学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

文徳ing

文徳高等学校トップページ » 文徳ing

漢字検定を実施しました

2019年1月18日

1月18日に今年度第3回目となる漢字検定試験を実施しました。

文徳中学生を含む高校2年生までの合計128名が、4級から2級までそれぞれの目標合格に向けて真剣に試験に臨みました。

試験中の様子

3学年集会を実施しました

2019年1月16日

1月11日に、家庭学習に入る生徒を集め、3学年集会を行いました。まず、生徒指導部より、「家庭学習期間が自身の進路に向けた準備期間になるように有意義に過ごしてほしい」と伝えられました。

 その後、3学年主任の、「みんなが元気に育ってくれたことが一番嬉しい。保護者の方に成長した姿を見せる舞台が卒業式。家庭学習期間は、決して事故などに遭わないように過ごしてほしい。また、卒業後はバラバラの進路を進むことになる。全員がそろう機会もあと少し。数少ない出校日に元気に登校してほしい。」と、命の大切さ、友との時間の大事さについての語りかけに、生徒たちも一言一言噛みしめるように傾聴していました。

集会の様子

合格祈願式を実施しました

2019年1月10日

1月7日にセンター試験を受験する3年生の合格祈願式を実施しました。

荒木学校長より「緊張するかもしれませんが、落ち着いて一問一問に取り組んでください。受験に失敗はありません。あるとしたらそれは挑戦しないことです。」と応援の言葉を生徒に送られました。受験生を代表して、本田さん(3JSS 文徳中)が「花の咲かない冬の日は、下へ下へと根を伸ばそう。思うように点数が伸びないこともありましたが、乗り越えてきました。残された日も精一杯夢を叶えるために努力します。」と力強く述べてくれました。続いて激励の言葉を吉富さん(2JSS 文徳中)が述べ「試験会場で不安になった時は、今までの努力を思いだしてください。先輩方の努力をする姿を見てきたからこそ、自信を持って試験に臨んで大丈夫だと私たちが保証します。」と先輩に心温まるエールを送りました。最後に3学年主任の宮田教諭より、受験に臨む際の心構えとして「不安な気持ちがあると思いますが、それは先が見えないから。先が見えないことは未来の可能性が無限に拓けているということ。不安をワクワクに変えて本番に挑もう。昨日の自分を超えていけ!」との熱い激励がありました。

最後は全員で拳を高く突き上げ、「頑張るぞ!」と合格を祈願し、式を終了しました。

式の様子

誓いの言葉を述べる本田さん

激励の言葉を述べる吉富さん

宮田学年主任からの激励の言葉

絶対合格!を誓いました

始業式を実施しました

2019年1月9日

1月8日に始業式を実施しました。

式に先だって表彰披露を行い、学校長訓話、生活信条唱和、校歌斉唱の順で進行しました。

学校長訓話では「3学期は一番短い時期です。アンテナを高く張って、時間を有効に使ってください。行動が変われば心が変わります。勉強や生活面をもう一度見直し、新たな学年に向けて準備をしてください。」と話されました。

生活信条を唱和した後、生徒会長の安武くん(2JS2 泗水中)が「1年間の総復習に取り組む期間にしましょう」と全校生徒に語りかけました。

式の後は各自教室に戻ってロングホームルームを行い、国語・数学・英語の整理考査を実施しました。

表彰披露の様子

荒木学校長

生活信条唱和をする安武くん

冬期課外を実施しています

2018年12月27日

12月21日から28日までの期間で冬期課外を実施しています。寒さにも負けず、生徒諸君は頑張っています。