学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

blog 校長室より

文徳学園についてトップページ » 校長あいさつ » blog 校長室より

2019年2月25日

文徳中学・高等学校のことをもっと知りたいと思っている小学生・中学生とその保護者の方々へ 第171号

 

             『大坂なおみ選手が教えてくれたこと』  

                                                                                                            学校長 荒木 孝洋

 

 テニスの国際大会での大坂なおみ選手の活躍に日本中が湧いた。大坂選手は世界の4大大会である全米オープンに続き、1月末に行われた全豪オープンでも見事優勝。チェコのクビトバ選手との決勝戦は2時間半の死闘、身長180センチの長身から繰り出される時速160キロのサーブ、精密機械のようなボールコントロール、久しぶりに興奮しながらテレビを見た。一方、グビトバ選手の気力も凄い。2セット目、あと一本で負けとなる試合を土壇場で逆転した。しかし、それに怯まず大坂選手は落ち着きを取り戻し見事3セット目を取り返し勝利した。プロだからと言えばそれまでだが、鍛え抜かれた二人の技と崖っぷちでの精神力の強さに感動した。

 ところで、大坂選手の優勝会見やその他の言動を見ていて思うのは、「国際社会で活躍する際に求められる資質とは何だろうか?」と言うことである。もちろん、仕事の力量、彼女で言えばテニスの技量がなければ大舞台では活躍できないし、一定以上の英語力も重要な武器になるだろう。大坂選手を見ていると、彼女を賞賛する声のかなりの部分が、テニスの技量ではなく人柄に向けられているように思える。優勝インタビューでは開口一番、たどたどしい日本語で「ハロー!人前で話すことは本当に苦手なんです」と言って観衆の笑いを誘い、自然体でウイットに富んだ受け答えをするなど彼女の話術は大変魅力的である。さらに、彼女への賞賛は謙虚さに対して向けられているようにも感じる。米国のある新聞は、「これまででもっとも謙虚なチャンピオンだ」と記しているし、インターネットでは「謙虚なアスリートである大坂選手は素晴らしい試合をしたチェコのペトラ・グビトバ選手に対して感謝の意を伝えることを忘れなかった」と報じている。彼女の謙虚さは、時に「シャイ」と形容されることもあるが、彼女の人柄に対して与えられるこれらの形容詞は、彼女への好意から発せられているような気がする。

 昨今、日本では、グローバル人材の育成が急務だと言われ、そこで強調されるのは、自分の意見を相手に発信できる主体性・積極性である。また、コミュニケーション力を備えることも大切だとか、英語力の強化も求められる。それゆえ、学校現場では、こうした資質を子どもたちに育てようと、授業では発表の機会やディスカッションの場面を増やしている。小学校から英語教育が始まり、アクティブラーニングが推奨されるのもこの流れの一環である。しかし、大坂選手を見ていて思うことは、こうしたグローバル人材の資質リストには上がっていないものの、日本人が古来から大切にしてきたこと、すなはち、謙虚な振る舞い、相手に対する敬意、思いやる気持ち、礼儀正しさが、国際社会においても高く評価されているということである。はにかみながら謙虚に自分を語る大阪選手は、我々にそんなことも教えてくれた。

 話は変わるが、阿蘇の西原村に医療や自動車などの測定機器を製造する堀場エスティックという会社がある。本社の堀場製作所の社長は、熊本地震直後に現場を訪れ、必死になって復旧に頑張っている社員を見て「製品は作り直せるが、この人材を捨てるわけにはいかない。人材は宝だ」と思い、工場移転をやめてこの地での再建を決意したそうだ。まさに「企業にとって社員は人材ではなく人財だ」ということだろう。因みに、堀場製作所は、工場40の内半数が外国にあるグローバル企業である。創設者である故堀場雅夫氏は「これらの工場は、創業以来の社員の緻密な仕事と誠実な対応に相手企業が惚れて、先方から買収や合併の申し出があった企業ばかりだ。企業で大切なのは人間性。チャラチャラしたおべっか人間や金儲けが目的の企業は世界で通用しない」と述べておられた。大坂選手もグローバル企業もそうだが、世界で信頼される日本人に必要な資質は英語力ではなく、むしろ、武士道精神かもしれない。差し替え

2019年1月16日

文徳中学・高等学校のことをもっと知りたいと思っている小学生・中学生とその保護者の方々へ 第170号

 

                   『日本が売られる』       

                                                                                                              学校長 荒木 孝洋

 

