学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

blog 校長室より

文徳学園についてトップページ » 校長あいさつ » blog 校長室より

2019年06月の記事

2019年6月4日

文徳中学・高等学校のことをもっと知りたいと思っている小学生・中学生とその保護者の方々へ 第174号

 

                          『なぜ?・どうして?』     

                                                                                                        学校長 荒木 孝洋

 

 暦の上では芒種(ぼうしゅ)、田植えが終わり、間もなく本格的な梅雨の季節を迎える。降り続く雨と湿気の多いジトジト感に気分がめいるが、紫陽花は一服の清涼剤、この季節によく似合う花だ。鎌倉に明月院、別名、紫陽花寺とも呼ばれるアジサイの名所がある。私が訪れたのは50年前、雨の中、参道を埋め尽くす数万本のアジサイと寺院とのコラボレーションがなんとも言えず素晴らしい。今でも脳裏に焼き付いて離れない。梅雨どきの憂鬱を振り払うように咲く花、青、ピンク、白、どの花も淡く鮮やかに濁りのない色をつける。雨に濡れても、日差しを浴びても、曇の空の下でも、いつも明るく私たちを迎えてくれる。アジサイは土壌の性質によって色が違い、咲いてから散るまでの間に花の色を変えるから、花言葉も「移り気」とか「無情」などとマイナーな言葉が多い。つゆ空を淡く彩るアジサイは健気で可憐な夏待花、熊本にも名所があちことにあるから是非堪能して頂きたい。

 ところで、七変化と言われるアジサイ以上に変化が激しいのが、昨今の教育改革、矢継ぎ早な変革に戸惑うばかり。「知育偏重」から「生きる力の育成」と言われ、授業の在り方も「答えを教える教育」から「問いを生む教育」へと、アクティブラーニングへの転換が求められている。しかし、方向転換はそうたやすいことではない。特に、授業で発する「問い」は日常生活の疑問符とは違うから、慎重に扱わないと授業を台無しにしてしまう。例えば、「元号『令和』にはどんな願いが込められているか?」という「問い」があるとする。答えは「???」。願いを込めた主体が誰であるかによって答えは異なるから、答えは「???」となってしまう。『令』を「良い」とか「素晴らしい」と強調する人と、命令のように「命ずる」「掟」と考える人とではどちらも立場の違いを競い合っているだけで、永遠に正解は出ない。もしも、この問いが「新元号『令和』にあなたはどんな願いを込めますか?」だったら、主体が自分だから答えることができるだろう。さらに、「問い」には誘導や前提があるから気をつけなければならないこともある。例えば、「幸せは遠くにあるか?近くにあるか?」という問いには「幸せはどっかにあって捜すもの」という前提があるから、それに気づかなければおかしな論争になってしまう。これからの時代を生きる若者たちには、「問い」を疑い、自省しながら、自らの「問い」を生むことを学び、「問い」に生命を与えていく楽しさを味わって欲しいと願う。この学びこそアクティブラーニングそのものだ。

 ところで、人類未踏の超長寿社会の道を日本は突き進んでいる。熊日新聞によると、統計的に死亡者数が最も多い年齢は女性93歳、男性87歳。女性の2人に1人が、男性の4人に1人が90歳まで生きるそうだ。「人生100年」が夢でない時代に突入した。私も古希の坂を越え老いの仲間入り、若い頃と違って、「老後に備えて貯金は幾ら必要か?」と問われるとドキッとする。さらに、「長生きはめでたいか?、恐るべきことか?」などの愚問には答えに窮する。ピンピンコロリを願っても、100まで生きれば足腰は弱り、ヨロヨロ・ドタリの最晩年期が訪れる。生き甲斐探しも強制される世の中、「趣味や友だちがいないと早死にします」などと、不安を増幅させるマスコミの洗脳にも耐えながら、老いの坂を一人で生きていかねばならない。

 アジサイは、花期が長く枯れても花弁の形を崩さないことから「辛抱強さ」を表すとも言われている。老いと共に身体の動きが緩慢になっていくが、枯れても花弁の形を崩さないアジサイのように、「辛抱強く」、心だけはワクワク・ピンピンさせながら歩みを続けられたら本望だ。「問い」は好奇心の発露、生きてる証、「なぜ?・どうして?」っと、子どものように「問い」を連発しながら未踏の老いに挑戦したい。