学校法人 文徳学園 文徳高等学校・文徳中学校

blog 校長室より

文徳学園についてトップページ » 校長あいさつ » blog 校長室より

2019年9月2日

文徳中学・高等学校のことをもっと知りたいと思っている小学生・中学生とその保護者の方々へ 第176号

                                           

                  『多様化という名の画一化』    

                                                                                                        学校長 荒木 孝洋

 

 今年の夏も暑かった。連日30度を超える茹だるような熱帯夜にクーラーはフル稼働。一転、ここ数日の長雨は秋到来の予感、火照った体が一気に平熱に戻った。佐賀平野では豪雨による被害も続出しており、気候の変動におののくばかりだ。学校では26日から二学期が始まった。始業式は、21年ぶりにインターハイで優勝した相撲部の報告会から始まった。全校生徒から万雷の拍手で祝福され、キャプテンの草野君が「チームワークと皆さんの声援のお陰で優勝できました」とお礼のメッセージを述べ全校生徒の応援に謝意を表した。相撲部は、この夏、十和田全国選抜大会でも優勝し、8月末の宇佐大会の連覇も目指しています。

 ところで、2021年度大学入試から選抜方法が大きく変更される。変更点は①英語の民間試験の導入②共通テストの記述式の導入③調査書重視の3点である。そもそも、今回の入試制度改革は「学力の3要素(◆知識と技能◆思考力・判断力・表現力◆多様な人々と協働して学ぶ態度)を、どのような試験方式で入学するにしても多面的・総合的に評価する」ことを目的として提言されたものである。しかし、『多面的・総合的』と言えば聞こえはいいが、その内実は、誰もが共通テストを受け、誰もがマークシート対策に加えて記述式対策をしなければならなくなり、誰もが英語の民間試験の受験料を払わされ、誰もが調査書の記載内容に在学中から神経を使うことになる。これは、むしろ入学選抜方法の多様化ではなく、多様な選抜方法をすべての受験生に課すことを一律に強いる典型的な画一化であるといえる。しかも、今回の改訂については、提言された当初から疑問が彷彿している。(英語の民間試験については)スピーキングテストを受験生に一律に課すべきかどうか?視点が異なる業者テストを同一評価基準で差異を判断できるのか? (記述式共通テストについては)数十万人の規模になる記述式問題の採点を誰がどうやって公平に、しかも短期間に行うのか?(調査書の充実については)高校入試の内申書選抜が、中学生の生活全般を受験に結びつけてしまうことからさんざん批判されてきたことを全く顧みた形跡がない。個人情報の大量流出の危険性も大きいなどである。

 私感だが、現在実施されているセンター試験は練られた良問が多く変革の必要性を全く感じない。例えば、英語の長文問題は文法力がないと解けないし、むしろ、これからは外国との交流もオーラルよりメールでの交信が主流となるであろうから、グローバル化にも十分対応できる問題だと思う。高校教育での上滑りのオーラル偏重は学力低下を招き、単語も知らず、構文のルールもわからない生徒を増やすだけで英語教育にはマイナスになるだろう。一方、数学も論理的思考が問われる出題が盛り込まれており勘では解けない。あえて記述問題を織り込む必要はどこにもない。また、高校での活動実績を表記した調査書重視に至っては、現在も一部の入試を除いてほとんど活用されていないのが実情である。それをさらに詳しい『eポートフォリオ』作成を生徒に課そうとする意図は何なのかわからない。子供たちが自分に都合の悪いことを書くはずがなかろうに・・・。

 本来、大学入試は大学で学ぶ力があるかどうかを測るのが目的であり、各大学は実施時期や試験内容に制限はあっても、様々な入試方法で入学者を選抜すればよいはずだ。40年前の東京農大の推薦入試を思い出す。(受験した生徒の話だが)俺は生物(ヤッター俺の得意な理科だ!)、隣の生徒は国語、その場で配られた問題を解く。要項には「総合試験」と表記されていた。入試を全国一律の方式にしなければならない理由はどこにもない。試験科目は、大学で設定すればいいし、記述式を主体とする選抜があってもそれでいいと思う。もちろん、会場で初めて試験科目がわかるこんなアバウトな試験もOKだ。小泉純一郎さんではないが、「人生イロイロ!入試もイロイロ!」。統一性のない試験だから模試結果に振り回されることもないだろう。かえって、授業中心の高校教育が充実するような気がする。多くの大学関係者も変革すべきは入試ではなく、教育内容だとうすうす感じているはずだ。

