学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

ソフトテニス部 のブログ

文徳高等学校トップページ » 部活動ブログトップ » ソフトテニス部 のブログ

浅川先生 1日講習会

【ソフトテニス部】2024年2月13日

2月4日、御船体育館での本校の練習に文徳高校出身であり、現在はHY-PROJECTの代表浅川陽介先生に来ていただきました。体育館ならではの対処の仕方、例えば、ダブル前衛で攻めてきた時に中ロブを使って崩す展開、カットサーブの返球コースなどを中心に教えて頂きました。体育館で行われる試合では、ダブル前衛と当たる可能性がかなり高いのでこの講習会は自分たちにとってこれからに繋がるものになりました。今回のご指導を生かしてこれからも全日本私学・全国選抜大会に向けて練習を重ねていきます。浅川先生には朝早くからご指導に来ていただき、本当にありがとうございました。

主将:荒木

西日本選抜大会 第2位

【ソフトテニス部】2024年1月4日

12月27,28日に北九州市穴生ドームで行われた西日本選抜大会に出場させて頂きました。結果は第位でした。この大会は、後衛は相手としっかり打ち合うこと、前衛は相手のロブをしっかり追うこと、相手前衛の触ったボールをフォローすることを意識して取り組みました。また、全体としてサーブは入れにいくのではなくスピードやコースを上手く使い分け、ポイントをとりにいくことを意識しました。自分たちからの攻めを意識する中でミスが多くなってしまうことが見つかったことが課題です。決勝戦は普段なかなかできない松江工業高校(島根県)と対戦させて頂きとても良い経験となりました。保護者の皆様、先生、応援や送迎、ご指導、様々なサポートありがとうございました。

副主将:岩﨑

 

令和5年度全国選抜予選九州地区予選会 第3位 九州高校新人大会

【ソフトテニス部】2023年12月13日

12月910日に沖縄県総合運動公園テニスコートで九州新人大会が行われました。結果は  対 大分高校 30勝ち、対 精道三河台高校 21勝ち、対嬉野高校 12負け 2敗で、リーグ2位。位決定戦は 対 都城商業高校 21勝ちで九州第3位として全国選抜大会出場が決定しました。個人戦では思うような結果は出せませんでしたが、目標にしていた全国選抜大会出場の切符を手にすることができて本当に良かったです。

今回の大会は、昨年逃しているということもあり絶対に負けられないと全員が思って挑みました。試合の入りやゲームの入り、チャンスボールを思い切って攻撃しに行くこと、苦しい状況でも粘り強く文徳らしいテニスをすることを全員で意識して試合に臨みました。開催が沖縄県ということもあり、保護者の方々や先生、コーチのご指導、サポートがなければこの結果はありませんでした。次の公式戦はハイジャパン予選ですが、全国選抜大会に向けても普段の練習から学校生活までしっかりと見直し、全国で一つでも多く勝てるように練習を重ねていきます。

保護者の方々、先生には日間朝早くから応援や送迎、ご指導、様々なサポートありがとうございました。これからも応援をよろしくお願いします。

主将:荒木

 

福大カップソフトテニス大会 第3位

【ソフトテニス部】2023年11月29日

111819日に福大カップソフトテニス大会に出場させていただきました。結果は準決勝で都城商業に1で負けてしまい位という結果でした。学校対抗が終わり九州大会が間近に迫っている中、九州大会で対戦する可能性がある高校や福大生と試合をさせていただきました。自分たちが今どれだけやれるかを確かめることができ、あと一本を取り切るためには何が足りていないのかを確認するとても良い機会になりました。

九州大会までの残り少ない時間の中で、少しでも不安なプレーを無くし自信を持って振りきれるように全員で目標に向かって進んでいきます。保護者の方々、先生には2日間朝早くから応援や送迎、ご指導、様々なサポートありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

主将:荒木

全国選抜九州地区大会県予選学校対抗 優勝!

