学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

美術部 のブログ

文徳高等学校トップページ » 部活動ブログトップ » 美術部 のブログ

体育大会のバックボード制作 無事に終わりました

2018年5月11日

4月29日に開催された本校の体育大会において、各団を鼓舞するバックボード(団画)の制作が無事に終わりました。今年のバックボードテーマは平昌オリンピック。活躍した選手の力を団に届けます。

【青団】パシュート

【白団】羽生結弦選手

【赤団】平野歩夢選手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は開催場所が崇城大学グラウンドに変更になったため、制作開始時期が例年より遅れるなどの心配要素もありましたが、今までに蓄積された制作ノウハウや、部員・バックボード係の連携により、無事に完成させる事ができました。

全員で記念撮影

 

 

 

 

 

 

 

入学したばかりの一年生も早速制作に携わりました。巨大なパネルに下図を転写したり、ペンキを塗る作業は大変だったでしょうが、先輩方の的確なサポートにより順調に作業を進めました。

制作の様子

 

 

 

 

 

 

 

一般生徒から募集されたバックボード係の生徒も一生懸命取り組んでくれて、美術部員と変わらぬ戦力として活躍してくれました。

枠を運ぶ生徒。わっしょいわっしょい!

パネルを打ち付けます。アウチ!指を打たないで!

 

 

 

 

 

 

バックボード以外にも、入場門の設置なども務めました。

入場門設置の様子

 

 

 

 

 

 

 

体育大会が終わってからは、バックボード制作の打ち上げ兼新入生歓迎会を実施しました。毎年恒例のお好み焼きを食べ、制作を通してすっかり仲良くなった部員・係とさらに親交を深める楽しい時間を過ごしました。

炭水化物のオンパレード

 

 

 

 

 

 

 

11人の新入生が入部し、平成30年度の美術部は総勢27人でのスタートです。

それぞれの個性が輝く、より一層魅力的な部活動になるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

入試の手伝い

2018年2月14日

本日と1月23日に実施された本校の入試で、美術部も受験生の校内案内の手伝いをしました。

朝の6時半から案内を開始したので非常に寒かったですが、受験生がスムーズに試験に臨んでもらえるよう、一生懸命案内しました。

復元プロジェクト途中経過

2018年1月25日

ボロボロになった外装を剥がしたらあちこちに傷や凹みが。凹みはパテで埋めて、紙やすりでなだらかにした後、新しい外装を貼りました。

ボンドを均一に塗って

ヘラでボンドを均一に伸ばし

新しい外装を貼ります

作業は続きます♪

 

 

 

 

 

復元プロジェクト始動!!

2017年12月22日

某部活動が大会で見事優勝。眩しく輝く優勝トロフィーとその功績。

それとは裏腹に、歴代の試合を見守り続け、高校生の汗と涙、そして様々な思いを大切に閉じ込めてきたトロフィーケースはボロボロでした。

 

テープの後や

外れた蝶番

便利なセパレートタイプに。

 

 

そこで美術部は復元プロジェクトを始動!

部員の中から有志を募り、痛んだケースの復元を試みます。

 

まずは外装剥がしから。

 

元の姿より美しく★を目標に、メンバー一同張り切っています!

 

平成26年度 体育大会

2015年5月5日

全員でパシャリ☆

文徳高校美術部は、この体育大会制作で1年が始まります。

新学年始まってすぐですが皆で団結して制作に励みます。

赤団 葛西紀明選手と鳳凰

赤団 葛西紀明選手と鳳凰

白団 羽生結弦選手と白鳥

白団 羽生結弦選手と白鳥

青団 平野歩夢選手と鷹

青団 平野歩夢選手と鷹

この年はオリンピックで日本人選手の活躍が光ったことと、各団の名前に鳥が絡めてあったことから、選手と鳥を重ねた構成でした。統一感がありとてもよい仕上がりになったと思います。

この年からバックボードの採点も始まりました。優勝は青団、2位赤団、3位白団の順でした。美術部、そしてバックボード係共によく頑張りました。オツカレサマ!!

平成25年度 卒業生送別会

2015年5月5日

文徳高校美術部では、卒業を迎える3年生の送別会として、美術室でピザパーティーをするのが恒例となっております。

その時の様子ですが、皆思い思いのコスチュームで楽しんでおります。

タンギー爺さんにコナン君も!?

最後はみんなで☆(まじめな服装で)

男子ばかりで勢いのある、本当に賑やかな学年でした。そのままの勢いで夢に向かって突っ走ってください。

あと、文徳美術部の土台を築いてくれてありがとう。これからは後輩たちの活動を見守っていてください!

H25年度 高校美術展

2015年5月5日

出品作品を紹介します。

「花火」 2年 岡本美輝

「花火」 優秀賞 2年 岡本美輝

この作品は花火がさく裂した瞬間の一瞬の美しさを表現した作品です。夜空を埋め尽くすほどに華麗に咲く花火に鑑賞者は圧倒され、心の中では全身を震わすような炸裂音が響き渡ります。

蒼風

「蒼風」 入選 2年 神谷柚衣

初夏のさわやかな風と心地よい光を浴びながら咲くユリの花を描いた作品です。清く凛とした雰囲気は作者自身の姿を投影しているかのようで、鑑賞者は作者と対話をしているかのような感覚になります。

「弾く」 入選 2年 蓑田夏実

「弾く」 入選 2年 蓑田夏実

友人が一生懸命にギターの練習をしている様子を絵にした作品です。作者の友人に対する温かいまなざしと、モデルの初々しい雰囲気がにじみ出る作品となりました。

「Ocean」 優良賞 1年 山下愛美

「Ocean」 優良賞 1年 山下愛美

太陽の光が降り注ぐ中を優がに泳ぐ海の生物を描いた作品です。下から見上げる構図はそこにいる生物からの視点でしょうか。鑑賞者の心は乗り移り、心は「自由」へと解き放たれます。

「Reflect」 入選 1年 村上麗奈

「Reflect」 入選 1年 村上麗奈

Reflectとは「映す」という意味で、対岸に見える街並みが不気味に川に映り込んでいます。何か良くないものが様々なもにに反映されているような現在の社会を表しているのでしょうか。考えさせられる作品です。