学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

blog 校長室より

文徳学園についてトップページ » 校長あいさつ » blog 校長室より

2021年11月11日

生徒および保護者の方々へ 校長室から11月号

2021.11.11

 

 立冬も過ぎ、本格的な冬の到来となりました。10月もあっという間に過ぎ、10月30日には、文化祭を土曜半日でしたが、高校は体育館と3年生の教室をリモートで結び開催し、中学校は崇城大学のSoLAホールをお借りして開催しました。高校の生徒会は1・2年生の新しい執行部となり、初めての大きな行事である文化祭をコロナ禍の制限の中でしたが、今ある環境の中でできることを考え工夫して、発表や展示等に挑戦し立派なものに仕上げました。11月2日には、演劇鑑賞を午前・午後の2グループに分けて2回実施し、劇団新制作座の「泥かぶら」を鑑賞しました。2年ぶりの本格的な芸術鑑賞となり大変充実した時間となりました。

 また、10月から新型コロナウイルスの新規感染者数が急激に減少し、11月5日には県のリスクレベルがリスクレベル2「警報」に引き下げられ減少傾向が続いています。私たちにとって本当に明るいニュースとなっています。ワクチン接種、マスク着用の徹底など効果が出てきたものと言われています。2回目のワクチン接種から8か月経過した人の3回目のワクチン接種(ブースター接種)が進められようとしており、12月から医療従事者を対象に開始されるとの報道があります。日本では、新型コロナウイルスの新規感染者の減少傾向が続き、収束が見えてきた感がありますが、海外では感染者が再び増加している状況もあり、私たちには、今後も油断なく「密閉・密集・密接」の3密を回避し、マスクの着用、手洗い、手指の消毒など、「新しい生活様式」を一人一人が自覚をもって、引き続き実践・徹底することが求められます。これからは、インフルエンザの流行も心配な季節となります。前年度、流行はありませんでしたが、予防のためのワクチン接種や日ごろの手洗い、うがい、換気等しっかり取り組んでいく必要があります。コロナ対策とほとんど同じであり、しっかり取り組むことがインフルエンザの流行を防ぐことになります。

  さて、先日、東京2020パラリンピック大会のパラ競泳(視覚障害の最も重いクラス)で3つのメダル(銀2個、銅1個)を獲得し大活躍であった熊本市出身の富田宇宙選手のインタビュー番組が放送され、「夏のパラリンピックで、メダルの色以上に追い求めたものとは何だったのか」がテーマとなっていました。富田選手は、インタビューの中で、自分自身16歳の時に病気が判明してから障がいをなかなか受け入れられず、夢をあきらめ、何度も方向転換する中で出会ったのがパラ競泳であり、パラ競泳との出会いが幸運であったと話されていました。富田選手がアスリートとして届けたかった姿は、「自分を超えること」と話され、今回、400M自由形と200M個人メドレーで自己ベストを出し、それを示すことができ、多くの方が見る東京2020パラリンピックという場所で価値ある仕事ができたと思っていると話されていました。富田選手は、パラリンピックについて問われ、「パラリンピックでメダルを取ることは、それまでの努力の証としてとても素晴らしいことであるがメダルを取ることが一番大事だとは思っていない」と話され、パラリンピックの後、同じ障がいのある子から「悩み苦しんでいる中、富田選手の泳ぎを見て勇気をもらい、前を向いて生きていけるんじゃないかと思えたんです」とのメッセージが届けられ、これを読んだとき、自分がたどり着きたかったところはここだと思ったと話されていました。「自分も障がいを負って自分の可能性が見いだせず16年間悩み苦しんできた。当時、自分が今の僕みたいな人間を見て自分の目が見えなくなって行くにしても自分のやりたいことができる」と思ってもらえるとしたら僕のやりたいことは完遂されると話されました。

 富田選手は、「これからも新しいことに挑戦し、変化・成長を自分に与えていきたい。今回灯った『小さな灯』を『大きな灯』に成長させるため、ここからが頑張りどころ」と話されていました。富田選手は、多様性を認め合える社会を目指して、競技にとどまらない活動を続けておられ、SNS等を通じて活動を発信し、仲間とともに障がいを乗り越え、勇気を持って挑戦し、自らの可能性を開花させていく姿を示されています。富田選手の高い志とともに、私たちも勇気を持って挑戦し、自らの可能性を開花させていく努力の大切さに目を向け、多様性を認め合う心をはぐくんでいく必要があると強く思いました。