【ソフトテニス部】2023年11月20日

11月1112日にパークドーム熊本で学校対抗(全国選抜九州地区大会県予選)が行われました。何とか目標通り優勝することができました。夏の北海道インターハイが終わり、新チームとしてこの大会に向かって練習に取り組んできました。後衛はロブの使い方や動かされた後のボール、前衛はストレート展開での動きやディフェンスからリズムを作っていくこと等をテーマとしてこの大会に望みました。そんな中、大会1週間前から部の中から一人、また一人とインフルエンザの罹患者が出始めました。そして学校全体でもいきなり増加し、1年生の学年閉鎖、2年生も半分のクラスが学級閉鎖となりました。大会前数日間は団体メンバー3人で短縮練習をして前日の金曜日のみ全体練習をしました。もちろん不安はよぎりましたが、これまでの練習でやってきたことを信じて、まずはミスをしないことを意識して取り組みました。また、大会当日、メンバー以外のチームメイトやわざわざ来てくださった3年生の先輩方の応援の声が力になりました。このような状況の中で、先生、コーチのご指導、保護者の方々のサポートのおかげで大きな目標を達成することができました。12月の沖縄で行われる九州大会までにもう一度自分たちの課題を見直し、全員で全国選抜大会に行けるように練習を重ねていきます。保護者の皆様、先生、コーチには日間朝早くから応援や送迎、ご指導、様々なサポートありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

主将:荒木

 

九州高校新人熊本県予選会 1・3・3・5位

【ソフトテニス部】2023年11月9日

10月日に運動公園メインコートで行われる予定だった九州高校新人熊本県予選大会が雨天順延となり、21日にエコパーク水俣テニスコートにおいて行われました。結果は、荒木・佐伯組が優勝、松本・岩崎組と下森・外田組が第位、平石・橋口組が第となり、以上ペアが九州大会の出場を決めました。

今大会は総体の組み合わせにも大きく関わってくるはずの大会で、どのペアも一つでも多く勝とうという気持ちで試合に挑みました。結果だけ見ると良さげに見えますが、反省すべき点が山ほどあります。「連続の有効打とイージーなミスを0」を取り組んだものの、まだまだでした。学校対抗までの残り少ない時間の中で、もう一度チーム全員で目標に向かって集中力を持って練習を重ねていきます。

最後に保護者の方々、先生、コーチには日間朝早くから応援や送迎、ご指導、ご協力本当にありがとうございました。今後もよろしくお願いします。

主将:荒木

大分市近県ソフトテニス大会 Aチーム優勝

【ソフトテニス部】2023年10月2日

9月30日に大分市レゾナックテニスコートで毎年行われている大分市近県大会に今年も出場させていただきました。結果は、Aチームが優勝、Bチームが2回戦で準優勝した筑紫台高校に1―2で惜敗しました。負けた2試合ともファイナルゲームでした。すべてのペアに言えることですが、ワンプレーワンプレーに簡単なミスがあったりリードしていても流れを変えてしまうようなミスが少なくありませんでした。後衛と前衛が連動できていて有利な展開がつくれていても、そういうミスがあることで大事なポイントを落としてしまい競り勝てなかった試合もありました。来週に新人戦の個人戦が迫っている中、この大会を通してチームとしての反省もできました。少しでも自分たちからのミスを減らし一人一人が長所をさらに伸ばしていけるように今後も練習に励んでいきます。保護者の方々・関係者の方々、暑い中、応援やサポート、本当にありがとうございました。

主将:荒木

人工芝テニスコート完成!

【ソフトテニス部】2023年10月2日

ご連絡が遅くなりましたが、ついに人工芝コートが完成しました。学校の協力をいただき、そしてこれまでの卒業生の活躍があってやっと実現しました。以前のクレーコートは平成7年に出来上がったそうです。毎日、整備を欠かさず、時には土を入れたり、ラインテープを張り替えたりしながら丁寧に使ってきました。しかし、最近は目詰まりがひどく、ひと雨で1週間使えないような状態でした。今年の5月後半から8月末までの約3か月、間現役選手にはコート移動で大変な思いもさせることになりました。しかし、これからは天候によってバタバタすることがないと思うと心から嬉しく思います。これから秋冬の大事な大会がありますが、コートのことはもちろん、いろんなことに感謝して、精一杯努力していきます。

OBの方々へ

来年1月は、初打ちOB会を開催したいと考えております。案内できましたならば、ご参加よろしくお願いします。