学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

日々のできごと

文徳中学校トップページ » 日々のできごと » 令和2年度 総合的の学習の時間の発表会が行われました

令和2年度 総合的の学習の時間の発表会が行われました

2020年12月21日

 12月19日(土)3・4時間目、本校1号館1階多目的ホールにて

3年生による総合的な学習の時間の発表会が行われました。

昨年度はコロナ禍により実施できなかったので、2年ぶりとなります。

 

2年次までの総合で学んだ「書く・調べる・考える・まとめる」力を使って、

この発表会で「伝える」ことに主眼をおいて、学びの成果を披露しました。

3年生は休校明けの6月から総合の時間を使って、

「仕事」に関する調べ学習をずっと続けてきました。

「仕事」とは?という問いかけから始まり、

様々な媒体を用いて、色々なジャンルの「仕事」に触れてきました。

そして、それぞれの夢や興味から1つの「仕事」に絞り込み、発表会に臨みました。

 

コロナ禍の影響で、時間が十分に確保できない中で

生徒たちは総合の時間だけではなく、空き時間や家でも作業を進め、

ようやくこの日を迎えることが出来ました。

それぞれが調べたことに対して、一所懸命に伝え、

1・2年生は静かに耳を傾けていました。

   

 

今回の発表会で3年生は、また1つ成長したようです。

「誰もが主役になれる文徳中学校」です。

後輩たちも来年の発表、頑張りましょう!

 

文責 吉田

前のページへ戻る