2021年10月5日

生徒および保護者の方々へ 校長室から10月号

2021.10.5

 朝夕はめっきり涼しくなり、秋の到来を感じる季節となりました。9月は、台風14号の接近等あり心配しましたが、その後は天候に恵まれています。二学期早々、新型コロナウイルスの第5波の到来で分散登校等行ってきましたが、9月末にはなんとか前学期期末考査、中学部は2学期中間考査を終えることができました。これから秋本番となり実りの秋、スポーツ・芸術の秋であり、勉強・スポーツ・芸術等に最適の季節となります。10月30日には制限の中ですが文化祭を予定しています。運動部活動等の新人戦もいよいよ本格的に始まります。生徒諸君の活躍を楽しみにしています。早速、女子ソフトボール部が9月の県大会で優勝し、11月の九州大会に出場することになりました。

 また、新型コロナウイルスの第5波の到来でずいぶんと心配しましたがようやく全国的に収束の兆しが見え、去る9月30日をもって各都道府県に発令されていました緊急事態宣言やまん延防止等重点措置がすべて解除されました。国内の旅行等もできるようになり人の移動も増え始めています。日常生活を取り戻し、経済の回復との両立を図る新たな展開へと入っていくのを感じています。11月までには、12歳以上の希望するすべての人のワクチン接種が終了するよう努力が続けられており、日本のワクチン接種率は、10月1日現在、全人口の2回接種完了が59.8%、1回接種が70.4%となっています。熊本県では接種対象人口(12歳未満を除く)の2回接種完了が74.21%、1回接種が82.46%となっています。ワクチン接種は、日本では接種開始が遅れていましたが急速に接種が進み、諸外国に追いついてきました。早期に接種した医療従事者等には、12月から三回目の接種を始めるとの話も出始めています。ワクチンは、感染を完全に防ぐものではありませんが重症化のリスクを大幅に下げることが明らかになっています。ただ、今後も「密閉・密集・密接」の3密を回避し、マスクの着用、手洗い、手指の消毒など、私たちにできる「新しい生活様式」を一人一人が自覚をもって、引き続き実践・徹底することが求められます。日常のあたり前を取り戻すのには努力が必要です。熊本県独自のリスクレベルについては、まだ最高のレベル5「厳戒警報」が続いています。県ではリスクレベル4「特別警報」以上のときには、自分自身の体調が悪いときだけではなく、家族に発熱や風邪症状等ある場合も自宅待機をしてもらうことになっています。引き続き感染拡大防止のため、保護者の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

  さて、中学部では、去る9月30日に、「こどもの詩(ポエム)コンクール」(熊本朝日放送株式会社主催)の表彰式が本校体育館で開催されました。同コンクールでは、熊本朝日放送賞を初め6人の生徒が入賞し、学校全体の取組が認められ学校賞もいただきました。表彰式では、賞状と副賞が授与され、表彰の後、それぞれの入賞した詩をアナウンサーの方に感情豊に朗読していただきました。本校では日常の生活を振り返り、その一場面を詩にすることを取り組んだそうです。朗読される詩を聞いていると、家庭での日常の生活が目に浮かび、どの詩もご家庭での家族の温かな交流が伝わってくるものばかりで心が温かくなり、幸せな気分になりました。生徒諸君が日常の何気ない生活の中に家族の思い・温もりを感じているのが伝わってきました。家族の思い・温もりを感じる感性を大切にし、それを実践し、家族の思い・温もりを次の世代につなぐ大人に成長してくれることを強く願っています。コロナ禍にあり日常の生活が本当にありがたいものであることを思い知らされていますが、何事においても、かかわる人の思い・温もりを感じる感性を磨き、感謝の気持ちを忘れず歩み続けたいものです。

2021年9月3日

生徒および保護者の方々へ 校長室から9月号

2021.9.3

 8月23日の始業式は、新しく整備したICT環境を活用してリモートで行いました。これまでの放送での式とは違い、各部の表彰では、表彰を受けた生徒諸君の顔が見える形での紹介となり、より身近に感じられたのではないかと思っています。各クラスからもより多くの拍手が起こっていたように思います。入賞した各部の生徒諸君は、コロナ禍の厳しい環境の中、本当によく頑張りました。皆さんの頑張りを心から称えたいと思います。

