学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

文徳ing

文徳高等学校トップページ » 文徳ing

センター試験

2016年1月18日

 1月16・17日に、センター試験が実施されました。今年の受験会場は熊本学園大学でした。高校ごとの控室も準備していただき、落ち着いて試験に臨むことができたようです。
 16日は、9時30分から地歴公民、13時から国語で、次の英語の終了は18時10分でした。17日は、9時30分から理科の基礎科目、11時20分から数学1、13時40分から数学2、15時30分から理科の試験が行われ、17時40分に終了しました。
18日には学校で自己採点が行われ、志望校決定の検討が始まりました。出願の後は個別学力試験です。しっかりと対策を練って試験に臨んでほしいと思います。

昼食

昼食

愛情弁当

愛情弁当

愛情弁当

愛情弁当

昼食後は勉強

昼食後は勉強

昼食後は勉強

昼食後は勉強

次の試験へ

次の試験へ

吹奏楽新人コンクール銀賞

2016年1月15日

 12月21日に、熊本県立劇場で「第19回熊本県高等学校文化連盟吹奏楽部新人コンクール」が行われ、本校は「海の男たちの歌」(R.W.スミス)を演奏して銀賞となりました。
部員は次の41名です。
中尾さん(2JS1文徳中) 三浦さん(2JS1宇土鶴城中) 
池田さん(2F2京陵中) 大嶋さん(2F2北部中) 
鹿釜さん(2F2姫戸中) 宗像さん(2F2清水中) 
澁谷さん(2F2小国中) 舩場さん(2F2宇土鶴城中) 
津地さん(2F2北部中) 中村さん(2F2北部中) 
藤川さん(2F2市城南中) 塚本さん(2F3玉名中) 
山口さん(2F3西合志南中) 山田さん(2F3松橋中) 
吉本さん(2F3託麻中) 西さん(2F4清水中) 
平本さん(2F4玉陵中) 角野さん(2F5城西中) 
内藤さん(2F5宇土鶴城中) 河内くん(2T1市城南中) 
佐藤くん(2T1竜北中) 桑崎さん(1S1花陵中) 
酒井さん(1S1日吉中) 渡邊さん(1S1京陵中) 
光永さん(1S2千丁中) 後藤くん(1S3宇土鶴城中) 
髙見さん(1F1玉南中) 別城さん(1F1京陵中) 
荻原さん(1F2北部中) 赤峯さん(1F3松橋中)
坂口さん(1F3天水中) 中村さん(1F3北部中)
西山さん(1F3荒尾海陽中) 畑山さん(1F4荒尾海陽中)
魚住さん(1F5西合志南中) 川浪さん(1F5飽田中)
舟越くん(1F5岱明中) 福岡さん(1F5泉中)
秋山くん(1ST白川中) 中山田くん(1ST井芹中)
吉本さん(1T2託麻中)

専願・奨学願書受付開始

2016年1月14日

 1月14日から、専願・奨学入試の願書受付が始まりました。初日には朝早くから中学校の先生が出願においでになりました。受付は20日まで、入試が1月26日、発表は2月1日の10時です。
 受験する中学生には、体調管理に気を付け、入試までの時間を有効に使い自分の力を十分発揮できるように願っています。

3学年クラスマッチ

2016年1月13日

 12月17日に、進路が決定した3学年でのクラスマッチが行われました。男子はサッカー、女子はバスケットボールでした。男子は寒風の中、必死でボールを追いかけ、女子は真剣な様子ながらも楽しそうにプレーしていました。
結果は次のとおりです。
男子サッカー
 1位  3T2
 2位  3T3
 3位  3F5
女子バスケット
 1位  3F2
 2位  3F3
 3位  3F4

先生も出場

先生も出場

 

 

始業式

2016年1月12日

 1月8日は始業式でした。式に先立ち表彰披露が行われました。その後、学校長訓話、生活信条唱和、校歌斉唱で始業式は終了し、生徒指導部からの連絡が行われました。式後はホームルームと整理考査が行われ、新学期がスタートしました。
 学校長訓話の要旨をご紹介します。
 「今朝の熊日新聞『読者のひろば』に、朝が好きです。という文章が掲載されていました。新しい一日の始まりは、自分の好きなように使うことができる。それは1ヶ月、1年でも同じで、節目ごとに様々なチャンスが生まれるということであり、何かをやろうとして三日坊主で終わっても10日続ければ1ヶ月になるという内容でした。60代の女性の文章ですが、すべての年齢の人に当てはまる内容だと思います。新年をこのような清々しい気持ちで迎えられればいいとも感じました。節目には目標を立ててほしいと思います。3年生はセンター試験に向けての目標や卒業後に対しての目標、2年生は高校の最高学年になり部活動のリーダーとなることなどについての目標、1年生は今までの目標の見直などです。1月4日の国会で安倍首相は『挑戦』という言葉を24回使いました。グローバル社会で日本が進むべき目標を示されたのだと思います。グライダーと飛行機の違いは、風まかせで飛ぶか、エンジンで自分の思い通りに飛ぶかです。みんなのエンジンは自分自身であり、グライダーになるか、飛行機になるかは、それぞれの心の持ち方で決まります。みんなが飛行機になるためには、目標を持って挑戦することです。それには食事・歯磨き・勉強などの簡単な事から確実に実行することです。そのような事を継続すると、結果は出なくともエンジンになります。目標を立てて実行し、将来に備えて自分のエンジン作りをする。そんな3学期になることを期待しています」

表彰披露

表彰披露

学校長訓話

学校長訓話

生活信条唱和

生活信条唱和

生徒指導部連絡

生徒指導部連絡