学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

文徳ing

文徳高等学校トップページ » 文徳ing » 合格祈願式を実施しました

合格祈願式を実施しました

2020年1月7日

1月6日(月)に3年生の国公立大学受験に向けた合格祈願式を実施しました。

学校長激励の言葉では、「失敗とは、チャレンジすることをやめたときのことを言う。出題される問題は皆同じ。不安になる必要はない。最後までチャレンジをやめてはいけない。試験は昼間にある。日頃の学習も日中に行うことで、最大限の集中力を昼間に出すことができるようになる。試験直前に見直した問題がテストで出題されることもある。最後の一分一秒まで無駄にせず、学習に励んでほしい。」と話をされました。

誓いの言葉では、高宮くん(3Jss 八代第四)が「模試では失敗ばかりでした。しかし絶対合格するという強い意志で頑張ってきました。その中で多くの方々に支えていただきました。感謝の気持ちを持って、最後の一分一秒まで全力を尽くします。」と力強く述べました。

記念品贈呈があったあと、2年生激励の言葉を伊津野 くん(2JSS 腹栄中)が「全力で勉強に励んでおられた姿を私たちも毎日見ていました。途中でくじけそうなられることもあったかもしれませんが、努力が報われるまであと少しです。」と述べ、先輩にエールを送りました。

最後に学年主任激励の言葉を本田教諭より「本日の皆の目つきを見て、大丈夫だと確信しました。朝早くから夜遅くまで、あらゆる苦難を制した自慢の生徒です。君たちの努力、先生方の指導力、何より愛する家族のサポートが、今日皆さんをこの場へ導きました。現在は過去からの贈り物です。今という時間を明日に向けて、人生の襷を繋げています。もし、君が負けると考えるなら君は負ける。もし、キミがダメだと考えるならキミはダメになる。勝てないと考えるなら絶対に勝てない。失敗すると考えるなら失敗する。最後まで成功を願い続けた人だけが成功を収めている。全ては人の心が決める。さあ、勝負の時だ。強い人が勝つとは限らない。素晴らしい人が勝つとも限らない。私はできると考えているひとが結局は勝つ。最後まで攻めて、全力で立ち向かおう。奇跡の扉を開けるのは皆さんであり、そのカギはもう君たちの手中にあります。くじけそうな心乗り越えて one more time/one more chance.」と述べ、最後に全員で盛大にエールを送り、式を終了しました。

 

前のページへ戻る