2019年6月25日

文徳中学・高等学校のことをもっと知りたいと思っている小学生・中学生とその保護者の方々へ 第175号

 

              『三つのたいに応える文徳中学校』    

                                                                                                              学校長 荒木 孝洋

 

 熊日新聞に「わたしを語る」という記事が連載されている。毎回、熊本にご縁のある方々の人生模様が掲載され、記事の端々にその人の生き様とか人生観が滲み出ており啓発される。今回は「熊本外国人妻の会」会長の田代クリスティーナさん(南米アルゼンチン生まれ)の「郷に入らば・・・」のタイトルの記事が掲載されている。18回目の紙面では日本と外国の教育の違いについて述べられていた。共感する部分が多かったので抜粋して紹介する。

 わたしが熊本に来た時、上の子は中三でした。いつもまわりの人達から、「受験は大変でしょう。どこの高校を受けるの」という質問をされました。これは子どもを必要以上に不安がらせますし、自信もなくさせます。・・・日本の中学生は塾に通っている人が多いようです。外国には塾はありません。学校があるのに塾があるのは不思議です。部活もちょっと厳しい。週3回くらいの、楽しみながら活動できる部活があれば、もっともっと入部者も増えるのではないでしょうか。子どもは、学校、部活、塾と忙しく、遊んだり、自分で考えたりする時間を十分持てないようです。その上、親や友達と話す時間も少なくなれば、アンバランスな人間が育つのではないでしょうか。外国では中学生は、もっと家族や友達と遊ばせます。・・・勉強はもっと楽しくやるものだと思います。まずは、心豊かに育ってほしいものです。猛勉強する割には、しつけ、生活上のルールやマナーを教えることにはあまり熱心ではないようにも感じます。本などによると、日本の家庭は以前は厳しくしつけていたようですが、最近は学校任せなのでしょうか。全体で言えば、過干渉、あるいは過保護気味かなと。大学の入学式に親が同伴するという話を聞きますが、私の経験からは考えられないことです。・・・以上抜粋して紹介しましたが、ふと思いました。クリスティーナさんが文徳中学を見られたら、「熊本にもこんな教育をしている学校があるのか?」と感動されるのではないだろうかと。 本校は中高一貫の学校ですから高校受験がありません。「どこの高校受けるの?」と悩む必要もありません。授業中心、塾に行く生徒はいません。学校は朝8時の「読書の時間」で始まります。授業指針は『進度より深度』、じっくり・深く学び、わかるまで勉強します。公立中学と違い授業時間が多くとれるから、時には、高校で学ぶ内容まで発展することがありますが、不満を言う生徒はいません。大半の生徒が中3で英検準2級か3級を取得し、中には2級に合格する生徒もいます。また、放課後、週に3回は全員が部活動をし、2回は理解が不十分な生徒に補習をします。家族とふれあう時間を確保するために5時30分には帰途につきます。学ぶ環境も快適です。中庭は全天候型のテニスコート、廊下は教室分くらいの広さがあり、休み時間には生徒の歓声が校長室まで響いてきます。昼食は全員揃って寮の食堂で取ります。弁当持参、作ってもらえない日は寮の350円の定食、和気藹々(あいあい)と実に和やかな雰囲気の時間です。6年後には全員が大学に進学しますが、進路選択の特徴は、「目標設定が早いこと」「受験に失敗しても再チャレンジする生徒が多いこと」です。「腐らず・威張らず・めげず」の精神でチャレンジするから、浪人しても志を持ち続け、毎年、東京大学・慶応大学や医学部などの難関大学や地元熊本大学や崇城大学薬学部へ合格します。文徳中学校は、生徒の三つの「たい」に応える教育活動をします。

  1. 知性と感性を磨き、信頼される人間になりたい

 ②多くの体験や出会いを通して、人間として大きく成長したい

 ③自分の役割を発見し、自ら行動し、社会の役に立ちたい

「もっと勉強して自分を伸ばしたい人」、「再チャレンジして自分を変えたい人」大歓迎です。

2019年6月4日

文徳中学・高等学校のことをもっと知りたいと思っている小学生・中学生とその保護者の方々へ 第174号

 

