学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

ソフトテニス部 のブログ

文徳高等学校トップページ » 部活動ブログトップ » ソフトテニス部 のブログ

3年生 アルバム写真

【ソフトテニス部】2021年6月18日

総体後取り損なっていたので、本日、撮影!

まだ、色が黒いうちに撮っておかないとと思い、急に計画しました。

男女全員そろったいい写真が撮れました。

令和3年度 高校総体 個人戦

【ソフトテニス部】2021年6月7日

5月23、30、31日に高校総体の個人戦が開催されました。

まずは、ベスト16に5組残れたことが良かったと思います。ベスト8に3組、ベスト4にそのまま3組残りました。
結果は優勝 舛田・岩﨑ペア。第3位 白石・川本ペアと山内・栗焼ペア。この3組がインターハイの切符を掴みました。
団体戦の悔しさのバネにそれぞれ健闘しました。
3年生は最後の大会で皆やり切れたと思います。個人戦で優勝できたのも、チーム全体での優勝だと思います。
気温が上がり暑い中、脚をつったり、熱中症で倒れたりする事がなく元気に戦えたと思います。
まだまだ課題は多く残りますが、結果を残せたのは自信に繋がりました。
コロナの中、まず開催出来た事に感謝します。
無観客試合でしたがライブ配信で多くの方に応援して頂きました。計四日間、応援やサポート、送迎してくださった保護者の皆様やOB、OGなどの関係者の皆様本当にありがとうごさいました。これで引退となる3年生は、自分の進路をしっかり見定めて突き進みましょう。そして、選手は九州大会・インターハイに向けてまた頑張りますので、これからもよろしくお願いします。
 主将・岩﨑 渉  

令和3年度 高校総体 団体戦

【ソフトテニス部】2021年6月7日

5月29日に高校総体の団体戦が開催されました。

結果は準優勝でインターハイには届きませんでしたが、九州大会を決めることが出来ました。
1回戦からものすごく緊張し、自分達のプレーが出来なかった者が多く、決して楽な展開ではありませんでした。
先生やコーチ陣に喝を入れられ、だんだんプレーは落ち着き、普段の状態に近づきました。
ベスト4に上がり、四校リーグの初戦で、前回敗れたM校には勢い良く3ー0で勝つことが出来ました。2つ目のK校には、初戦の勢いを保ったまま入りは良かったものの、粘られた時にミスが連発し結局0ー3で負けてしまいました。それでもT校には3ー0で勝利し最後まで戦い抜くことが出来ました。やはり団体で勝つことの難しさを感じました。後輩たちには、この団体戦をしっかり勝ち抜くために頑張って欲しいです。
コロナ禍の中、大会を開催していただいた事に感謝します。応援、サポートありがとうごさいました。
主将・岩﨑 渉

熊本市内予選

【ソフトテニス部】2021年4月19日

4月17、18日に城南のテニスコートで熊本市内予選が行われました。

5月にある県選手権の市内予選で、今年度初の公式試合で緊張のある中戦いました。結果は優勝白石・川本ペア。準優勝橋本・佐藤ペア。免除のペアも含めて、計10ペアが県大会出場を決めました。

内容としては、サーブとレシーブがよりも大切だと感じた大会でした。特にファーストサーブに関しては確率が悪いペアが多く、先に攻めれませんでした。入賞したペアはファーストサーブをきっちり入れ、相手よりも先に攻めれたと思います。ポイントは必ずサーブから始まります。絶対に入れる集中力をもっとつけていきます。入れるだけでなく、ファーストがポイントに直接繋がるようにスピードとコースを磨いていきます。また、相手を見て観察する能力も必要だと思いました。相手がどんなボールが得意なのか苦手なのかを自分で気付いて作戦を立てれるようにしていきたいです。テニスコート以外の所でも周りの雰囲気を読み取って、行動出来るようにしています。挨拶、返事、機敏な行動などでも他の高校に負けないようにチーム全体で雰囲気を持って取り組みます。高校総体まであと1ヶ月と少しです。全員で勝つために自分たちにもっと厳しさをもっと練習していきます。ベストコンディションで次の試合に挑めるように体調管理もしっかりしていきます。

サポートしてくださった関係者の皆様ありがとうございました。                主将・岩﨑

 

HY CHALLENGE

【ソフトテニス部】2021年3月25日

3月25日に運動公園メインテニスコートでHY-PROJECT主催のHY CHALLENGEカップが行われました。
結果はリーグ1位トーナメント優勝は白石・岩﨑組、準優勝に舛田・佐藤組、3位に山内・栗焼組となりました。リーグ2位トーナメントで優勝は、新1年生の福田(水上中)・川本(中央中)ペアでした。
大会の中での勝ち上がり方を学べた1日でした。練習試合とは違うアップの仕方や気持ちの作り方などを経験出来ました。来年から入ってくる新1年生も大会に出場し、チーム全体として良いスタート出来たと思います。負けた試合の時に、最後の1本まで諦めないという気持ちが足りないペアが多く見られました。負けている時、ピンチの時に声を出してしっかりとしたインパクトが出来るように、日々の練習でもっと緊張感を持ってしていきます。また、気温が高くなり、日差しも強くなっていくのでそこで勝てる集中力をこれからつけていかなければなりません。
平日ながら、サポートしてくださった保護者の皆様ありがとうございました。
主将:岩﨑  渉

