2011/11/18 金曜日

坂の下のユートピア

Filed under: おしらせ — admin @ 9:13:49

文徳中学・高等学校のことをもっと知りたいと思っている小学生・中学生とその保護者の方々へ 第90号 

      90-1.JPG     90-2.JPG   

            『坂の下のユートピア』

                          学校長 荒木 孝洋 

 戦後の日本人に大きな影響を与えた小説の一つに司馬遼太郎さんの長編歴史小説『坂の上の雲』があります。封建の世から目覚めたばかりの日本が、登っていけばやがてそこに手が届くと思い登っていった近代国家というものを、「坂の上の雲」になぞらえてつけられた題名です。主人公である秋山好古・真之兄弟と正岡子規の3人が、自ら国家の一分野を担う気概を持って各々の学問や専門的事象に取り組む青春群像小説です。後半の日露戦争に関わる記述については賛否両論ありますが、はるか高みの雲を目指して、営々と坂を上り続けてきた明治人の姿は、戦後の焼け跡から始まり、高度成長を成し遂げた世代にも通じるものがあり日本人の必読の本だと思います。 小説の舞台である明治中期は、若者の進路選択の幅も今と比べるとはるかに狭いものでしたが、若者の悩みには現代の若者と共通のものがあります。「どう生きたらよいか?」「将来はどうなるのか?」といった悩みは、秋山兄弟の時代と変わらない悩みです。開国という時の流れの中で、当時の若者が自分の生き方を模索し苦悩しながら、どのように進路を選択し生きていったかを知るうえでは共感できる作品だと思います。また、この作品は映画化されテレビでも放映されていますから、作品を読むのに気後れする人は、まずは映像から入ってみることもよいでしょう。そして、明治時代の人々の暮らしや人々の考え方・生き方、そしてこの時代が今の日本にどのような影響を与えたかを知るとともに、これからの日本の在り方を考える素材にして欲しいと思います。

 ところで、2010年の内閣府の発表によると、日本が42年間死守し続けてきた国内総生産(GDP)世界第2位の経済大国の座を人口12億の中国に明け渡したそうです。もっともそんなことは既にわかっていたことで、国内外ともに大きな混乱はありません。高度成長が永遠に続くはずもないし、どんな長い坂もいずれは登りきり、坂の上に着いてしまえば今度は坂を下らなければならないことは明らかです。すごすごと惨めに坂を下っていくのか、それとも胸を張って坂を下っていくのか。それを決めるのは君達若者です。日本は東日本震災後、その復興予算の捻出方法や原発事故に伴うエネルギー問題の見直し、さらには貿易完全自由化を前提としたTPP(環太平洋連携協定)への参加問題など大きな岐路を迎えています。頭上の雲を眺めてじっとうずくまっているわけにもいかないのが少子高齢化社会の宿命ではないでしょうか。

 今の日本人に必要なのは、前を向いて堂々と坂を下っていく覚悟であり、経済的、物質的な成長ばかりが目標でないことを認めることではないかと思います。生活は貧しいけど、国民総幸福量(GNH)世界一のブータンのように、求めれば、坂の下にもユートピアはあるはずです。若者が、21世紀の日本丸の船頭として、自らの進むべき方向を模索しながら日本の新たな道を開拓してくれることを期待しています。「坂の上の雲」を目指した秋山兄弟や正岡子規等の一途な気概や気骨の中に「坂の下のユートピア」を創るヒントが見つかるかもしれません。 

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

現在コメントフォームは利用できません。

Copyright(c)2009 Buntoku high school, All rights reserved.