                          『なぜ?・どうして?』     

                                                                                                        学校長 荒木 孝洋

 

 暦の上では芒種(ぼうしゅ)、田植えが終わり、間もなく本格的な梅雨の季節を迎える。降り続く雨と湿気の多いジトジト感に気分がめいるが、紫陽花は一服の清涼剤、この季節によく似合う花だ。鎌倉に明月院、別名、紫陽花寺とも呼ばれるアジサイの名所がある。私が訪れたのは50年前、雨の中、参道を埋め尽くす数万本のアジサイと寺院とのコラボレーションがなんとも言えず素晴らしい。今でも脳裏に焼き付いて離れない。梅雨どきの憂鬱を振り払うように咲く花、青、ピンク、白、どの花も淡く鮮やかに濁りのない色をつける。雨に濡れても、日差しを浴びても、曇の空の下でも、いつも明るく私たちを迎えてくれる。アジサイは土壌の性質によって色が違い、咲いてから散るまでの間に花の色を変えるから、花言葉も「移り気」とか「無情」などとマイナーな言葉が多い。つゆ空を淡く彩るアジサイは健気で可憐な夏待花、熊本にも名所があちことにあるから是非堪能して頂きたい。

 ところで、七変化と言われるアジサイ以上に変化が激しいのが、昨今の教育改革、矢継ぎ早な変革に戸惑うばかり。「知育偏重」から「生きる力の育成」と言われ、授業の在り方も「答えを教える教育」から「問いを生む教育」へと、アクティブラーニングへの転換が求められている。しかし、方向転換はそうたやすいことではない。特に、授業で発する「問い」は日常生活の疑問符とは違うから、慎重に扱わないと授業を台無しにしてしまう。例えば、「元号『令和』にはどんな願いが込められているか?」という「問い」があるとする。答えは「???」。願いを込めた主体が誰であるかによって答えは異なるから、答えは「???」となってしまう。『令』を「良い」とか「素晴らしい」と強調する人と、命令のように「命ずる」「掟」と考える人とではどちらも立場の違いを競い合っているだけで、永遠に正解は出ない。もしも、この問いが「新元号『令和』にあなたはどんな願いを込めますか?」だったら、主体が自分だから答えることができるだろう。さらに、「問い」には誘導や前提があるから気をつけなければならないこともある。例えば、「幸せは遠くにあるか?近くにあるか?」という問いには「幸せはどっかにあって捜すもの」という前提があるから、それに気づかなければおかしな論争になってしまう。これからの時代を生きる若者たちには、「問い」を疑い、自省しながら、自らの「問い」を生むことを学び、「問い」に生命を与えていく楽しさを味わって欲しいと願う。この学びこそアクティブラーニングそのものだ。

 ところで、人類未踏の超長寿社会の道を日本は突き進んでいる。熊日新聞によると、統計的に死亡者数が最も多い年齢は女性93歳、男性87歳。女性の2人に1人が、男性の4人に1人が90歳まで生きるそうだ。「人生100年」が夢でない時代に突入した。私も古希の坂を越え老いの仲間入り、若い頃と違って、「老後に備えて貯金は幾ら必要か?」と問われるとドキッとする。さらに、「長生きはめでたいか?、恐るべきことか?」などの愚問には答えに窮する。ピンピンコロリを願っても、100まで生きれば足腰は弱り、ヨロヨロ・ドタリの最晩年期が訪れる。生き甲斐探しも強制される世の中、「趣味や友だちがいないと早死にします」などと、不安を増幅させるマスコミの洗脳にも耐えながら、老いの坂を一人で生きていかねばならない。

 アジサイは、花期が長く枯れても花弁の形を崩さないことから「辛抱強さ」を表すとも言われている。老いと共に身体の動きが緩慢になっていくが、枯れても花弁の形を崩さないアジサイのように、「辛抱強く」、心だけはワクワク・ピンピンさせながら歩みを続けられたら本望だ。「問い」は好奇心の発露、生きてる証、「なぜ?・どうして?」っと、子どものように「問い」を連発しながら未踏の老いに挑戦したい。

2019年5月13日

文徳中学・高等学校のことをもっと知りたいと思っている小学生・中学生とその保護者の方々へ 第173号

 

