学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

日々のできごと

文徳中学校トップページ » 日々のできごと

令和元年度 【New!】芸術鑑賞会を行いました

2019年11月7日

11月6日(水)の5・6限目、体育館メインアリーナで芸術鑑賞会を中学・高校合同で行いました。

今年度はパフォーマンスグループ「HAND SIGN」さんに来ていただきました。

パフォーマンス内容は、手話を使ったダンス&コンサートです。

 

文化発表会での全員合唱「believe」を手話付きで行った生徒たちは、

手話をもっと身近に感じる良いきっかけとなったのではないでしょうか。

 

人に何かを伝えるということは、一見簡単そうですが奥深く、難しいものです。

しかし社会の中で生活する限り、絶対に必要なことです。

試行錯誤を繰り返しながら、日々学び、感じ取ることが大切です。

今回の鑑賞会をきっかけに、この伝えるという部分を改めて考えてほしいと思います。

 

『「こころ」はだれにも見えないけれど「こころづかい」は見える

 「思い」は見えないけれど「思いやり」はだれにでも見える』

*詩人・宮澤章二さんの『行為の意味』から抜粋要約

 

文責 吉田

令和元年度 【New!】高校との合同文化祭・文徳中学校文化発表会

2019年11月6日

11月1日(金)午前中に高校との合同文化祭を体育館メインアリーナ、

2日(土)に文徳中学校文化発表会を多目的室で開催しました。

 

1日の合同文化祭は初の試みで、中・高の代表者がステージ上で発表を行いました。

(中学校からは弁論が1組、税の作文が1組、こどもの詩が2組、

 英語暗唱が2組、ピアノ演奏が1組の合計7組が出場

 高校も弁論1組、ピアノ演奏1組が中学校出身者)

久しぶりに見たであろう中学生の発表に

多くの高校生たちが笑顔で見入っていました。

高校の先生方から中学生の頑張りをほめてもらいました

合同での会は中高生お互いに刺激になりました。

   

   

   

   

その後、午後からは文化発表会の発表・展示の最終確認を行いました。

 

 

2日の文化発表会は午前の部(9時~)と午後の部(13時~)の二部構成で行いました。

(午前の部は国語・英語・理科・社会の教科ごとの発表、

 午後の部は学校外での活動を披露する個人・団体発表やクラス発表、全体合唱)

緊張などにより、練習通りにいかなかったところもありましたが、

前日の合同文化祭同様、全組が立派な発表を見せてくれました。

   

   

   

   

   

   

   

   

   

 

今年度も文化委員と生徒会執行部を中心に司会進行や運営を行い、

滞りなく全ての発表を行えたのではないかと思います。

そして限られた時間の中で展示・発表ともに準備を進め、

全員で素晴らしい時を過ごせたのではないでしょうか。

来年度も中学校・高校で、文徳中の生徒が一人ひとり輝くよう期待してます。

 

文責 吉田

令和元年度 第46回熊本県私立中学校英語暗唱大会

2019年10月28日

10月24日(木)、今年度は担当校がルーテル学院中学校でしたので、

学校のスクールバスで参加しました。

参加者は、

1J:今村友紀、岩﨑菜奈愛、上田愛琴

2J:金山瑠奈、迫莉恵

3J: 中島熙之、宮本若那 の7名です。

 

会場の九州ルーテル学院大学チャペルに着いて、受付の後開会式があり、

支部長のルーテル学院中・高の校長先生があいさつ、審査員の二人(熊本YMCA)の紹介、

発表上の注意に続いて2年生から発表がスタート。

何と一番バッターが本校の「金山、迫」さん。

いきなりの発表にも動じずに堂々と発表しました。

続いて、1年の部で3人が大きな声で楽しそうに発表。

最後の3年の部で2人が息の合った情感込めた発表をしました。

 

この結果、3年生の2人が堂々の3位入賞。

各学年とも朝から練習してきた成果をしっかり出してくれました。

本校としても久々の入賞でした。

校内の文化発表会でも披露しますので、ぜひご覧ください。

 

なお、学校賞は、どの学年もまんべんなく素晴らしい発表をした熊本信愛女学院中学校でした。

本校も、もう少し頑張らねばなりません。

 

文責 都田

令和元年度 文化発表会に向けて

2019年10月17日

11月2日(土)、本校にて文化発表会が開催されます。

(高校の文化祭は11月1~2日の2日間)

それに向けての本格的な準備が今週より始まりました。

3年生がリーダーシップをとり、2年生がそれを支え、

1年生はその姿を見ながら共に日々頑張っています。

 

10月16日(水)から朝8時より本来ならば読書の時間なのですが、

発表会で披露する合唱の練習をパートごとに行っています。

また放課後の時間を使い、各委員会ごとの掲示物作成なども進めています。

来週からは部活動の時間を使って、各クラスごとの発表準備も始まります。

      

 

本番までに個人で、クラスで、委員会で、

そして全体で準備しなくてはいけないことはいくつもあります。

 

「計画し、それを実践し、見直し、改善して、また計画へ」

いわゆるPDCAサイクルを発表会を通じて身に付けてくれることを期待しています。

      

 

文責 吉田

令和元年度 中体連駅伝競走大会

2019年10月16日

10月15日(火)

中体連駅伝競走大会 

コース:フードパルくまもと周辺

   

   

   

 

爽やかな秋風を背に受けながら最後まで全力で駆け抜ける。

文徳中学校の名誉をかけて、襷(たすき)をつなぐ。

 

文責 田中