学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

日々のできごと

文徳中学校トップページ » 日々のできごと » 令和4年度 校内弁論大会を行いました

令和4年度 校内弁論大会を行いました

2022年10月7日

10月5日(水)5・6限目、新型コロナウイルス感染防止対策(手指消毒・換気・アクリル板設置)を徹底して、校内弁論大会を行いました。

 

事前に各クラスで予選会が行われ、その中で代表者が選ばれました。

今年度の代表者は、各学年それぞれ3名ずつ、計9名です。

 

~発表者・演題(発表順に掲載)~

1.片山さん(2J) 小さな「いのち」

2.鶴田さん(2J) 挨拶の力

3.篠田さん(1J) コミュニケーションの大切さ

4.上田さん(2J) 自立した日本へ

5.中村さん(1J) 苦手の克服

6.松尾さん(3J) 「平和」とは

7.植原さん(3J) 笑顔で語りかける

8.中村さん(1J) 目の大切さ

9.川本さん(3J) 温かさの寄付

 

代表として発表した生徒たちは、短い時間で自身が経験したことを基に感じたこと、考えたこと、これからどう行動していくかなど、それぞれに意見を熱く語ってくれました。

また、聴く側の生徒たちも真剣な眼差しで、一つひとつの言葉を受け止めていました。

全員の発表が終わった後、発表者一人ひとりがインタビューされ、「緊張して、練習の時のように話すことが出来なかった。」「みんなが真剣に聴いてくれていたのが、うれしかった。」など、感想を述べてくれました。

また、大会を開催するにあたり、大会横断幕や演題を作製し、当日の司会やタイムキーパーをしてくれた生徒たちにも、最後に感謝を込めて、大きな拍手が送られました。

 

話す側・聴く側ともに、弁論大会の目的として掲げている「中学生としての生き方、弁論の技術・表現力を考える」について学ぶことが出来ました。

来年も素晴らしい発表で、大会を盛り上げてくれることを期待しています。

 

[文化委員長による諸注意]

[弁論の様子]

[真剣にメモを取る様子]

[発表後、代表者一人ひとりが感想を話す様子]

[表彰式の様子]

   

[今大会の弁士たちの集合写真]

前のページへ戻る