学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

文徳ing

文徳高等学校トップページ » 文徳ing

2016年09月の記事

1学年保護者会

2016年9月12日

9月3日(土)1学年の保護者会が実施されました。学校長挨拶の後、現在の学力状況と普通科の文理選択、理工科の専攻分けについての話がありました。
学校長挨拶では「子供たちはやればできる。その意識を持つことが大切である。」「大学入試の形式が変わるため、この先の取り組みがより複雑になる。しかし基本が大切である。」「子供たちが授業を大切にし、こつこつ取り組むよう応援しましょう」との話がありました。
次に宮田学年主任より学力状況と普通科の文理選択についての説明があり、模試の結果をもとに、生徒の学習姿勢と成果についての分析がありました。文理選択については、クラス編成の仕組みやクラスごとの進路状況などについての説明がありました。中塚教諭による理工科の専攻分けの説明では、それぞれの専攻ごとの授業内容と昨年度の実績、専攻分け開始時期の確認や今後の学習計画について説明がされました。

学校長挨拶

学校長挨拶

学年主任挨拶

学年主任挨拶・学習状況・文理選択について

理工科専攻分け説明

理工科専攻分け説明

学級懇談会 4J

懇談会 4J

1ss

1SS

1s1

1S1

1s2

1S2

1s3

1S3

1s4

1S4

1F1

1F1

1F2

1F2

1F3

1F3

1F4

1F4

1F5

1F5

1ST

1ST

1T1

1T1

1T2

1T2

1学年進路講演会

2016年9月7日

9月3日(土)に、1学年の進路講演会が実施されました。講師には、昭和48年に本校機械科卒業の人吉総合病院病理診断センター長で、熊本大学医学部臨床教授の佐藤敏美先生においでいただき、「高校・大学そして社会における私の学び方」と題して講演をお願いしました。
講演では、自らの高校時代・大学時代の生活を紹介していただきながら、「どんなに辛い時でも自分を鼓舞し続けること」「努力した先には素晴らしい成果と出会いが待っており、自分を立派な人間にしてくれること。」「人間一人一人に価値があり、希望と可能性にあふれていること」などについて話され、生徒にエールを送っていただきました。

弓道部 2大会で優勝を含む優秀な成績を収めました

2016年9月3日

本校の弓道部が、夏休み中の2つの大会において優秀な成績を収めました。
その結果をご報告します。

①7月24日(日)、「第23回熊本市弓道大会」が南部総合スポーツセンター弓道場において開催されました。

男子団体 Aチーム 優勝「2連覇」
福田雄介くん(2F1三角中)
小坂明弘くん(2F2市城南中)
中川大海くん(2F5下城南中)

男子団体 Cチーム 第3位
大田海斗くん(2F1井芹中)
園田伊織くん(2JS1七城中)
清藤真生くん(2F3江原中)

男子団体Aチーム

男子団体Aチーム

男子団体Cチーム

男子団体Cチーム

入賞を収めたメンバーの皆さん

出場したメンバーの皆さん

②8月20、21(日)、久留米市陸上競技場(特設射場)のおいて第18回紫灘旗全国高校遠的弓道大会が行われました。全国より男子は41チーム参加しており、6年目の挑戦で、はじめて予選を24射16中の3位タイで上位8校入りをし、予選を通過しました。
決勝トーナメント1回戦は、埼玉の川越総合高校に5-4の1本差で勝ち、準決勝は、埼玉の浦和高校に3-9で敗れ
第3位となりました。

メンバー
藪田侑己くん(3F5京陵中)
清藤真生くん(2F3江原中)
小坂明弘くん(2F2市城南中)
福田雄介くん(2F1三角中)

試合の様子

競技中の様子

また全国遠的大会の前日の19日に紫灘旗出場高等学校弓道大会 近的の部が博多の森弓道場において行われ、
女子団体が参加28チーム参加中、準優勝しました。

メンバー
久田春亜(2JS1小川中)
中村文香(2JS3小川中)
吉田有見(2JS3文徳中)
田添佳奈子(1S2竜南中)

全国大会出場メンバーのみなさん

紫灘旗出場メンバーのみなさん

就職試験合格祈願式

2016年9月2日

9月1日(木)の放課後に、就職試験合格祈願式が挙行されました。この式はこれから就職、公務員を受験する生徒を激励するもので、59名の生徒が集まり、学校長より激励の言葉、生徒代表による決意表明、教頭より必勝祈願の順で進行しました。

激励の言葉では、「毎年内定をいただいた生徒にはマーカーでチェックを入れていきます。中にはなかなかチェックがつけられない生徒もいます。就職というものはとても厳しいのです。面接は言葉のキャッチボールです。自分の内面から湧き出る言葉を述べてください。質問をしっかりと聞き、考え、誠意を持って自分の言葉で答えることが重要です。皆さんの良い報告を待っています。」と話されました。

生徒代表の決意表明を、荒木博隆くん(3T 江原中)が述べました。「4月14日の熊本地震から4か月が経ちました。現在も多くの方々が避難生活をされている状況です。学校も休校の処置がとられましたが、5月9日に再開され、久しぶりに友人達と顔を合わせたときは、心から嬉しかったです。このメンバーでこれからの受験に挑むのだと強く決心しました。私は就職を希望しており、受験する会社は半導体関係で世界シェアの55%を占める会社です。社会に大きく貢献できる技術者になりたいです。そのためにも、これまで3年間文徳高校で学んできたことに自信をもち、正々堂々と戦い抜きます。そして今までお世話になった方々へ感謝し、恩返しができるよう精一杯頑張ります」と力強く意気込みを述べました。

最後に松村教頭より必勝祈願が行われ、タコを英語でオクトパスと言うことから、手作りのタコの置物に向かって全員で拳を高くあげ、絶対合格を誓いました。

学校長 激励の言葉

学校長 激励の言葉

荒木君による決意表明

荒木君による決意表明

合格祈願の様子

必勝祈願の様子

硬式テニス部 第3位

2016年9月2日

8月3日(水)にルーデンステニスクラブにて開催された、2016ルーデンス夏季高校生新人ダブルス大会において、本校の生徒が優秀な成績を収めました。結果は以下の通りです。
男子ダブルス 第3位
有田宏平くん(2F3)・宮崎優飛くん(2T1)

左から 有田くん 宮崎くん

左から 有田くん 宮崎くん