 新年明けましておめでとうございます。今年は穏やかな天候に恵まれ、心地よく年始めの時間を過ごすことができた。子供の頃のように「もういくつ寝るとお正月、お正月には凧あげてコマを廻して・・・」と、浮き浮きしながら正月を待ち焦がれることはないが、この歳になっても、年が明けるとフレッシュな感覚になる。毎年恒例の親族一同の新年会は、今年も2日に、93歳の母親と兄弟姉妹とその配偶者、さらに甥や姪とその子どもまで含めて総勢29名が集まりお互いの無事と健康を確認した。

 ところで、9連休のタップリと与えられたこの時間、ありがたいことに、ドタバタばかりのテレビから離れ5冊の本を読み上げることができた。藤原正彦氏の「国家と教養」、外山滋比古さんの「思考の整理学」など・・・その中で、ショッキングだったのは堤未果さん著書『日本が売られる』だった。290ページの本の帯には、「日本で今、起きているとんでもないこと」と称し、新たに制定された法律がヅラーっと書いてある。その名称を紹介する。水が売られる(水道民営化)/土が売られる(汚染度再利用)/タネが売られる(種子法廃止)/ミツバチの命が売られる(農薬規制緩和)/食の選択肢が売られる(遺伝子組み換え食品表示消滅)/牛乳が売られる(牛乳流通自由化)/農地が売られる(農地法改正)/森が売られる(森林経営管理法)/海が売られる(漁協法改正)/労働者が売られる(高度プロフェッショナル制度)/日本人の仕事が売られる(移民50万人計画)/ギャンブルが売られる(IR法案)/学校が売られる(公設民営学校解禁)/医療が売られる(国保消滅)/老後が売られる(介護の投資商品化)/個人情報が売られる(マイナンバーが外国企業へ)・・・マスコミでもほとんど取り上げていない法ばかり、しかも、日本の未来への負の遺産が目白押し、読み返す度に暗い気持ちになる。一体、誰が、何時、こんな法案を作ったのだろうか?著者の思い込みによる極論もあるかもしれないが、政治家に怨念さえ生まれてくる。しかし、その政治家を選んだのは我々国民だ。最終的にこれらの法律に縛られ窮屈な思いをするのは我々国民だ。

 暗い気持ちで本を閉じようと思ったが、あとがき『売らせない日本』の提言を読んでホッとした。まだ間に合う、我々にできることがあると指摘されたようで救われる気持ちになった。それは、スペインのテレッサ市で水道の運営権を民間から買い戻し再公営化した市民会議のシルビア・マルティネスさんの言葉だった。「公共サービスを民間に売り渡すことは、結局高くつくだけじゃなかった。一番の損失は私達一人ひとりが自分の頭でどういう社会にしたいのかを考えて、そのプロセスに参加するチャンスを失うことの方でした。国民はいつの間にか、何もかも〈経済〉という物差しでしか判断しなくなっていた。だから、与えられたサービスに文句だけ言う〈消費者〉に成り下がって、自分たちの住む社会に責任を持って関わるべき〈市民〉であることを忘れてしまっていたのです」と。この言葉はソックリ日本人に投げかけられているような気がする。消費税10%にあげる政策にしたって、政治家から出てくる言葉は経済政策のことばかり、批判する野党や国民の声も似たようなものだ。日本の未来を展望する提言はマスコミは取り上げない。「今だけ・カネだけ・自分だけ」の狂ったゲームに狂想していると日本は壊れてしまう。「四半期利益でなく、100年先も皆が共に健やかで幸せに暮らせる方に価値を置き、強欲主義から脱却しようとしている国民の姿こそこれらの法の運用を正常化する羅針盤だ」と、これは堤さんのからのメッセージである。

 熊本出身の“ヒロシです”の言葉を思い出した。「視力はいいけど未来が見えないのです。足腰はいいけどドブに落ちました。普通に喋ってもアベさんは聞いてくれません」・・・。これまでの日本は曖昧な言動でもどうにか生きてこれた。しかし、グローバル化していくこれからの社会、若者には他国の人との共存が求められる。「目的」と「手段」を混同せずにキチンと議論し、自らの考えを提言する能力を培って欲しい。若者よ!貴方の意見は“糠に釘”ではない。都合悪い施策や提言には本気で怒って欲しい。

2018年11月1日

文徳中学・高等学校のことをもっと知りたいと思っている小学生・中学生とその保護者の方々へ 第169号

 

