学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

文徳ing

文徳高等学校トップページ » 文徳ing » 崇城大学体験講座を実施しました

崇城大学体験講座を実施しました

2018年9月18日

8月29日、9月5日の二日間、総合的な学習の時間に、2年生普通科理系生徒(197名)が崇城大学体験講座に参加しました。崇城大学工学部、情報学部、生物生命学部、薬学部の先生方の実験や実習を、以下の14班に分かれ体験しました。

1班「金属材料の機械的特性の体験」2班「レーザ光を使ったアクセサリーの製作」3班「蛍光色素フルオレセイン(黄色202号1)を作ってみよう」4班「身近なプラスチック製品の分別リサイクルについて考えてみよう!」5班「タワーを作ろう」6班「コンクリートの多様な性質」7班「よく飛ぶ紙飛行機をつくろう!」8班「会話するコンピューター」9班「ラジオを作ろう」10班「乳酸菌のハンドリング」11班「甘酒は、なぜ甘い? 12班「光合成細菌を培養してみよう」13班「カルスの有用性を考えてみよう 14班「医療人としての心得」

体験を終えた生徒からは、「面白かった。」や「またやってみたい。」などの声を数多く聞くことができました。大いに充実感や達成感を得られたようです。

現在、この体験講座に参加した生徒たちは、実験や実習の内容等をまとめたポスター制作に取り組んでいます。10月10日(水)には、ポスターセッションを行い、評価の高かった班は、文化祭で発表する予定です。

最新の研究や高度な技術に触れることで、大学で学ぶことへの興味や関心が芽生えた生徒たちの中から、将来の工学や科学技術を発展させる、豊かな人材が輩出されることを切に願っています。

講座の様子

前のページへ戻る