 8月中旬は、停滞前線の影響で九州をはじめ全国各地で梅雨のような長雨と豪雨となり、本県を含め、九州でも長崎、佐賀などで甚大な被害が出ています。9月1日は、1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災にちなんで「防災の日」となっています。9月は、地震だけではなく、秋雨前線、台風の襲来等予想され、自然災害への備えを怠らないようにしたいものです。また、新型コロナウイルスの急激な感染拡大が続いており、緊急事態宣言が21の都道府県に、まん延防止等重点措置が本県を含め12の県に拡大され、期限が9月12日まで延長されています。本校では、新型コロナウイルスの急激な感染拡大の中、既にお知らせしているとおり、8月30日から9月10日まで分散登校を実施し、部活動も制限して実施しています。新規感染者の状況を見るとワクチン接種が進んでいる高齢者の感染者の割合は抑えられていますが、20代~50代、そして10代以下の増加が顕著になっています。一日も早くワクチン接種が12歳以上の希望するすべての人に行き渡ることが望まれます。コロナ禍にあって不安は尽きませんが、「密閉・密集・密接」の3密を回避し、マスクの着用、手洗い、手指の消毒など、私たちにできる「新しい生活様式」を一人ひとりが自覚をもって、引き続き実践・徹底することが求められます。日常のあたり前を取り戻すのには努力が必要です。熊本県独自のリスクレベルは、最高のレベル5「厳戒警報」が続いています。県ではリスクレベル4「特別警報」以上のときには、自分自身の体調が悪いときだけではなく、家族に発熱や風邪症状等ある場合も自宅待機をしてもらうことになっています。感染拡大防止のため、保護者の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

 さて、7月23日から8月8日には、東京2020オリンピックが開催され、選手の活躍に勇気と元気をもらいました。8月24日からは、東京2020パラリンピックが開催されており、多くの人が、オリンピック同様、選手の活躍に元気と勇気をもらっているものと思います。パラリンピックの開会式では、「片翼の小さな飛行機」の物語が演じられ、終始一貫していました。多くの人がテレビ等で見たと思いますが、主人公の「片翼の小さな飛行機」が不安と葛藤の中、周囲の個性ある仲間に励まされ、勇気を出して滑走路を走り出し、ついには飛び立つというストーリーでした。仲間とともに様々な障がいを乗り越え、勇気を持って挑戦し、自らの可能性を開花させていく姿が演じられ、「WE HAVE WINGS」というメッセージで閉じました。この演出は、海外のメディアからも高い評価を受けているとの報道も多く、これから始まるパラリンピックを象徴するものでしたし、その後の競技においてもまさに参加選手が自らの力を最大限に発揮し、可能性を開花させている姿があります。勝敗を超えた感動があり、世界中の人に元気と勇気を与えているものと思います。9月5日が閉会式です。コロナ禍を吹き飛ばすよう最後までしっかり応援したいと思っています。

 この2学期は、気候もよくなり、勉強、スポーツ、芸術等には最適の季節となります。コロナ禍にあって制限の多い中ですが、「凡事徹底」、日々の当たり前のことにしっかりと取り組み、「心」を磨き、実りの秋、充実した時としたいと思います。

2021年8月5日

生徒および保護者の方々へ 校長室から8月号

2021.8.4

 7月17日に終業式を終えてから2週間余りが過ぎました。7月23日には東京2020オリンピックが開幕し、連日選手の活躍が報道されています。一方で、新型コロナウイルスの急激な感染拡大が続いており、県のリスクレベルも引き下げられていた「レベル2警戒」から7月28日には最高の「レベル5厳戒警報」に急遽引き上げられています。新型コロナウイルスの「第4波」がようやく収束したと思っていたところですが既に第5波の到来となっています。新型コロナウイルスのワクチン接種では、大規模接種会場も開設されており、一日も早く希望するすべての人に行き渡ることが望まれます。新型コロナウイルス感染者数の急激な増加や変異株(デルタ株)への置き換わりが進み、ウイルスの感染力が高まっているなどの報道もあり不安は尽きませんが、「密閉・密集・密接」の3密を回避し、マスクの着用、手指の消毒など、私たちにできる「新しい生活様式」を一人一人が自覚をもって、引き続き実践・徹底することが求められます。
 

 さて、東京2020オリンピックは、競技も後半戦に入りました。ほとんどの競技がコロナ禍で無観客で開催されています。テレビ等で各競技での選手の直向きに取り組む姿が報じられています。今回から新種目として取り入れられたスケートボードのストリートという種目では、男女とも日本人が金メダルを獲得し、女性の金メダリストは中学生でした。テレビ等では、各国の選手がお互いに死力を尽くした後、勝敗に関係なく称え合う姿が見られ、感動を呼び、スポーツの素晴らしさ、オリンピックの本質的な意義を強く感じさせられます。競技後のインタビューでは、オリンピックが多くの人の理解と支えがあって開催されていることへの感謝の気持ちがいつも述べられます。会場近くに住む人の掲げた勝敗に関係なく選手の活躍を称えるメッセージボードが参加している各国の選手の目にとまり話題にもなっています。温かい日本人の心が選手や関係者の心に届いています。また、多くの人が懸命に取り組む選手の姿を見て、コロナ禍にあっても勇気と元気をもらっているものと思います。
 

