学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

文徳ing

文徳高等学校トップページ » 文徳ing » 東京大学特別講座が実施されました

東京大学特別講座が実施されました

2019年7月30日

7月29日に、今年度も本校で熊本時習館特別事業・東京大学特別授業が実施されました。文徳52名、他校生17名、計69名の受講生を対象に、お二人の東京大学の教授に授業をしていただきました。

東京大学大学院工学系研究科総合研究機構

 教授 寺井 隆幸 先生

題目「2050年のエネルギー研究開発と東大教授の日常」

東京大学大学院工学系研究科附属総合研究機構

 教授 柴田 直哉 先生

題目「最先端電子顕微鏡の挑戦―原子直接観察のその先へ―」

 お二人からは難しい内容ながらも丁寧に教えていただき、質疑応答の際には生徒からの積極的な質問がありました。学問への憧れを胸に抱き、今後の学業に活かしてくれることを期待します。以下に生徒感想文を掲載します。

「私たちの生活と密接にかかわっているエネルギーについて、これから人間の生活を支えていくエネルギーはどのようなものか、どのような仕組みでエネルギーを生産できるのかなど、短い時間ながらも詳しく講義していただいた。これからのエネルギーについて深く考えていきたいと思った。」

「電子顕微鏡というものにも多くの種類があり、とても大きなものもあるということを初めて知った。今授業で習っている化学と物理、生物がこのように役立っていくのだと思うと、より一層学びに対する意欲が出てきた。」

「パワーポイントの作り方や話し方など、とても分かりやすかった。最後の質疑応答の時に寺井先生と柴田先生が一緒になってエネルギーのことを考えているところは、見ていてとても真剣さを感じた。」

寺井先生(左)と柴田先生(右)

授業の様子

前のページへ戻る