岩﨑・舛田・佐藤・栗焼・山内・白石

川本・福田

※写真は栗燒様、有難うございました。

ハイスクールジャパンカップ県予選

【ソフトテニス部】2021年3月17日

3月13、14日にハイスクールジャパンカップ熊本県予選が行われました。
県新人上位16組で行われるダブルスでは、本校から3組出場し、4強に白石・岩﨑ペアと舛田・佐藤ペアがが残りましたがどちらも準決勝で敗れ、第3位でした。
ダブルス出場の32人と各校2人のトーナメントで行われるシングルスでは、舛田が優勝で全国大会出場を決めました。
ダブルスではどちらも熊本工業に負けてしまい悔しい結果となりました。しかし、昨年秋に対戦した時よりも手応えを感じました。また、沢山の課題が見つかり良い経験となりました。私たちの目標は高校総体で団体で優勝することです。今回の敗戦を活かして更に強くならなければいけません。高校総体まであと少しです。常に団体戦を意識して練習していきます。
2日間、応援やサポートしてくださった保護者の皆様ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
主将・岩﨑

めじろんスプリングキャンプ

【ソフトテニス部】2021年3月13日

3月6、7日に大分県の宇曹山荘のテニスコートで練習試合に参加してきました。
Aチームは2日間通して、団体戦として全勝でした。特に、2日目は全ペア勝利しての全勝でした。
広島や山口など九州外から来る高校と試合が出来て、良い刺激を受けることが出来ました。
団体戦をイメージしたオーダーで試合をして、一人一人の役割を確認しながら試合ができました。後衛はボールを引き込んで打つ入り方を意識しました。良いシーンは見られましたが、右に左に振り回された時に入り方が雑になってしまいミスや相手前衛に決められたりしました。前衛は相手が打つ時に止まって相手をじっくり見る時間が必要だと感じました。ただ動くのではなく、相手を観察して相手が打った後に動いて取れるポジション取りをしていきます。また、ボレーの時にボールを引き込んでインパクトするように練習してきます。
Bチームは初日の試合で自分の後衛達が相手より先にミスを多くしてしまい自分の前衛が仕掛ける前にポイントを取られてしまいあっさり負けてしまうことが多くありました。
2日目は昨日の反省を生かし、朝のアップの時からみんなで「単純なミスをしない」ということを目標にして試合に挑みました。
その結果、初日に勝てなかった相手にも勝てるようになりました。ミスをしなければ充分やれるということをBチームの後衛たちはわかってきたと思います。
前衛に関しては、ポーチボレーに出た時の決定力の無さなどが浮き彫りになっていました。
後衛がミスをせずに我慢のテニスを続けてくれているので尚更前衛の決定力をさらに高めていきたいと思います。
A、Bどちらも負けている時に、いつも通りをプレーができない事も課題です。調子が悪い時に自信を持ってプレー出来るように気持ちの面でも強くなっていきます。
Aチームは来週ハイスクールジャパンカップの予選があります。また、Bチームは再来週八代大会があります。大会で1つでも多く勝ち結果を残すために日々の練習に取り組んで行きます。
2日間、送迎やサポートしてくださった保護者の皆さん。本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

主将:岩﨑 渉  Bチーム:岩田 稜央

 

和田旗選抜(団体)八代大会 第3位!

【ソフトテニス部】2021年3月9日

 3月7日に八代市テニスコートで和田旗八代大会がありました。今大会のメンバーは、団体レギュラーが出場していない状況で大会を任された選手(2年:矢澤・伊藤・西上・木山、1年:橋本・美麗)でした。雨風があった中、後衛はラリーの中で1球でも多くコートに収めること、前衛はディフェンスや攻撃のメリハリをしっかりすることを目標にしました。1日間終わって反省してみると、目標にしていたことが出来ているところもあったが、もう少し楽に点を取るシーンがあっても良かったと思います。
 結果としては第3位となり、自分たちは優勝を目指していたので、とても悔しい結果となった。優勝した高校のプレーを見ていてもしっかり相手に合わせず自分たちのテニスをして、大切なところでの1本をしっかり点にしていたので、そこの差で負けたと思います。多くの課題が見つかったなかで、新3年生には、残りの時間が少なくなってきたので、これまで以上に練習に力を入れ、日々を大切にしていきます。
雨の中、送迎や応援をして頂いた保護者の皆さまありがとうございました。

副主将  伊藤千里