                 『心の筋肉を鍛える』      

 学校長 荒木 孝洋

 

 朝6時、外は真っ暗、急速な秋の深まりを実感する。気温も高からず低からず、実に過ごしやすい気候だ。食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋と呼ばれるのも納得できる。とりわけ、“灯火親しむの侯”秋の夜長は読書には最適な時期だ。「本を読むと若くなる」とか「本を読むと未知を読む能力が磨かれる」と言われるが、軽いスポーツや散歩が筋肉や心肺機能を高めるように、読書は想像力を膨らませ創造力をかきたて心の筋肉を鍛えてくれる。

 プロ野球ドラフト会議で中日に指名された大阪桐蔭高校の根尾選手は“文武二刀流”の読書家だそうで、愛読書は、東大生・京大生にもっとも読まれている外山滋比古氏の「思考の整理学」と、渋沢栄一氏の「現代語訳・論語と算盤」だそうだ。父親も偉い、子どもの健全な成長を願い、毎月20冊の本を寮に送り届けていたそうだ。テレビでの記者会見を聞いていると、引き締まった顔立ちで、自らの意志をシッカリと表明し既成の枠にとどまらないスケールの大きさを感じる。優れた本と呼吸し心を豊かに働かせている人は、自然に目の輝きが増して、自信ある引き締まった顔立ちになるのかもしれない。アメリカの大学の研究者が、学生を対象に「本を読むことで脳にどんな反応が起きるのか」調べたところ、読書をしている期間だけでなく、読み終わって数日経っても、脳の言語、記憶、聴覚を司る部分が活発に活動していることが明らかになったそうだ。たしかに、本を夢中で読んでいると、次第に登場人物に成りかわって自分が行動しているような錯覚に陥ることがある。文字を目で追っているだけなのに実際に体験している時と同じように脳が反応しているのかもしれない。

 しかし、最近はどの調査でも「読書離れ」が指摘され、小中高と学年が上がるほど読まない割合が高くなり、大人の読書離れも顕著になっているようだ。日本人の脳の劣化が心配になってくる。数学者であり文筆家でもある藤原正彦氏の言葉を思い出した。読書の効用について次のように述べておられる。「読書は時空を越える愉しみである。知識を得る、感動を得る愉しみである。人間は知識を得たい動物である。脳はそのようにできている。人間は感動したい動物である。脳がそのようにできているからである。だからこそわざわざ悲しい物語を買って読んだり、入場料を払って悲しい映画を見に行く。足は地を歩きたい、手は物を掴みたい、目は物を見たい、耳は音を聞きたい、のと同様である。愉しみというのは不思議なもので、経験する前は決して分からない。初めて食べるまで餃子のうまさも見当つかないし、モーツファルトやビートルズのすばらしさも聞くまでは分からない。しかし、この愉しみを知っている人は、それをまったく堪能せずに死んで行く人を不憫に思うであろう。餃子やモーツファルトはともかく、読書の醍醐味を知らずに死んでしまう人がいたら不憫どころではない」 と。

 人の一日は二十四時間しかない。従って新しいモノが登場したり新しいことを始めると従来使っていた時間から何かを削らなくてはならない。半世紀前に登場したテレビの時もそうであったが、ケータイやインターネットの登場で使う時間も情報発信のスタイルも一新し、新たな時間配分のステージに向かうこととなった。朝から深夜までスマホを使って絶えず誰かと話をしたりゲームをしたり、さらには、メールチェックと返信で落ち着かない若者は与えられた二十四時間から何を削っているのだろうか。人や書物と対面しながら自分の『心の習慣』を身につける大切な時間が削除されているような気がしてならない。しかも、若者の読書離れはスマホばかりが原因でもないようだ。本棚もない家庭で育った人も多い昨今、周囲の大人も読書をリスペクトしない、そんな風潮が蔓延する社会になったら日本も終わりだ。杞憂であればいいのだが・・・。 

2018年9月18日

文徳中学・高等学校のことをもっと知りたいと思っている小学生・中学生とその保護者の方々へ 第168号

 

                          『ジジイのつぶやき』       

学校長 荒木 孝洋

 