                             『イヤならやめろ』     

                                                                                                                        学校長 荒木 孝洋

 

 平成最後の体育大会が無事に終了した。全力で疾走する若者、颯爽とした演舞に歓喜する保護者、まさに平和の象徴的な姿である。そんな光景を見ながらふと思った。私達は日本というこの豊かな国に生まれてきたことを、もっと噛みしめるべきだと。年号が平成から令和へと移った今日、日本の来し方や自らの歩みを少し振り返ってみた。

 日本は、今から77年前の昭和16年、世界を相手にして第二次大戦に突入した。燃料がない、食べ物がない、死にたくないのに殺されるかもしれないという恐怖にもおののいた。終戦の翌年の昭和21年に生まれた私は、戦争の直接体験はないが、戦後の食料難で白いご飯を腹一杯食べられるだけでも満足したものだ。しかし、今の日本はそんな状況にはない。食べ物は溢れているし、他人を批判しても殺されることもない。外国から攻められて防空壕の中で怯えることもない。でも、世界にはそうではない国がたくさんある。餓死の恐怖に脅え、明るい未来が全く見えない。幸福とは何かなどと考える余裕もない。そういった国の人々は生きていることだけで精一杯なのだ。そう考えたら、私達は日本に生まれたというだけで90点もらっているようなものだ。零点に近いような国からすれば、考えられないような幸せ者と言えるだろう。だったら、老若男女を問わずせめてあと5点ぐらいは自分の努力で何かをしなければバチが当たる。

 先日、『イヤならやめろ』という本を読んた。各種の測定機器を製作する堀場製作所の創設者である故堀場雅夫氏の著書だ。次のようなことが書かれている。「仕事がイヤだ、会社がイヤだと文句を言うなら、辞めてしまえばいい。ただし、辞める前に本気で仕事に取り組むこと。必死になって今の仕事をやってみて、それでも自分に合わないと思ったら辞めればいい。本気でやったこともないままに辞めるのは、単に逃げているだけだ」と。さらに、「我が社の社是は『おもしろおかしく』です。これはふざけているのでも何でもない。面白く好き放題にすることでもない。本気で取り組めば、必ず仕事は面白くなる。いや自分の力で仕事を面白くしてしまう」とも書かれている。授業がつまらない。今の学校は自分に合わない。そんなことを先生や親に向かってブツブツとボヤいている人を時々見かけるが、そんな人には、堀場氏の文章で、仕事を『勉強』に会社を『学校』に置き換えて自省を促したい。「勉強がイヤだ、学校がイヤだと文句を言うなら、辞めてしまえばいい。ただし、辞める前に本気で勉強に取り組むこと。必死になって今の勉強をやってみて、それでも自分に合わないと思ったら辞めればいい。・・・本気で取り組めば、必ず勉強は面白くなる。いや自分の力で勉強を面白くしてしまう」となる。ボヤいているばかりの人生なんてつまらない。せっかく素晴らしい環境に生まれたのだから、そのことに感謝し、厳しい環境にある人達にも思いを馳せながら生きていきたいものだ。そのためには、今、自分の前にあることに本気になることだ。本気は“元気の源・根気の支え”本気でやってつまらないことなどひとつもないはずだ。

 ところで、「先行き不透明」とか「今ある仕事の半分は人工知能に乗っ取られる」などの報道を聞き、自らの夢や進路希望に不安を持っている人もいるだろう。確かに、グローバル化した社会は、これまでのセオリーが当てはまらない予測不可能な未知の世界かもしれないが、それは今始まったことではない。最近は、学歴より学習歴とも言われ、大学を卒業してもそのブランド名が通用しない場面が増えている。しかし、それは学歴を無視しているわけではなく、むしろ逆に『学び』の深さや広がりを求めているのだ。どんな環境でも、どんな世界でも、生きていく『知』を身につけることの大切さを説いているのだ。本を読み、人と触れ合い、行動し、想像力を膨らませて自らを磨いて欲しいと思う。いつの時代も社会は(これまでも、今も、これからも)、本気で学ぶ人、本気で仕事をする人を求めている。

2019年4月15日

文徳中学・高等学校のことをもっと知りたいと思っている小学生・中学生とその保護者の方々へ 第172号

 

