2019年8月1日

オークランド大学見学〜ホストファミリーとの出会い

7月30日、昨日よりも少し肌寒く感じます。

この日は、ホテルで朝食(ビュッフェスタイル)を楽しんだ後、オークランド大学のキャンパスツアーに参加しました。

ニュージーランドには全部で8つの大学があり、いずれも国立大学とのことでした。その一つであるオークランド大学は様々な学部を有する総合大学で、私達は3つのグループに分かれてその施設を見学することができました。

ニュージーランダーだけでなく、様々な国籍の人々が集い、独自のスタイルで学習・研究に取り組んでいるようでした。一般的な日本の大学に比べると、国際色がとても豊かです。施設も充実しており、個人的にノートパソコンを持ち運ぶ必要がないように、パソコン室が完備されていたり、図書館をはじめとして、学生が自由に学べるスペースが至る所に用意されていました。

伝統的な大学の建築物がある一方で、去年完成したばかりの近代的なビルもあり伝統と革新の混ざったキャンパスライフはとても活気に満ちていました。

オークランド大学を後にすると、いよいよ彼女たちが通うことになるTe Awamutu Collegeのある地区へとバスで移動します。

始めに、グループコーディネーターのMr. Collinから「ようこそTe Awamutuへ。日本と比べるとここは寒いので、とにかく暖かくしてください。水はとても貴重なのでシャワーの使用は最小限に抑えてください。ホストファミリーは皆さんと会えることをとても楽しみにしているので、どうぞ積極的にコミュニケーションを図ってください」とホームステイライフをより充実させるためのアドバイスを頂きました。

しばらくすると、ぞくぞくとホストファミリーがお迎えに来てくれました。

「どんな方だろう…」と不安と期待で胸がいっぱいの生徒たち。

今か今かと自分の番を待っていました。

 

 

 

いよいよホストファミリーとの生活が始まります。最初は、なかなか相手の言いたいことを理解したり、自分が言いたいことを話すことは難しいでしょう。しかし、生活していけば必ず慣れていくものです。遠慮せずに、どんどんホストファミリーとの生活をエンジョイしてくださいね。

» 前のページへ戻る

Copyright(c)2018 Buntoku HighSchool, All rights reserved.