 今年の夏は本当に暑かった。40度を超える猛暑は『命の危険ライン』と言われ、ジジイ・ババアと呼ばれる我々高齢者世代にとってはことさら辛い日々であった。さらに、8月後半から9月にかけて台風と地震が日本列島を襲い、水害や山崩れ、川の氾濫で甚大な被害が出ている。昔はこんなに暑い日はなかった。せいぜい最高気温30度。ところが、人は利便性を追い求め、山の木を切り払いそこに宅地を造成したり、道路をコンクリートで埋め尽くし山奥まで交通網を整備した。逃げ場を失った熱や水が反乱を起こすのは当たり前だ。異常気象の一因はそんな人間のエゴにもありそうだ。天罰かと思ったりもする。

 ところで、来年から元号が新しくなるが、新しい元号と昭和、平成を合わせると、私は三つの元号を生きていくことになる。昭和という時代は、昭和20年の終戦を境とした戦前・戦中と戦後、元号は同じでも全く違った時代だったようだ。先人から戦前・戦中の苦労話を聞くと、平成と比べて60余年の昭和の中身は奥深く濃密な気がしてならない。昭和の歴史を紐解くと、日本は日清・日露戦争、それに第一次大戦と負け知らずだったから、図に乗って世界列強を相手に太平洋戦争に突入した。結果はアメリカをはじめとする連合国に完膚なきまでに叩きのめされ、昭和20年8月15日にポツダム宣言を受け入れ終戦を迎えることとなった。この日までが昭和の前半。昭和21年生まれの私は戦後世代と呼ばれ、戦争の体験がないから昭和は半分しか生きていないことになる。その戦後は敗戦の焼け跡から始まる。幼少時を思い出すと、進駐軍からチョコレートをもらったこと、脱脂粉乳の給食、自給自足の貧しい食事、継ぎ接ぎだらけの洋服、公役と称する村人総出の共同作業、娯楽は映画とラジオとお祭、高校進学率も40%(昭和25年)・・・しかし、日本人は貧しい生活の中でも誇りを忘れずに、寄り添いながら『知足利他(満足と感謝)』の精神で国を立て直してきた。戦後のめざましい日本の復興と高度成長は世界に類を見ない快挙かもしれない。

 一方、平成の30年間は比較的穏やかであったが、東日本大震災(H23)と熊本地震(H28)の恐怖体験は忘れられない。熊日新聞に『平成を生きて』と読者の声が連載されているが、それぞれの方の人生模様を拝読しながら、我が人生も重ねてみた。42才~71才、教師生活も後半戦。この間、担任はたったの4年間、主任や管理職として生徒から少し距離のあるところで過ごすことになった。猪突猛進だった若い頃と違い、年相応にいくらか知恵がついたのか、教育施策の変化に戸惑いながらも地道に教育活動を推進することができた気がする。しかし、時間の経過の中で、ふと、平成と昭和の違いを実感することがある。それは『生き方』の違いだろう。行方不明の幼児を発見したスーパーボランティア尾畠春男さんが世間から喝采を浴びているが、戦後の復興期には珍しいことでも何でもなかった。田舎では牛が一頭でも行方不明になれば村中総出で捜したものだ。しかし、想定外のとんでもない事態も発生している。張り巡らされたカメラによって個人情報はツツヌケだし、スマホはイジメを誘発し子どもの世界は様変わりした。スポーツ界では若い選手たちが“どん”と呼ばれるボスに牛耳られ、スポーツマンシップはどこへいったやら。政治家も官僚も企業人もみんな八百長、インチキ、嘘つきばかり。『記憶にない』とか『忖度』がまかり通り、武士道精神は雲散霧消の危機だ。

 愚痴ばかり言ってると、「発展性がない」と若者から叱られそうだが、時代っていうのは70年だろうと何百年だろうと脈々と繋がっている。熊本動物園の資料館では、戦時下でやむなく殺された7才のインド象エリーの話がビデオで流されている。戦争の悲惨さだけでなく、直接惨殺に関わった人々の苦悩と悲しみがズシリと伝わって涙が出てくる。戦争の話ばかりではない。昭和には今の日本に繋がるエッセンスがいっぱい詰まっている。この先長くない高齢者のジジイ・ババアは「昔は良かった」と、ノスタルジックに喋るばかりではなく、大事な話をキチンと若者に伝えなくてはならない。私のモットーは「若者といっしょに夢を語る」、もうしばらくは、元気な若者といっしょに日本再生の夢を語りたい。

2018年9月4日

文徳中学・高等学校のことをもっと知りたいと思っている小学生・中学生とその保護者の方々へ 第167号

 

                  『狐と狸の化かし合い』       

学校長 荒木 孝洋

 

