学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

ソフトテニス部 のブログ

文徳高等学校トップページ » 部活動ブログトップ » ソフトテニス部 のブログ

コロナに負けるな!不撓不屈!

【ソフトテニス部】2020年4月23日

 

不撓不屈(ふとうふくつ)

   《意味… 強い意志をもって、どんな苦労や困難にもくじけないさま

 

 今年度、初アップです。通常であれば、3月末には全国私学大会や全国選抜大会の報告をして年度終了しているところです。精一杯準備をしながらやっとの思いで出場権を勝ち取った大会全てが中止になりました。仕方ないとはいえ、ショックでした。そして、4月から1年生も加わり、新たなスタートをしようと思っても状況は悪くなるばかり。ハイジャパン県予選・本戦、熊本市予選、熊本県予選の中止が決まり、高校総体ですら、どうなることやら。世間では、オリンピックやプロ野球・サッカー、大相撲など中止・延期を言われているようですが、今年の高3生の高校総体は来年に延期というわけにはいきません。何とか終息の兆しが見え、縮小の形ででも実施を願うばかりです。

 しかしながら、命・健康維持が最も大事なことです。自分の健康のための自粛が周囲の健康を守ることにもなります。弱い自分に負けないようにしよう。部員諸君には、学年登校日の度に言ってきましたが、「実施」になった時、短期間でベストに近い状態に持っていけるように今、自分でできることやすべきことをしっかり考え、本校ソフトテニス部のプライドを持って生活してください。

 保護者の皆様、もうしばらく部員諸君を見守りながら、良きアドバイスなどしていただけたら有難く思います。ご家族で何とか今の状況を乗り切りましょう。部活再開後は今まで通り、応援・サポートをよろしくお願いいたします。

 ~各部員の過ごし方~

総体あると信じて家の手伝いを頑張って運を味方にします。 押川

今は犬との自粛で我慢して早く練習出来るよう頑張ります。 三好

苦手なバックの壁打ちを練習して活かせるよう備えます。 岩崎

総体があると信じて頑張ります。 舛田

最後の総体優勝目指して頑張ります。 森谷

マスクを作成するなど普段できないような事にも取り組み有意義な時間を過ごせています。永田

1人でテニスは寂しいので早くみんなと練習がしたいです。西上

苦手なボレーなどの練習を頑張って総体に繋げたいです。伊藤

総体に向けてできることをしていきます。矢澤

早く再会できることを信じて我慢中。木山

今が踏ん張りどきなのであと少し頑張っていきます。岸田

総体があると信じてインターハイ目指して頑張ります 。齋藤

総体まであと少しの期間頑張ります。田中

今の時期はピンチだからこそチャンスだと思って頑張ります。 佐藤

自粛中ですが今出来る事を頑張ります。 北田

              以上、みんな頑張れ!

毎年恒例 親子大会

【ソフトテニス部】2020年2月19日

2月11日建国記念日に御船体育館で、ソフトテニス部親子大会を実施しました。現役の男女1・2年生と引退した3年生、そして生徒とほぼ同数の保護者が集い、くじでペアを決め、リーグ戦を行います。毎年のことですが、コートの端のほうにポジションをとられるお母さんにボールをさわってもらうことは本当に難しそうでしたが、部員たちは上手く取り組んでいたと思います。ガットが張ってないのかと思えるような空振りや踏ん張る力がなく毎回スライディングをしておられるなど名勝負がたくさんありました。

この1年間、選手が例年以上に大会で勝ち、戦利品をとってきており、抽選会も多くの景品で盛り上がりました。

何をするにしても保護者会がスムーズに、それ以上に動いて下さり感謝しております。来年も楽しくこの大会が行えるよう頑張ります。

    

 

 

 

 

 

 

令和初のOB会

【ソフトテニス部】2020年1月11日

1月3日は毎年恒例ソフトテニス部のOB会・初打ち会を行っておりますが、今年も無事に執り行うことができました。年末、打ち納めの日には、皆でコート内の部分的土の入替など1日がかりで整備を行い、かなり良い状態のコートでボールが打てたのは大変喜ばしいことでした。そして、当日のOBの参加がここ数年中、最も多かったこともうれしい限りです。大学や社会人で現役バリバリの方から実質引退してコートから離れている方までさまざまで逆に楽しいゲームができました。10年前、20年前を懐かしむことができました。これからもOBがたくさん来てくれるような部活を目指したいと思います。

