学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

日々のできごと

文徳中学校トップページ » 日々のできごと » 平成30年度 【New!】一行詩「いのちのうた」コンテスト表彰式

平成30年度 【New!】一行詩「いのちのうた」コンテスト表彰式

2018年12月5日

12月2日(日)午後2時、びぷれす広場

一行詩「いのちのうた」コンテストの入賞作品の紹介と表彰式がありました。

 

〇中学校の部 入賞

  優秀作品 1点・入選作品 3点・学校賞「文徳中学校」

〇高校の部 入賞

  最優秀作品 1点・優秀賞 1点・入選 3点・学校賞「文徳高等学校」

 

本校中学校生徒の入選作品を紹介します。

 

〇優秀賞 1年 中島 菜々子さん

  気持ちが分かるって、こういうこと?熊本県と北海道の一瞬だけのあの気持ち

〇入選 2年 宮本 若那さん

  「おかえりなさい」その一言で安心する。ねえ聞いて、今日はこんなことがあったの。

〇入選 3年 田川 華恋さん

  家族がいるから、頑張れる。友達が励ましてくれるから乗り越えられる。

〇入選 3年 大村 幹大さん

  悲しませてごめんなさい 母の背中が小さく見えた 次は嬉しさで満たしてみせます

 

シンガーソングライターのMICAさんによるミニコンサート後、

MICAさんのBGMで、福島絵美アナウンサーと田名網駿一アナウンサーが

交互にすべての入選作品を朗読され、作品の中に眠るいのちへの強い想いを

会場の皆さんも静かに感じ取っていらっしゃったようです。

私自身も魂揺さぶられる想いでした。

 

文徳高校の最優秀賞作品の紹介です

 

〇最優秀賞 2年 香山 華さん

  天国のお母さん元気ですか?私はお母さんの分まで強く生きると決めました。産んでくれてありがとう。

 

高等学校の部は、松村教頭先生が出席されています。

 

文責 田中

前のページへ戻る