 昔なら盆を過ぎれば秋風がそよいでいたのに、依然として気温30度を超える猛暑・・・「立秋と暦めくれば秋なのに外は灼熱戸惑う落差」、そんな中で文徳は二学期を迎えた。始業式では、季節外れの話題だが「田植え」を素材にして二学期の過ごし方についてこんな話をした。

 「今は機械化が進み田植えも稲刈りも手作業ですることはない。私の家は農家だから、繁忙期は老若男女を問わず子供も田植えに駆り出された。村中総出のお祭りに近い様相だ。水が張られた田圃では、長いヒモを二人が両端から引っ張り、他の人は目印のついたヒモに沿って苗を一本ずつ丁寧に植えていく。その列が終わるとヒモは一歩後ろに下げられ、同じような作業が続く。後ろを振り返ると終点は遙か彼方、腰は痛いし、出るのは愚痴と溜息ばかり。そんな最中、親父からしばしば「後ろを向くな、苗は下までキチンと差し込め」と怒られたことを思い出す。進路も勉強も田植えに似ている。目標や夢を追いかけると、その道のりがあまりにも遠く不安になることがしばしば。そのような時は目の前の目標や、今やるべき事に全力を尽くすことが肝要。短期的な目標に集中して取り組む事が、結果的に長期的な目標達成に繋がる」といった話です。

 ところが、終点が見えない作業はもっと厄介だ。目標が不透明なのはどうしようもない。2020年に新しい日本の教育が本格的にスタートするが、早くも学校現場では、求められるものが多様で複雑でいったいどのような資質・能力の児童生徒が育つのかと、不安や疑問の声が聞こえてくる。目指すべき先がよく見えないのは、何とも心もとない。結果的には、しぶしぶと、キーワードを手掛かりに、期待されているモノをそれらしく繕いながらやっていくことに成りはしないか?。平民宰相として知られている原敬首相の作『わけ入りし霞の奥も霞かな』という句が浮かぶ。政党政治を発足させた政治家の苦労を表現したものだと言われているが、課題を理解し、解決したと思ったら、その先にまた課題があったということではないか。今回の指導要領改訂では、新しい教科の創設だけでなく、その学び方も提言され、考えれば考えるほど雲をつかむような話ばかり、「霞」のような不安が増幅する。

 その原因を考えると、まず第1に、教職員の働き方改革を議論しつつも、教育内容の縮減や授業時数の削減もせずに、盛りだくさんの内容に改訂したことである。学校5日制が定着してきたのに、今度は「社会に開かれた教育課程」と称して土曜の利活用を提言している。実施は現場任せだから教師がコーディネートすることになる。講師の選定や連絡、その準備など土曜授業より手間暇かかるのに・・・。第2に、教科横断的な教育課題を提示しながら、「主体的・対話的で深い学び」を積極的に推進すべきだとした点である。個々の生徒の学力や理解度には大きな差があるから、すでに、学校では「話し合い」による学習や、授業の最後に「まとめのテスト」をやるなど学びの定着に必死である。そんな中で、「教科横断的な深い学び」って一体いどんな授業を想定しているのだろうか? 第3に、新しい学びに対応できる教員も教材・教具も不足したまま、外国語活動やプログラミング教育などの導入で、もっぱら教員の熱意に期待しているような状況が散見される点である。さらに、高校では大学入試が多様化し、英語の民間試験導入や共通テストの記述問題など難度は広がるばかりだ。更に厄介なのが、「eーポートフォリオ」が入試に導入されることだ。「3年間の学びや気づき」が評価の対象になる。当然、高校側は添削した立派な書類を出すだろうし、選抜に役立たないと知った大学は「活用しない」という選択をし、定員割れの大学では、「文科省お墨付きの学科試験なしの入学」と歓喜することになる。生徒も先生も「狐と狸の化かし合い」に壮大でムダなエネルギーを注ぐことになる。

 とは言え、人間は時間が経つと順応する動物である。現に、35度以上が連日続くと、従来なら25度は熱帯夜だったはずなのに涼しく感じてしまうし、校舎の危険箇所も見慣れてしまえば、些細な日常になる。無理な提言でも矢継ぎ早に提起されると、「またか」と思いながらも、その異常さに慣れてしまう。今からでも遅くない。学校と教員は、自らが目指す教育目標とその実践のプロセスを、相反する内容ではなく、地に足をつけた教育改革の提言を主体的にしたいものだ。「深い学びの実践」は教師にも求められる。