現役の保護者の皆様、行き届いた準備・運営は本当にお世話になりました。

全国選抜予選九州地区大会・九州新人大会

【ソフトテニス部】2020年1月11日

12月13〜15日に沖縄県で九州大会が行われました。
結果としては
全国選抜予選の団体は3位で出場決定。
個人は押川・永田組が優勝でした。
団体戦では、リーグ戦で延岡学園・鹿児島商業・大分商業が対戦相手で、延岡学園に1ー2で負け、残りの2つは2ー1で勝ち2位上がりになり順位決定戦で嬉野高校に2ー0で勝ち3位になり、3月に愛知県で行われる全日本選抜に出場する切符を手に入れました。

試合を振り返って永田が感染性胃腸炎にかかり、出れるかわからない状態だったが、出発日にギリギリ間に合って当日は全力でプレーする事が出来ました。団体メンバー4ペアとも自分の役目をしっかり果たすことができたのではないかと思います。自分たちの今大会の目標は優勝して切符を手に入れることでした。1敗したことは残念ですが、全国の舞台に昨年に引き続き立てるので、今年こそは全国で結果を残します。
沖縄に来れなかったチームメイト、沖縄にまで来ていただいた保護者の皆様、応援・サポート有難うございました。これからもよろしくお願いします。
主将:押川

九州新人県予選大会

【ソフトテニス部】2019年10月21日

10月12.13日に八代市テニスコートで九州新人個人戦熊本県予選大会が行われました。

結果としては、押川・永田ペアが優勝 岸田・田中ペアが準優勝 第5位に岩崎舛田ペアで、この3ペアが九州大会出場を決めました。
今年の決勝は市予選と同じく、県でも同校同士でした。

目標としていたものに近い結果ですが、チームとしての本番はこの後の学校対抗戦です。もう一度気を引き締め直して挑んでいきます。また、1人1人がチームのためにと思って頑張り、日頃の生活など油断のないようにしていくつもりです。
応援やサポートをして頂きありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
キャプテン押川より

国体報告

【ソフトテニス部】2019年10月21日

9月27日〜10月1日に茨城県でいきいき茨城国体が行われました。

選手として竹下と押川と永田が熊本県代表として出場させて頂きました。
結果としてはベスト16でした。

1回戦目は地元茨城県と当たりました。応援部隊がテニスコート3面分ぐらい埋め尽くして完全アウェー状態の中試合に挑みました。
三番勝負でなんとか勝つ事ができました。

2回戦目は第1シードの奈良県でした。三番勝負で負けたけれど、熊本県が唯一の黒星を残したので嬉しく思います。

全国で戦ってかなりの経験になったと思うので、この経験を生かして文徳で日本一を目指します。応援やサポートなどありがとうございました。またよろしくお願いします。

八代大会 川井杯

【ソフトテニス部】2019年10月15日

928日に八代で川井杯が行われました。

結果は岸田・田中が準優勝でした。

決勝の途中で足が攣ってしまい棄権という形になってしまいました。昨日まで定期考査が行われており、しっかり走り込みができていませんでした。長い試合になることを考えてしっかり体の準備をしていきたいと思います。まだまだ全体的に安定した試合が出来ていなかったので、新人戦では出場するペア全員が満足できる結果で終われるよう頑張っていきたいと思います。

保護者の方々は応援、サポートを有難うございました。

市予選大会

【ソフトテニス部】2019年10月5日

9月21・23日に植木中央公園テニスコートにて九州新人個人戦熊本市予選大会が行われました。

結果としては、個人戦 三好北田ペアが優勝
舛田岩崎ペアが準優勝
また、今大会で二回戦以上の勝利で県大会出場を決めたペアが5ペアでした。

今年の決勝は同校対決でゲームカウント3-3
のファイナルゲームへ。その末ファイナル
7-5というかなり接戦でした。

また、同校対決で二年生対一年生での対決だったので、二年生、一年生を分けて試合の応援をしました。応援もとても熱の入った応援でとても活気のある試合ができました。

今回の大会で県大会出場が決まったペアは良い結果のペアもいれば、満足のいく結果にいかなかったペアもいます。また、しっかりと練習に集中して県大会で上位進出できるよう頑張っていきたいと思います。県大会には、推薦された2組を合わせて7組出場予定です。

応援やサポートをして頂きありがとうございました。またよろしくお願いします。

三好・北田組