 柔道競技では、日本は過去最多の金メダルを獲得しました。9年間柔道日本男子を率いて日本柔道再建に挑んでこられた井上康生監督は今回で退任されるとの記事がありました。有終の美を飾られた井上監督ですが「未来は変えられる」という言葉を大切にされ、負けたら次どう闘うかを常に考え取り組んで来られたそうです。また、勝利の前に身だしなみや礼儀などの規律を重んじておられたそうです。本質を見失わず、前向きに未来を見据えてしっかりと信念を持って取り組んでいくことの大切さを感じます。うまく行かなかった時、次どうするか、何が大切なのかを考え努力をする。一流になる、極めるということはきっとこのようなことなのだと思います。
 

 東京2020オリンピックは、コロナ禍の厳しい環境での開催となっていますが、多くの感動を呼び起こし、スポーツの素晴らしさを私たちに再認識させてくれています。がんばっている選手をしっかり応援し、無事に17日間の大会が終了して8月8日に閉会式を終えられることを願っています。

2021年7月12日

生徒および保護者の方々へ 校長室から7月号

 沖縄の梅雨明けとともに梅雨前線が北上してきました。静岡県では大雨による甚大な被害が出ています。お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りしますとともに、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。昨年は7月4日に県南地域を中心に豪雨が襲い、甚大な被害をもたらしました。ついこの間のように思われますが1年が経っています。被災した地域の街並みは以前とは一変しており復旧・復興に向け懸命に取り組まれていますが、まだまだ多くの時間がかかりそうです。自然災害の怖さを強く感じさせられます。台風の発生も聞かれるようになり、これからは、大雨、台風等への備えが一層求められます。暑さも本格的となり、熱中症の防止、暑さ対策も忘れてはいけない時期となりました。

 また、新型コロナウイルスの「第4波」がようやく収束の様子となってきました。本県では、7月9日に県独自のリスクレベルがレベル2「警戒」に引き下げられています。新型コロナウイルスの感染拡大防止の鍵となるワクチン接種は、今月中には、高齢者の接種が終了し、職域接種や64歳以下の一般の人のワクチン接種も始まりました。ワクチン接種が加速しているのを感じています。国は、希望するすべての人の接種を11月までには終了したいと発表しています。首都圏での新型コロナウイルス感染者数の増加や変異株の増加など、不安は尽きませんが、「密閉・密集・密接」の3密を回避し、マスクの着用、手指の消毒など、私たちにできる「新しい生活様式」を実践・徹底しましょう。

 6月初めに高校総体・総文祭も無事に終了し、本校からも全国大会に相撲部、女子ソフトボール部、ソフトテニス男子、空手、ライフル射撃部が出場します。相撲部は7月初めの九州大会で団体準優勝でした。野球の県大会もいよいよ始まります。7月12日に軟式野球部が、7月14日には硬式野球部が初戦を迎えます。3年生にとっていよいよ最後の大会です。梅雨明けも気になりますが全力を出し切ってほしいと思っています。

 6月26日には3学年、7月3日には2学年、7月10日には1学年の保護者会を崇城大学SoLAホールをお借りして実施しました。多くの保護者の皆様に参加いただきありがとうござました。4月の体育大会は実施できず、新型コロナに悩まされた1学期の始まりでしたが、生徒諸君の日々の努力、そして保護者の皆様のご理解とご協力のおかげで、なんとか、授業、部活動、学校行事など実施することができました。そして、7月17日には1学期の終業式を迎えます。ありがとうございました。東京オリンピック・パラリンピックの開催も目前に迫ってきました。日本国内をリレーされた聖火も国立競技場に近づいています。新型コロナウイルスの感染拡大で予断を許さない状況ですが無事に開催されることを願うばかりです。

  さて、7月7日に、2学年の「総合的な探究の時間」の 探究活動である個人研究構想発表会があり、参観させてもらいました。各クラスごとに発表方法は違っていましたが、工夫を凝らして、生徒一人一人がテーマ設定の背景・理由、探究の手法など、研究構想を各自のタブレットを使って発表していました。これから、各自の発表した研究構想に級友等の助言が活かされ探究活動が進められていくものと思います。真剣に取り組むほど、これからの「不確実な時代」と言われる社会で求められる重要な資質・能力である「課題設定・解決力」「協働する力」などがはぐくまれるものと思います。2学年の探究活動が一層充実し、各人が掲げたテーマの探究が深まることを期待しています。次の成果発表会が楽しみになりました。コロナ禍で厳しい環境ですが、今ある環境の中で何ができるかを考え、一歩ずつ活動を進めてもらっていることに感謝しています。