学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

日々のできごと

文徳中学校トップページ » 日々のできごと

2022年01月の記事

令和3年度 【New!】中生連ブロック別代表者会に参加しました

2022年1月28日

 1月27日(木)15時より、熊本市中学校生徒会連絡協議会(中生連)が主催する

ブロック別代表者会【北部ブロック】に参加しました。

昨年度同様、新型コロナウイルス感染防止対策のため、

Zoomを用いたリモート形式での実施でした(昨年度の様子はこちらをクリック)。

 

今年に入って朝の時間帯を利用して研修を行ったり、

参加する2年生を中心に、

昨年、代表者会に出席した3年生にアドバイスを受けたりするなど、

懸命に準備をしてきました。

当日は戸惑う場面や上手くいかない場面に遭遇しつつも、

何とか最後までやり遂げることができました。

   

 

今回、代表者会に参加したことで同じ熊本市内の学校が

どのようなことで悩み、どのような工夫を行い、

どのように解決に導こうとしているかという

知識や経験を共有することができました。

また、初めてリモート形式での会議に出席した生徒も多く、

そのことも良い経験となりました。

今回学んだことをどのように活かしていくか、とても楽しみです。

 

文末になりましたが、

今年度の代表者会の理事校を務められた鹿南中学校様、

中生連事務局の二岡中学校様、大変お世話になりました。

 

文責 吉田

令和3年度 第3回学力推移調査を行いました

2022年1月22日

1月22日(土)、Benesse主催している学力推移調査を実施しました。

 

4月の第1回、9月の第2回に続き、3回目の調査であり、

1・2年生は今年度最後、3年生は中学校生活最後の対外模試です。

1年間の集大成として、日々積み重ねた勉強の成果を発揮するため、

懸命に問題と向き合いました。

結果が楽しみです。

 

文責 吉田

令和3年度 3学期始業式・整理考査を行いました

2022年1月12日

1月7日(金)、3学期の始業式はリモート形式で行いました。

(多目的ホールと各教室をGoogle Meetでつなぎ、プロジェクターに投影)

 

開式後、校長訓話をいただきました。

始めに「コロナ禍の影響で始業式がリモートになり、

直接生徒たちの顔を見れないのが非常に残念である。」と話されたあと、

「年末にみんなで植えた学校正門前のパンジーは寒さに耐えて綺麗に花を咲かせている。

また、プランターに植えたチューリップの球根は土の中で少しずつ成長しており、

これからもみんなで手入れをして、立派な花が咲くことを楽しみしている。」と話されました。

 

次に「昔から「一年の計は元旦にあり」というが

自分を高める一歩を踏み出す計画をたてましたか?」と投げかけられました。 

「夢の実現のためには、強い信念を持って、

しっかりとした準備のための計画を立てる必要がある。

各自の強み、良さを生かし、それぞれが置かれている環境の中で、

今何をなすべきか、今できることは何かを考え、

計画を立て、勇気を持って一歩を踏み出し、全力でチャレンジしてほしい。

全力で取り組み、やり切る姿こそ文徳生の目ざす姿。

やり切った充足感が次の大きなエネルギーになる。

上手くいかないことも多くあるが、大切な事は転ぶたびに起き上がり、

それからまた新たに何かを始める勇気を持ち、

立ち上がり、歩き続けることが大切である。」と期待を込めて伝えられました。

 

最後に「中学校生活の仕上げになる3年生には心からエールを送る。

1・2年生はその姿を見て、学んでほしい。」と伝えられました。

 

訓話をいただいたあとは、各学年の代表者による3学期の抱負を

それぞれが力強く、語ってくれました。

その後、生活委員による生活信条唱和を心の中で唱え、

ピアノ伴奏による校歌清聴を行い、式を終えました。

式後は大掃除・LHR、そして国・数・英の三教科の整理考査を行いました。

 

「一月往ぬる 二月逃げる 三月去る」という言葉があるくらい、

3学期は1・2学期に比べ、あっという間に過ぎ去っていきます。

日常の学校生活や行事の一つひとつを大切にし、

まとめの学期として相応しいものにしようとよびかけています。

 

文責 吉田