポーツが楽しめる場所で、日本ではあまり見かけないマウンテンバイクのコースが広がっていました。スカイラインゴンドラに乗って展望レストランのある山の中腹まで登ります。天気がよかったら最高の景色だったと思います。ここでの生徒諸君のお目当ては、山の上から坂をすべり下るリュージュです。雨のため希望者でということになりましたが、ほとんどの生徒が濡れながらも挑戦しました。乗り場へは手荷物を持ち込むことができませんでしたので、ここでも写真撮影はできませんでした。その代わり、ゴンドラの改札口付近にあったものを撮影しました。リュージュ体験を終えた後、各自ランチをとり、次の見学地に移動しました。

 最後の見学地はアグロドームというファーショー(羊の毛刈りショー)を見る場所です。ここでのショーはヘッドホーンを付けることで日本語同時通訳を聞くことができ、司会進行のコミカルな話術も楽しむことができました。まず、ニュージーランドにいる19種類の羊たちの紹介があり、その後、手際のよい毛刈りをまじかに見ることができました。司会者の説明では、冬なのにこんなに丸裸では羊が寒いのではないかと心配されるかもしれませんが、24時間で皮下脂肪がたくさんつくので羊は寒くありません。というこよでした。羊の毛刈りの仕事は歩合制で一頭につき1ドル50セントだそうです。その後、賢い牧羊犬の機敏な動きもショーの中で見ることができました。

 今日はお土産を買う時間も取れました。いよいよ明日はさよならパーティーです。
どんどん時間が過ぎて行きます。

(研修生感想文)8月8日
・今日は一日ロトルアに行った。最初にマオリのショーを見た。前に学校で習ったので、分かりやすく見ることができた。そのあとアトラクションをしたりして楽しむことができた。(4J)TU君

・今日はまずマオリヴィレッジに行きました。マオリの伝統的なダンスの迫力に圧倒されました。その後、羊の毛刈りを見ました。「羊かわいい」と思いました。明日でホームステイも最後なので、頑張りたいです。(4J)KK君

・だんだん会話の中で「How」なのか「What」なのか「Do Did」なのかに注意していると会話することがたのしくなりました!!2週間あっというまにすぎてしまいました。(4J)RIさん

・今日はマオリのショーを見ました。マオリおなじみのソングを歌って、力強いショーを披露してくださり、とてもうれしかったです。日本に帰国したら、マオリ族の力強さや熱気を家族や友人達に伝えたいです。(4J)MFさん

» 前のページへ戻る

Copyright(c)2018 Buntoku HighSchool, All rights reserved.