学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

日々のできごと

文徳中学校トップページ » 日々のできごと » 令和元年度 【New!】生徒集会・人権集会が行われました

令和元年度 【New!】生徒集会・人権集会が行われました

2019年6月13日

6月12日(水)6限目、本校多目的ホールで生徒会執行部により生徒集会と人権集会が行われました。

 

人権集会を行うにあたり、前日の11日(火)7限目の道徳の時間に

田中教頭先生による人権講話が行われました。

講話は『わたしのいもうと(松谷みよ子作)』という絵本を用いたお話でした。

この絵本は、いじめで妹を亡くした女性から実際に松谷さんがもらわれた手紙をもとにしたものです。

生徒たちはみんな真剣な表情で聞いていました。

   

講和の後、教室に戻って感想を書きました。

どんな思いを持ったか、田中先生に読んでいただきました。

 

生徒集会では最初に、各委員長から前回の委員会活動での報告が行われました。

   

その後、本日の議題「人権」に基づいて、人権集会が行われました。

今年度の文徳中学校のテーマは「思いやり」です。

最初にそのテーマに沿った今年度の目標が発表されました。

同時に、6月5日(火)のLHR時に行った「思いやり」に対して大切に思うことを付箋に書き、

それを執行部がまとめ、各学年一番多かった意見を3つの柱として掲げました。

 

~今年度の目標「ゆずりあおう思いやりの心で」

 3つの柱「協力(1学年)・言葉づかい(2学年)・認め合い(3学年)」~

 

発表後、3つの柱についてそれぞれの学年間で話し合いが行われ、

その場で指名された代表者が人権標語として発表しました。

   

 

集会終了後、各教室に戻り、「思いやり」についての再確認が行われました。

 

今後の予定は、人権集会で挙げられた人権標語を参考に、

各個人での「思いやり」をテーマとした標語作りが行われます。

完成した標語は教室前の廊下にて掲示します。

 

どのような「思いやり」のある考えが生まれるか楽しみです。

 

文責 吉田

前のページへ戻る