                   『道草こそ人生の王道なり』     

                                                                                                                      学校長 荒木 孝洋

 

 今年は、寒冷えのせいか随分と長く桜を楽しむことができた。その桜も散り、新緑が眩(まばゆ)い葉桜の季節、4月8日に中学校21名、高校393名の新入生を迎え入学式を終えた。真新しい制服をまとい、少し緊張した新入生の姿は葉桜のように初々しく凜々しく見える。一方、3月に卒業した生徒たちも新しい学校や職場で、同じような面持ちで4月を迎えていることだろう。とは言え、全員が同じ歩調で歩み出したわけではなく、28名の生徒が“浪人”として予備校や塾に通うことになった。理由はさまざま、「高校時代遊んでしまった人」「落ちてしまった大学に再チャレンジする人」「もう少し時間をかけてワンランク上を目指す人」など。だが、いかなる理由であれ、浪人とは、人生の道草であるし、不安な中での旅立ちだろう。だが、憂えることはない。人生100年、たかが1・2年の寄り道などたいしたことではないからだ。「みんなより遅れる」=「みんなより劣る」とか「失敗」=「悪」といった世間の風潮より、むしろ、自分のモノサシで生き方を選択した彼等の勇気を称えたい。

 ところで、昨年、東京医科大や昭和大学医学部などの一般入試で、女子や二浪以上の受験生が不利になるような得点操作を行っていたことが明らかにされた。昭和大学は入試操作を謝罪した上で、現役と1浪を優遇した理由について「(現役や1浪は)活力があるとか、アクティブに動ける可能性が高いと判断した」と説明している。本当にそうなんだろうか?・・・。大学の教育実習を思い出した。担当のY先生の言葉が忘れられない。「先生になりたい人は、子どもの時に逆上がりができなかったような人がいいのよ」と。先生曰く「最初から逆上がりができた人は、できない子どもが『なぜできないか』を理解できない。でも、最初はできなくて、いろいろ試して、苦労してできるようになった人は『なぜできないか』を理解できる。そういう人は、できない子どもの目線で物事をおしえられる」と。医者もしかりではなかろうか。長寿社会は、全ての人間が病と共に生きる時代、手術の技量や診断の正確さはAIの導入により大きく進展するだろうが、患者の「残された命」に光を与えてくれる医師も大量に必要とされる時代を迎えている。「時に癒やし、しばしば支え、常に慰む」という倫理観を持った医師や看護師の養成は、残念ながら教育機関だけではできない。経験や体験がそれを補完する。そんな時、人生は思いどおりにはならないという経験をした2浪の医師は、逆上がりができなかった教師にも似ている。「もう絶対失敗はできない」というプレッシャーと、失敗したときの不安、失敗した後に待ち受ける周りのまなざしなど、とてつもないストレスに対処しながら目的にたどり着いたのが2浪の医師である。同じ言葉でも、苦しい経験から学んだ知恵と語る言葉は重みが違う。完治の見込みがない患者に必要なケアーは、寄り添って、「どんな状況の中でも、半歩でも、4分の1歩でもいいから前に進もうとする内的な力」を引き出してくれることだ。現役や1浪は、「アクティブに動ける可能性が高い」かもしれないけど、2浪は苦しい経験から学んだ「自分の足で踏ん張るとか、周りといい関係を構築する」可能性が高いと思われる。長寿社会では、そんな資質を持った医師も求められるのではないか。

 昨今、経済優先の功利的風潮が世の中を圧巻し、寄り道がしにくい社会になってきた。振り返ると、ノーベル医学賞や物理・化学賞を取った多くの受賞者はムダと思えるほどの時間をかけて、試行錯誤し、新しいことを発見したり発明したりしている。人間には、短い時間で力を発揮できる人と、寄り道しながら長い時間をかけて開花する力を持っている人がいる。功利的な社会とは後者の力を取りこぼしていく社会のことだ。悲しいかな、グローバル化の名の下、功利的であることが最優先され、『間』とか『ボーッとしている隙間の時間』がスポイルされている。あと半月で、年号も平成から令和に変わり、昭和が霞んでいく。「人生遊びだよネ」と言っていた幼少期が懐かしい。大声で叫びたい『道草こそ人生の王道なり!』と・・・・。