2019年8月11日

研修最終日(Departure Formalities)

8月9日、いよいよ研修最終日。

この日は朝から、研修のまとめです。

研修を通して、どの程度英語やニュージーランドについての知識が身についたか確認テストを受けます。

次に、今後のプログラムの改善に役立てるために、生徒たちに研修の評価を記入してもらいました。よりよいプログラムを提供しようと努力されている “NZIIU”(現地スタッフ)の姿勢に感謝です。

 

いよいよお待ちかねのスピーチです。昨夜も遅くまでスピーチの原稿を考えていたようで、朝からも生徒同士で最終確認に取り組んでいました。とても良い学習姿勢だと思います。

一人ひとり内容は違いますが、ホストファミリー、食事、文化の違い、ニュージーランドでの思い出について自分の言葉で語ってくれました!

2週間という短いようで長かったこの研修。「英語力を磨いてまた帰ってきたい!」と何人もの生徒たちが口にしていました。

コーディネーターのColin先生からは、「みんなとても上手にスピーチができていた」とお褒めの言葉をいただくと共に、「何度でもニュージーランドに来て!」と、とっても嬉しそうでした。帰国したら、是非スピーチの内容を聞いてあげてください!

 

この日は大忙しです。

スピーチを終えると、今度はホストファミリー&Colin先生にサンクスカードの作成です。

メッセージカードに2週間の家族との思い出や感謝の言葉をを書いて、今晩開かれる “Farewell Party”(お別れパーティー)で渡す予定です。

 

さて、研修の最後を締めくくるのは電子工学の体験授業です!

最初の実験は、「水分センサー」を使った実験です。

全員で大きな円になり、隣の人と手を繋ぐと、LEDが点灯するのです。仕組みまでは良くわかりませんでしたが、体験授業をして下さった先生の「電子工学はワクワクできるから好きなんだ。」と電子工学に対する熱い想いが伝わってきました!

抵抗をセットしながらLEDを点灯させるための回路作りや、マイクロコンピュータによる電子オルゴールの実験など、子供たちは電子工学の不思議な世界にすっかり引き込まれていました。

以上で研修の全プログラムが無事終了しました。

病気や怪我をすることもなく、無事に研修を終えることができてホッとしています。

今夜は “Farewell Party”です。研修の労をお互いねぎらい、ホストファミリーに感謝の気持ちを伝えてきてください!

» 前のページへ戻る

Copyright(c)2018 Buntoku HighSchool, All rights reserved.